So-net無料ブログ作成
検索選択

Surf:2006.8.27@中田島海岸 [Surf]

前日に波情報を見る限りは全然波がなくて、
下手したら帰りに伊豆寄ってく?とか冗談で言ってみたり、
サーフィンせずに帰るんじゃ…位の感じだったのに、明けてみたら普通に波はある模様。
ビーチクリーンには結局また立ち寄らず(ゴメンナサイ)御前崎に向かいます。
その日に西日本の大会が行われていることは既にチェック済みで知ってたんだけど、
駐車場がまったく使えないのは知らなかった。
行ってみたら本当に停められる場所がなくて、御前崎は諦めることに。

で、せっかくそっちの方向だしということで、浜松方面に向かうことに。
まぁ、一直線は一直線なんだけど50kmをひた走ります。
相方ちゃんが「もう実家(岐阜)に帰るのとあんまり変わんない気がしてきた」
と、言ってたけどホントにいよいよ愛知県の手前。
こんな遠くまで、こんなことでもないと来ませんよ。
でも、サーフィンやってこういうところに来れる様になったりとか、
ホントにアクティブで楽しいです。

行かないとわかんないことがいっぱいありますな。
あたしあんまりでっかいというか広い川とかあんまり見たことなかったけど、
天竜川とかめっちゃ広い!っていうか、天竜川自体知らなかったんだけど
すっごい有名なんでしょ?社会の授業マトモに受けてなかったのかしら…。
すごい静岡県は独特です。なんか。のんびりの、のんびり感も独特。

で、磐田市からずっと海沿いは伊良湖まで続いてるのね。
なんとなくで決めました。中田島海岸。駐車場が入れやすそうだったので。
そしたら相方ちゃん③が「日本三台砂丘の一つだよ」と言ってた。
太平洋側では一番大きいんだって。みんないろんなことに詳しいですね。
あたしはホントこういうのダメなんでなーんにも知らないんだわ。

なんだかんだで到着したのは11時。結構いい時間ですよ。
そこから入るんだけど、防風林があって、海の方に向かう道を間違えたりしつつ
何とか無事に到着。なんか、森を抜ける感じが平砂浦にちょっと似てたよ。

ほんとに海は広くって、海岸の砂も白っぽくて綺麗!
ウミガメが産卵に来るって書いてあったんだけど、まさに!って感じ。
ホントに暑かったから、とっとと入ってみようということで入る。
もう暑くてしょうがなかったから、ラッシュも着ないで水着いっちょで。
前回これやって、ものすごい日焼けしたから背中も念入りに塗っておきます。

入ってみたら、ちょっと砂利があったりしたけど基本的にはビーチ。
沖に出ると結構沖まで行かないと波が立ってないことに気づく。
一度進んで行ったらいったん浅くなってまた深くなるっていう、まさにな感じです。
そして水温もものすごく高め。全然高くてあったかい☆

ホントに人が居なくて、プライベートビーチみたいだ!!とか思いながら
入ってたんだけど、あたしが流されまくってただけだった(笑)
でも、絶対数として、人が少ないから全然怖くないのね~。
ホントにこういうところでずっと入ってたら上手くなれそうなのになぁ。

最初は結構ワイド目ではあったものの、何とか乗れる感じ。
すごいの!波と一緒にものすごい数の魚が迫ってくるの。
魚もぴょんぴょんとんでたりとかすごい!
湘南とかでも魚自体は居たりするけど、数も大きさも種類も全然違う!!

