So-net無料ブログ作成
検索選択

熊本&福岡に行ってきましたよ 2017 2日目 [旅行]

2日目は母の早起きに付き合わされて起床。
とはいえ、意外とすっきり目覚めたのは前日が早寝だったからかしら。

この日もまずは部屋風呂にちゃぽんと。
お風呂に入ってからご飯の時間にお迎えを頼んだので、朝ごはんへ。
朝食もしっかりボリューミーで美味しい。
朝ごはんと一緒にお祝いということで、赤飯をいただきました。
その後、お宿からということで、お祝いのこちらもいただきました。
ついさっき書いた、という文字ですばらしい!!
P4082756.jpg
P4082754.jpg
P4082752.jpg
ご飯を食べた後、また空いている家族風呂ということで⑪桶風呂へ。
こちらは道を挟んで向かいのところ、階段を上っていって入ります。
ほんとに母親がまだ60前だから何とかって感じではありますが
もっともっとおばあちゃんになったら、いろんなところいくの大変だよなあ、
動けるうちにいろんなところに連れて行ってあげたいなあと改めて思いました。

ここで地震があったらほんとにやばいよね~と言いつつ入ります。
でもほんとに九州はそれまで地震があんまりなかったから
荷物とかを上に起きがち(台風とかで浸水はあるから)ということらしくて
急に大きい地震とか想定してなかったんだろうなあと思うと
更に怖いよなあと思いました。まだ起きる可能性があるというし…。
P4082764.jpg
P4082760.jpg
戻ってあれ?普通のお風呂入ってってないよね?ということになり、
③混浴露天風呂④打たせ風呂⑤箱風呂
は、ご飯後の時間はもう混浴に入れ替わる時間でした。
が、一回行ってみないと気がすまない、人がいたらやめようということで
ちょうどいなかったので一瞬(ほんとに5分くらい)だけ入ってきました。

だんだんは離れにあるので、送ってもらったついでにお会計。
お金を持たずに出てきてしまったので、買おうと思っていた
旅館限定の化粧水もお会計のときに一緒にお支払いしてもらいました。
(因みに化粧水、宿泊客専用のお風呂には置いてるので試せます)
車もそこに停めてあるし、そのほうが好きなタイミングで出られるし、いいですな。

ということで、いこい旅館はほんとにお祝いにぴったりのよい旅館でした。

この日の予定はざっくりしか決めておらず、
とにかく夜ご飯ははしごするということ(予約済み!)
で、その前にレンタカーを返すことになっていたので夕方までは余裕あり。
福岡で一番大好きな伊都菜彩に行くことだけは決めており、
あそこは車の方がアクセスしやすいということで、その前の流れは
適当に調べてたので適当に行くことに。

熊本~日田に入ってそこから高速で福岡まで行くというのはなんとなく決めてて
道中まずはきよらカアサという小さめの道の駅?的なところへ。
こちらでは、乾物がとても安かったので、母が干ししいたけを買ってました。
あとは母が私の夫に大好物のコーヒーゼリーを。
乳菓子屋というケーキ屋さんのということで書いてありました。
(夫いわくほろ苦くて美味しいとのこと)
あと、黒川温泉で買おうと思ってたものの見つけられなかったお水、
巡りんもここで見つけたので購入。つるんとして飲みやすいお水。
IMG_6334.jpg
P4092834.jpg

そして、滝が大好きな母のために出かけたのは鍋ヶ滝。
裏側からも見られる滝とのことで、雨だったけどとりあえず行くことに。
旅館で聞いたのは、前は舗装もされてなくて、ずるずるお尻を擦って
降りるしかなかったけど、もう舗装されているとのことでした。
それで入園料が200円掛かるとのことでしたが
いい滝なら全然問題ないでしょう。