その土地によって波の種類も全然違うんだけどすごい特殊だった、なんか。
多分感覚的なものでしかないんですけど。
なんかね、波が割れる直前まではこれチューブ巻くんじゃないかみたいな波なのに、
実際に割れたところでは穏やかな角度で、乗ろうと思うと乗りやすい。
外海だからかパワーも結構ありました。うん。
乗れば完璧に右には曲がれるようになってきたんだけど、もう1アクション入れたいな~。

珍しく近くでやってた相方ちゃんの動きを見てたんだけど、
なんかものすごく上手くなってるんですけどー。すげーかっこいい。
なんでこうほぼ同じ回数でやってるのに、こうも成長度合いが違うのか…。
やっぱ運動神経の違いかなぁ~。根性の違いなのかしら~?
やっぱ負けじと上手くなりたいなぁ。コソ練かなぁ~。

終わってから思ったんだけど、相方ちゃん、体形がなんかほんとに変わった。
背中とか腕がなんかすごい締まってて、ホントに綺麗。うらやましい…。
悔しいから何にも言わなかったけど、ニヤニヤしてて怪しまれた。
あたしも筋トレするかな~。またはヨガを真剣にやるかしら。

終わってからとっとと着替えて、戻りつつご飯&お風呂を探す。
散々道筋になんかイイ店がないかと探したんだけど、大通り沿いはダメね。
やっぱりファミレスとかしかないんだもん。
で、チェーン店はいや、ファミレスはいや、とかいいながら行ったら健康ランドの目の前。
向かいにあった丸忠という回転寿司に行きました。普通に結構美味しかったよん。
せっかくだからやっぱりうなぎが食べたいと思って、うなぎのお寿司とか食べてみた。
これはほんとに美味しかったよー。今度は絶対うなぎやに行こうと決めました(笑)。

そのあと向かいの目的地、ヘルシー愛ランドハッピーに行きました。
前日のと同じく、いつものポイント本で調べたら出てきた。
ホントは温泉に行きたかったんだけどなー。
今回は、普通に御前崎で入ると思ってたから、
掛川とかの温泉をいくつかピックアップしてたんだけど。使わんかったよ。
ま、普通に健康ランドでした。悪くないっすよ。空いてたし。
露天がホントお外!って感じで結構気持ちよかったです。まだ夕方だったしね。

終わってから更に向かいのモス見つけたら、シェイクが飲みたくなって、
ドライブスルーしてみたんだけど、ドライブスルーって早く出てこなきゃ意味なくない?
モス作るの時間掛かるから、結構前が詰まってた。うちらシェイクだけなのにー。

帰りの道はめちゃめちゃ混んでて、なんと御殿場から既に渋滞。
もう渋滞するって言うのはかいてあったから分かってたことなんだけど。
でも、やっぱり最後の夏休みの週末だから混むんだよね。
しかも、夏のほうがやっぱり冬よりも道混んでるよね。
みんな行楽ですよ。うちらも怒ってるけど、その一人なんだからねぇ。

帰りはなんだかんだブーブー言いながらも、
いろいろ聴きながら&歌いながら帰ってきました。
行きは寝ちゃいそうな相方ちゃんのために、結構なELLEGARDEN祭りだったんだけど。
帰りは、YUKIちゃんVer.の『Wagon』と『ハミングバード』を検証したり、
SMAPにCaravanが提供した『モアイ』をガン聴きしてみたりしました。
『モアイ』はCaravanの歌ってるの早く聴いてみたいなぁ。
(因みにあたしこれ勝手に『ラクダ』と勘違いしておりました。何で?)

あたしが「CaravanはLOVEの歌が少ないよね」って言ったら、
相方ちゃん③が「『Wagon』はLOVEの歌だ」って言うから
そういう感じで聴いたらそういう風に聴こえる。
相方ちゃんとそのまんまストレートに聴いてたからびっくり!
でも、ホント、受け取り手次第だよね。
なんかそう聴いたら新鮮で結構楽しかった。

しかし、今回は殆ど写真撮らなかったからそれが悔やまれます。
サーフィンで出かけるとなかなか写真撮らないんだよね。
本とはもっとちゃんと写真撮ったりして旅行気分高めないとダメじゃんね。
次回の新島は忘れないようにしましょうっと。

女心と秋の空? [恋のオハナシ]

ホントは、翌日のサーフィンのことを書いてたんですが、
予定を変更してお送りいたします。
言うても愚痴ですよ。スルーしてください。

上がったり、下がったり、日々はその繰り返し。
ちょっとしたことで、あったかい気持ちになったり
傷ついたりしてるんだけど
結局はそのときの自分のテンションとか
気の持ちようによるってことは分かってるんだけど。
それでも、どうにも止められないことがある。

ま、読んでいただいている男性の方には
どうしても分からないことだとは思いますが、
ホントに女のコは、いわゆるお月のモノが来る一週間前から
まるっと終わるまでの二週間、本当にイライラしてるのです。
あたしもまったく自分で気が付いてなくて、
今年になってからそのことを先輩
(しかも♂)に指摘されて気が付いた。
ホントにすごいイライラしてたり、
あと暴食してるんだよね。いつだってお腹が減ってる。
普段甘いものなんて欲したりしないんだけど、
この時期はハンパない。
でも、そのお月のモノともう10年近くお付き合いしてるのに
気が付かなかったんだよね。
(すいませんねぇ、こんな話で)

多分、彼はきっと全然あたしが怒ってる理由なんて
分かってなくて、でも、すっごく機嫌が悪くなったスイッチは
見逃さなかったんだと思う。
普段だったら全然あたしも怒るんじゃなくて
笑っちゃうような、たいしたことじゃなくて。
ただ彼の言った言葉ににあたしが勝手に振り回された形になって
それで一人で怒ってただけなんだけど。

ちょっと用事があって荷物を置きに行く話になってて、
メールでやりとりしてて、もともと帰ってくる時間より
前に着くから置いていくって言ってたのに、
「今から帰るけどもう置いてる?」って聞かれたから、
「今向かってるから、せっかくだから待ってるよ~」って言ったら、
「いろいろ寄り道するから、普通に帰っちゃっていいよ~」
って言われたからじゃあ帰ろうと思って
(ここで既にちょっとイライラしてる)
動き出したらちょっとしたところで
「もうすぐ着くけど?」って電話が掛かってきて、
「いや、もう帰るからいいよ」って言って、
言いながら電話切って
(あたしイライラしてるとよくこれやる。
良くないのは分かってるけどやる)
あ、でも、それってすっごいよくないかも、
後味悪いかも、問題があったらそのときに解決しよう
って決めたんじゃん!って思い直して
戻ったらちょうど帰ってきて、
「あれ?まだ居たの?」って言われて、
それで結局またカチンと来て。
もう何にも言わないで「じゃあね」って帰ってきたのね。
…って、あれ?これじゃ全然わかんないね。まぁいっか。

なんか、最近またこういうちょっとしたことが
噛み合わなくなってきて、もともと噛み合わなかったんだけど、
それはそれで最初は面白かったんだけど
そこから一緒に居ることでだんだん似てきて
いい傾向だとか勝手に思ってたんだけど
最近話してたら、こういうちょっとした
意思疎通が出来ないときがあって、
でも、一緒に居るときだったら、
そのときに修正できるから別にいいんだけど
直接じゃないときは(メールとか電話とか)
大体あたしが怒ってたりして。
でも、それはダメだなって思い直して、
なんかあったときは残さないで、
そのときに解決しようって話してたのに、
これはいかんなって思ったんだけど、
やっぱり実際にあっても追い討ちかけられたみたいな感じで
どうにも冷静になんてなれなかったなぁと。

彼にとっては、別に本当にたいしたことじゃなくて、
普通に思うまま思うこと言ってナチュラルにやってるんだと思うけど、
あたしにとっては、それって全然納得行かなくて。
結局のところ、彼にとっての大事な順番で言ったら
あたしのことなんか、たいしたことないのかと思ったら
そんなことにまでイライラしてきちゃったりして。
きっと、彼はあたしがそんなことで
怒ってるなんて思ってもいないだろうし、
怒らせたとも思ってないかもしれないんだけど。
多分、これを普通に話したら「なんでそこまで飛躍するの?」とか
そうやって言われそうだし、
別にホントに笑って済むところなんだけど、
今のところあたしはまだふつふつとしてて。