この日は雨により水量が多くて、裏側も奥まではいけなかったものの、
もっと雨で水量が増えちゃうと、そもそも入れないらしいので、行けてよかった!
表からも裏からも堪能できてよかったです。
ちょうど私たちのタイミングでは誰もいなかったのもまたよかった。
これ、夏の晴れた日とか最高だろうなー!
P4082768.jpg
P4082783.jpg
P4082780.jpg
P4082782.jpg

この段階で11時過ぎ、さてどこでご飯食べるべきかは悩んだものの、
今回のスケジュールでラーメン食べるタイミングがこのままだとないなと思い
(ホントはうどんも食べたかったけど、それはもうホント無理だと思った)
前に後輩にオススメされた焼きラーメンの美味しいお店を思い出したので
そこに行くことにしました。場所が大牟田線の大橋駅というところで
今回の福岡旅では多分ちょっと場所がずれるから車で行っちゃって
そのあと伊都菜彩に行くということに決めました。

ナビを見たところ、2時間で福岡までいけるということで、
意外とすぐじゃんと思ったら、高速に乗るまでが結構掛かった。
熊本~大分に入ってからもずっと桜が咲いてたり、ダムがあったりで
全然飽きない風景で良かったです。前日とは違って何とか景色も見れたし!

大分に入ってすぐ、木の花ガルデンがあったので、
(私はここの柚子胡椒が大好きなのです)立ち寄ることに。
賑わってるなあと思ったら、バイキングがあってそれで混んでいるようでした。
母がここでかしわご飯の素と悩んで(いっぱいあったので)梅干を購入。

因みに帰ってから翌々日に梅干持ってない?って聞かれたんだけど、
私、そもそも漬物食べられないし持ってないよと思ったら
どうやらどこかに置いてきてしまった模様。
このときは私が何も買っていなかったこともあって何にも覚えてないんだけど
荷物の整理したときも何にも記憶にないらしいので
買ってすぐトイレにでも置いてきたんじゃなかろうか。まあ高くないものでよかった。
でもすごいどれにするか悩んでたのにと思うとかわいそう(笑)。

日田天然水でおなじみの(工場もあったよ!)日田の市街地に入ったら
すぐに高速の乗り場があって、そこからは福岡までノンストップ。
急に雨が降ったりちょっとだけ視界が悪くなったりしつつも、
基本的には走りやすいいい高速だなー。
前に福岡~長崎に行ったときも走りやすい高速だなと思ったけど
このあたりは全般にいい道路という感じ。

一旦、大橋で下りて、博多らあめん てんへ。
屋台の焼きラーメンとは少しだけ違う本当にオリジナルの美味しい焼きラーメン
ということで力説されたことがあったので、普通の博多ラーメンとか、
塩ラーメンとかまであるんだけど焼きラーメンを。
いやーほんとに美味しかった!!!
P4082792.jpg
P4082793.jpg

雰囲気としては野菜が炒めてあるちゃんぽんみたいな感じで
(とはいえちゃんぽんあんまり好きじゃないんだけど)
でもスープが普通の博多ラーメンより少しとろっとしてて、
麺は博多ラーメンの細麺のバランスの良い美味しさ。
これ美味しいって力説されたのわかるわ~。
今まで博多ラーメンは何度か現地でも食べてるけど、今後どこに行きたい?
って言われたら、ここになると思う、多分。

前に伊都菜彩に行くときに下道がめちゃくちゃ混んでたので、
今回は高速に乗っていきました。高速だと意外と早く行けたー。
雨がちょっと降ってたこともあって、道路の外から駐車待ちとはならずに入れた。

今回はいつも買うラーメンとかしわご飯の素、季節だったのでいちごなど。
あ、あとにんにくと唐辛子も買った。糸島チップスというさつまいもチップスと
プリンも買いました。今回は天使のプリンというのを買ったんだけど、
前にここで買った天上卵のプリンの方が美味しかったなー。
P4092833.jpg