これ、ホントに別にあたしが普通の穏やかなときだったら
なんとも思わないことなのに、
何でこんなに怒っちゃったんだろうっていう自己嫌悪と、
こういうちいさいことの一つ一つが彼の本心
(あたしのことなんてなんとも思ってない)
が見え隠れしてるんじゃないかとか、
それがまた腹立ってみたりとか、
でも、こんなんじゃいかんよなぁ、とか。
あたしが次に普通にしたら、
きっと彼は普通に応対するんだろうけど、
それはそれでいいのかなぁとか、
言っておいたほうがいいのか言わないほうがイイのかとか
言ったらなんか余計なことまで言っちゃいそうだなとか、
こんな雰囲気の悪いときに思いがけず核心突いちゃったり
逆に突かれちゃったりするのかなぁとか…なんかもうやだなぁ。
最近ずっと本当にいい具合で来てたのに。
なにをぶっ潰してるんだか。

今まで、自分の思うことをぶつけたり、何で分かってくれないの?
とか、そういうことばっかり思ったり、感情をあらわにして、
泣いたり怒ったり、そういう形の恋愛ばっかりしてきてて、
やっとそういう関わり方じゃない人に逢えたと思って、
そしたらホントにいつもあったかい気持ちで居られるようになって、
そういうちょっとずつを持ち寄って一緒に居られたら
それは何て素晴らしいんだろうって思えるようになって、
このまま当たり前に一緒に居るのが続けられたら、
すっごくいい関係を築いていけそうで、今までとは違うなぁって、
そうやって思ってたのに、結局あたしは変われないんだろうか…。

WIND BLOW'06@相良シーサイドパーク2006.8.26 [LIVE]


今年も行ってきました。ちょっとした旅行です。いやー良かった。
去年も行ったんですけど、去年雰囲気が良かったから今年も行くことに。
今回は3人で。相方ちゃん①・③と。
最近はこの二人が一緒のことが何かしら多いなぁ。
あたしの遊んでる日は殆どどっちかと一緒だったりします。

さてさて、前回混みまくったのとのんきに出てきたので、
開始時間には全然間に合わなかったので、今回は早朝から出発することに。
横浜の端っこに住んでるあたしは、東名に乗るのって結構めんどくて、
横浜町田まで向かうか、小田原方面から行くかみたいな感じなので、
取り敢えず都内に住む二人の下にお迎えして、
そこから相方ちゃんのクルマに乗り換えて行くことに。
朝の4時には出発して、都内へ向かう。
前日飲みに行っちゃってるから、起きてないんじゃと思ったら予想的中。
相方ちゃんはガッツリ寝てました。やっぱりな。

待っててもしょうがないので、そこからクルマで5分の相方ちゃん③のおうちへ向かう。
あんまり変わらなかったような気もするんだけど、こちらも徹夜でオシゴト明けの準備中。
なんだかんだで出発は午前6時。あたしの早起きが…。
相方ちゃん3時間、あたし1時間、相方ちゃん③徹夜明けという
めちゃめちゃコンディションの悪い中、静岡に向かいます。

高速に乗る前に初めてスタバのドライブスルーに行ってみました。
朝っぱらから食べたニューヨークチーズケーキは美味かった☆
朝に甘いもの食べるのはイイんだってよ。
去年に比べたら、さほど混んでなかったけど、横浜青葉-横浜町田-厚木あたりは
やっぱり混んでて、ドライバーの相方ちゃんはスタートから不機嫌。
別に、相方ちゃんが不機嫌でもたいした事はないのでいいんですが。

相方ちゃん③は頭っから到着までずっと寝てました。
普段はすっごい仕事してるし、いつも起きてるイメージなんだけど
クルマ乗ってるときはいつだって寝てるイメージが。助手席でも落ちるしね。
名前を呼ぶと、どんなに小さい声でもハッと目が覚めて
寝てないって言い訳するのがおかしいんだけど。ぷぷぷ。

相方ちゃんが途中あたしがつねったりしても限界で眠いとか言い出したので、
こまめに休憩を挟みつつ、11:30には、民宿に到着。
「誰かさんが寝坊したからCaravan間に合わなかった~!!」とか
あたしに怒られるんじゃないかとひやひやしてたそうですが(笑)、
開場時間には民宿に着くとは結構いい感じ。
民宿はもりまささんという、新しく立て直したところらしい。
海から近いって書いてあったので選んだんだけど。確かに海には近いの。目の前。
でも、会場からは歩いて10分くらいはあったかなぁ。
お散歩しながら歩いたら結構楽しかった。

到着したら、会場の雰囲気が前回とちょっと違う。
前回はステージ左奥側がご飯ものが並んでたんだけど。
ココのエリアは人が入れるようになってて(多分動員数も増えてるはず)
入り口付近の海側のところにご飯やさんが並んでて、
漁港(?)側にCrossのサンダルとか(ホントサーファーの人最近良く履いてます。
因みにあたしは会社履きで履いております。)
洋服とかビーサンとか、トランクスとかそういう感じの物販が並んでました。
いい感じ。あ、マッサージもあった。
今年は、去年と同じくガラムを配ってたけど、今年はキャンギャルも居ましたな。
ガラムもなんかちょっとふわ~っと香ってきてイイニオイ。
あと、物販でお香が売ってたり(Leyonaのグッズにもあった)して、
それを炊いてる人とかも居て、イイニオイ。素敵。

今回は、Caravanがトップバッターということで遅れるわけにはいかんかったのです。
ちゃんと間に合ったし、結構いい位置で見れたよ。
でも、Caravanに始まりLeyonaに終わるって、上手いこと組んであるよ、今年は。
えーと、前回に続き、このイベントに行くとゆるゆるなので、
何を歌ってたかとかは全然覚えてません。あしからず。

今回もいつものCaravanバンドのメンバーで。
覚えてるのは、『Music Save My Life』を、野音のときと同じアレンジでやってました。
これ大好き!オリジナルよりもっと好き!
ホント、前回のときも思ったんだけど、このバージョン音源化されないかしら?
あと、『FOLKS』『ハミングバード』あたりは記憶があります。
『FREE BYRD』、サマソニのときみたいにKeison&Leyonaが出てきたりしないかなぁとか
軽く期待してたんですが、それはさすがになかったね。
今回は、あたまっからCaravanが上機嫌な感じが良かった。
『Trippin life』の歌詞が抜けちゃって「ごめーん!」って言ったのが
なんだかめちゃめちゃ可愛かった。

本当は雨の予報で、実際向かってる途中も雨が降ったりしてたんだけど、
でも、着いたらすっごいピーカンに晴れてた。
なんかそんなのも含めて、相変わらず幸せなステージ。
暑い中チューハイ飲みながら、ホントふわふわ観れて良かったです。
ま、1本で軽く酔ったんだけど、ね。
帰ってから相方ちゃんと話してたんだけど、
どのフェスに行っても、Caravanの時間ってすっごい短いと思うんだけど
これはホントに毎回まだ観たい、まだ観たいって思うからなのかなぁ?
いやー、ホントにあっという間の時間でした。
次の予定は、11月の横浜BLITZワンマン!これはさすがにワンマンだから
お腹いっぱい聴けるでしょう。楽しみです。うんうん。

次は、BBBB。なんかご飯食べながら聴いてたから、実はマトモに聴いてないんだけど。
焼きそば食べてました。美味い。
ステージが今回二つになってて、ちょうどうちらの陣地からは見えないのですよ。
ステージが二つだってことも始まってから気づいたんだけどね。
このスタイルにすることによって、待ち時間はなくなるのでいいんだけど
小さいほうのステージはちょっと音が開場全体には届かないって言うのがね~。
ながら聴きというよりは、見たい人が近づいていかないといけないんだけど。

終わって、メインステージでbonobos。
前に、JAPAN CIRCUITで見たときの雰囲気と全然違ったの。
前のほうが良かったなぁ。と、思いながら3人揃ってうとうと…。