因みにホテルでいちごも食べましたが、
前日の阿蘇いちごが期待ほどじゃなくて、この時期のいちごはダメかなと思ったら
ここで買ったレディアという品種は初めて食べたんだけど、超美味しかった!!!
伊都菜彩のおかげというかなんと言うか、糸島って書いてあるだけで
買いたくなっちゃったり、実際買ったりしてるわけですが
やっぱりいつも美味しくてすごいよねえ。
ほんとに住んでたら、しょっちゅう来るだろうなって言うくらい大好き。
あ、そういえば今回行ったらレイアウトが変わってたな。
母はこんなに安くお花が売ってるのいいなーと言っていた。
確かにまじまじと見たらめっちゃ安かった~。
この日は買わなかったけど、トマトがめっちゃ赤くておいしそうだったなあ。

伊都菜彩といえばの伊都物語のヨーグルトは、おいしっくすでも
定期的に買ってるのですが、今回はここでもソフトクリームを。
前にヨーグルト味は食べたことがあったので今回は普通の牛乳ソフトを。
やっぱり美味しいー!!ほんとにここも大好き。
IMG_6264.jpg

今回は、レンタカーの返却が祇園店だったので、戻る途中にホテルにチェックイン。
今回のホテルは大浴場があるということで選んだホテルリソル博多。
土曜日だったからか全然ツインが取れずにお母さんと二人でダブル…(笑)。
寝るだけだからということで我慢してもらいました。
P4082794.jpg

今までの福岡旅行がずっと友達の家にお邪魔していたということもあり、
土地勘はある程度わかってるつもりだったんだけど、
夜の博多にガッツリ行ったことなくて、中洲川端の駅に近いならいいじゃん、
ということで選んだんだけど、私がいつも行ってたのは川端の方で
中洲側はほとんど立ち入ってなかったことに気がついた。
で、昼間は結構閑散としてるんだけど、そうだよね中州は夜の街だよね…。
ということで、夜は若干気まずい感じがあったりします(笑)。
ただ、ホテル自体はとてもキレイなのでよかったかな。

とりあえずチェックインだけ済ませて必要な荷物だけ持ってレンタカーの返却。
祇園店、博多駅からも結構近くて意外と近くにガソリンスタンドがないのね~
ということでガソリンスタンド探しにてんやわんやしましたが無事給油。
ていうか、燃費が良すぎてびっくりだわ。山道走りまくったのに
半分くらいしか減ってなくて、満タンにしても2000円程度でした。

夜ご飯の一軒目は母リクエストのかわ屋へ。
調べたら大井町にもお店があるのね!
でも、こちらでかわ1本100円のところが大井町は180円らしいですー。
17時に予約してた!と思って焦ってタクシーで向かったら
予約してたのは18時だったとタクシーの中で気づいたので、
駅近くにスーパーくらいしかなかったのでそこを物色。
因みに、ここで湯煎するだけの手羽先を購入。

気持ち早めにお店に着いたら、私たち以外満席でした。
みんなほんとに5時から飲むのか、すごいなあ。
そしてマジで回転が速くて、私たちが着席して
30分くらいでお客さんが全員入れ替わった。
という私たちも1時間くらいしか居なかったんだけど。

かわは一人10本までという決まりがあるそうなので、
マックスで頼みました。計20本ですが、10本ずつ来ました。
それ以外にもとり身とサガリを頼んだけどこちらも超美味しかった!
塩のみの味付けなんだけど、塩加減が最高すぎる。

その間コールセンターかしらというくらいずっと電話が鳴り止まず、
ほとんどお断りしてたけど、4月の下旬の予約も入らず、
ちゃんと予約が取れてたのは5月の人とかくらいだったよ~すごい~。
今日は入れますか?みたいのは全部お断りだったのではなかろうか。
相変わらずの予約文化にまたびっくりでした。
IMG_6265.jpg
IMG_6267.jpg