終わって、メインステージでBAGDAD CAFE THE trench town。
引き続き寝ながら聴いてたんだけど、なんかPUSHIMの声の軽い感じだった。
いや、悪い意味じゃなくてね。良かったんですよ。
『ONE LOVE』は予習してたCDに入ってたから生で聴けてよかったなぁ。
なんかね、かっこよかったです。バンドの音も非常に良かった。

次、サブステージで東田トモヒロ。去年逃したから、是非観たかったんです。
デビューしたときにさらっと聴いたことがあったんだけど。
ちゃんと聴いたらすっごい良かった。そしてまず男前だった。
なんかね、ジャンジャカ弾いてるギターがかっこよくて、声もいい感じに骨太で。
で、CD聴いたら、実際には観てなくて寝てた相方ちゃんが「長瀬(TOKIOのね)に似てる」
って言ってたんだけど。確かに似てるなぁ…。CDは…。
でも、ホントにやられた。今回のベストアクト。普通にライブ観にいきたいな~☆

お次はKeison。ここでまた前に出てみる。白のサングラスしてました。
むぎわら帽子かぶってた。ギターストラップがひまわり。
タンクトップにKeisonって書いてあった。相変わらずファンキーです。
今回は、新しいアルバムからも歌ってて、『太陽』とか、すごいすきなんだけど
これも非常に良かったです。殆どMCなくて「アロハ」ばっかり言ってたけど。
あ、EDWINコラボのデニム穿いてた。すげーカワイイ。
NO SURF,NO LIFEのコラボデニムも9月に出るらしくて、
こないだタワレコにサンプルが置いてあったけど、これまた可愛かった。

犬式とPAPA U-GEEは、海から聴いてました。と、言うわけで、海に行きました。
去年も一回海を挟んだんだけど、今回も。
去年も暑かったから「来年は海に入れる様に水着着ていこう!」って言ってたのに、
結局水着着て行くの忘れた…成長してないなぁ。
3人揃って理想の彼女とか孤独みたいなことを語らったり(笑)、砂遊びしたり、
ヨガの真似事したりしてました。あと、水着のお姉ちゃんチェックとか。
ホント、男子の合宿的でおかしかった~。やっぱ男のコに生まれたかったなぁ。
そしたらもっと楽しいんだろうなぁ。って半分感覚は既に男のコなんだけど。

あ、あとサーフィンしてる人が夕方になって波がちょっと上がってきたから増えてて
それを見物したりしてました。女のコも殆どショート。
やっぱりこういうところ(外海)は、ショートが多いんだよね、やっぱ。
あたし根性ないからあれだけど、これくらい広々と出来るんだったら、
もっといっぱい回数も入れるし、ショートもいいだろうなぁなんて思ったり。

実際問題、今のまんまじゃやっぱショートに手を出すのは無理だなぁとは
相方ちゃんには話しました。だって、やっぱりロングで精一杯だもん。
でも、新島だってホントは怖い。ボディボード送ろうかとも悩み中…。
相方ちゃんは「慣れだと思うんだけどね~」とは言ってたけど、
いくらなんでもあたしが本気でショートやるとも思ってないだろうしね。
ショートとロングで一緒にやってくというか、共存していくのはやっぱり難しいなぁと。
毎回までとは言わないけど、コンディション次第では、
どっちかが遠慮するか我慢しないといけないからなぁって。
そんなに深く悩むほどのことではないと思うんだけど、
ENDLESS SUMMERⅡばりに出来てればいいけど、あたしはまだまだひよっこだし。
でも、基本はあたしがもっとスキルアップすりゃいいだけの話なんですけどね。
もっともっと頑張ればいいってことなのかしら。
でも、そう思ったらショートのほうが出来るところとかいっぱいあっていいなぁ。

さて、戻ってSpinna B-illを。
ちょこっと予習してたんですが。思った以上に良かった!!
前半がソウル~R&B的な曲で、後半はレゲエっぽい感じ。
もともとレゲエの人なんだよね、確か。
でも、個人的には前半戦のほうが良かったです。すごい色気のある声で、良かった。
ホント、夜になった時間で、ムードも良くて、鳥肌が立ちましたよ。
雰囲気的には椎名純平にちょっとだけ似てたなぁ、特に前半。
『何度も…』はあまりにグッと来てちょっと泣きそうになった。イイ!!
後半戦は、『ライオンの子』とかやってました。やっぱ盛り上がってたよ。

ラストはLeyona。
いやー今年もLeyonaさんはべっぴんさんでした。
ホント無駄な脂肪とかなくて、綺麗!!
足も長いしさー。金色のウエッジソールがまた更に足を長く見せてて、
すっごく素敵でした。ああ、うらやましい。
今回は、デニムのホットパンツに、裏は紐だけで結んでるホルターネック(かなぁ?)。
あのね、ギターのストラップとコードはショッキングピンクなの。(多分普通にいつも)
グッズにもなってるバナナのシェイカー(っていうの?しゃかしゃかするやつ)
して、これまた可愛いんだなぁ。ホントに惚れ惚れします。

歌のほうもいい感じ。古いところでは『travellin'man』とか『Love』とか歌ってた。
あの独特な声もいい感じなんですよねぇ。
新しいアルバムをチェックしてる暇はなかったんだけど、
かなりいい感じで、ちゃんと聴いてみたいなぁと。
あ、途中Keisonが出てきて、“NO SURF, NO LIFE.”の歌も歌ってましたよ!
こないだのサマソニで歌ってたのかどうかは結局雨&雷のために見てないんだけど、
酔っ払いで出てきたKeisonとLeyonaはいい雰囲気だった。いいなぁ。

ラストの『WIND BLOW』はホントあったかくて。
Caravan・Spinna B-ill、犬式のVo.の人とか、Pすけくんなんかも出てきてて
最後に一緒に歌ってるんだけど、なんていうの?ホント、あったかい雰囲気だった。
あー幸せ。ほんとに幸せ。ゆるーくて、ハッピーな感じ。
終わったときにアンコールやるかと思いきや、終わりのご挨拶になったんだけど、
確かにあれはラス曲だよね。うんうん。

終わってからそれぞれの感想を。
みんなラストに観たLeyonaに惚れ惚れしてました。
初めて来た相方ちゃん③は、「パーカスが多くてゆるい雰囲気でよかったねぇ」と。
相方ちゃん③は、ジャンベをやってる(殆ど最近やってないけど)ので、
やっぱりパーカッションが好きなんだろうね、すっごいいっぱい観てました。
そんでもって、「なんか楽器増やそうかなぁ」だって。
パーカッショニスト(っていうの?)を目指してる模様。

相方ちゃんは開口一番、「Leyonaを目指したらいいと思う」とまたもあたしに言い放った。
「せっかく筋肉がついたからここからシェイプしたらいいんでしょ」だってよ。
でもね、これはきちんと言わないといけないと思ったので言いましたが。
どう頑張ったってああいう方向には向かえないと思う。タイプが違いすぎるわ。
細身の相方ちゃんがどう頑張ってもなかやまきんに君になれないのと同じだと思うんだけどー。
いや、でも頑張ります。ホントにかっこよかったもん。出来るだけシェイプします。

あと、このイベント、美人さんが多い。
GREENROOMもそうなんだけど、こういうののお客さんは綺麗な人が多いなぁ。

いやーしかし、ホント楽しかった。人が多くなってたし、お店も増えてたし
きっと今後大きくなっていってしまうんだろうけど、このくらいがいいなぁ。
また来年も行きたいと思います。こんなことでもないとここまで来れないし。
で、民宿にいったん戻って、お風呂の準備をしてお風呂とご飯を食べに行きます。

なんか、いつも思うのは、ゴミの持ち帰りっていうんだけどさ、
遠くから来てたりすると、結局どこかで捨てて帰らないといけないじゃないですか。
そしたら、近くのコンビニとかが明らかにこのイベントの帰りに
みんなが捨てて行ったって感じのゴミでいっぱいだった。
イベントやる以上はゴミが出るのはしょうがないんだし、
会場にちゃんとゴミ