2軒目は20時からの予約で、それまで時間がまたちょっとあったので
博多駅の地下街などを物色。弟に買うお土産の明太子の食べ比べなど。
さすが親子だなと思うのは、食べたら好みがまったく一緒で
意見がぴったり一致しました。結局ふくやが一番美味しいと思った。
稚加榮は試食なしなのでわかんないけど。食べてみたいなー。
でも博多駅の地下で試食させてもらったところは
地方発送をしていないとのことで、別日に買うことにしました。

そして二軒目は鮭明太でおなじみのなごみというお店。
一度食べてみたかったんだー!とはいえ、普段はしごなんかしないのと
一軒目行ってからちょっと時間が空いたのもあって、さほどおなか減ってない…。
とりあえずは鮭明太、刺身と馬刺しを頼みました。
完全におつまみ状態ですが、どれも美味しかったなー。

鮭明太は感動のお味でした。この日が帰る日だったなら買って帰ってた。
(注文も出来ますので、いつかしようと思っています)
刺身もとても美味しかったんだけど、今回マイ醤油持って行かなかったのがなー。
やはり醤油が甘いということで母と意見が一致。
馬刺しは前日のとまた違ってこちらも美味しかった。
これは甘い醤油なのがデフォルトだから、全然OKなんだけど。

結局食べてる間にもうちょっと食べられそうだなーと思って、
鮭明太クリームうどんを食べました。これもほんとに美味しかった!!!
これも通販あるそうです。
IMG_6269.jpg
IMG_6271.jpg

ホテルまでは歩いても15分くらいだったので、歩いて戻ろうということに。
戻ってる途中、中洲はマジで風俗街という感じで
やっぱ選んだホテル間違ったかなと一瞬思いつつ…。

そしたら歩いてる途中に、ふくやがあった!というかやっていた。
すごいなーと思いつつ入って、弟のお土産を購入。
お店の人に聞いたところ、夜12時まで営業しているそうな。ちなみにここが本店。
ふくやは前にツナ明太の缶をお土産に買ったことがあるんだけど
試食もさせてもらいました。美味しいー!

ふらふら歩いていたら、母が屋台を見てみたい、というので
川沿いを向かっていったら、ナイトクルージングなる看板を発見。
客引きのおじさんがあと15分くらいで戻ってくるというので待つことに。
因みに、多分私たちの前がラストだったっぽいのですが、
私たちが乗りたいといったことにより急遽船を出してくれることに。
30分1000円だから安いな~なんて思ってたけど、結果的には18人乗ったから
私たちのおかげでここ結構儲かったじゃんっていう(笑)。

船が動いて一旦屋台の方をぐるっと回って、
そこから海の方向に一直線で向かい、広い海まで行ったら戻ってくるコース。
おっちゃんの趣味と思われる80年代洋楽がガンガン鳴ってるのがウケるけど、
全然たいしたことないものを想像していたら、意外と楽しかったのでオススメです。

P4082815.jpg

戻ってきて、母の好きな一蘭の本店でインスタントラーメンを買って
中州の屋台を見て(ほんとに見ただけ)ホテルに戻りました。
IMG_6290.jpg
IMG_6303.jpg

もう23:30を回っていたので、最上階の大浴場へ。
それなりに混み合っていたものの、並ぶほどではなく使えたので良かったです。
ホテルの狭いシャワーに入るよりはやっぱり大浴場があるのいいね。

戻って昼に買ったいちごやらプリンやらを食べてから就寝。
まさかのお母さんと二人でダブルベッドっていう子供のとき以来のスタイルですが
思ったよりは狭いというほどではなかったかなあ。
窓から結構深夜まで声がしたものの、あまり気にならずに眠れました。
(多分疲れてただけ)


ことりっぷ 福岡 門司港レトロ・柳川 (旅行ガイド)

ことりっぷ 福岡 門司港レトロ・柳川 (旅行ガイド)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2012/02/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





Sponsored Links










nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: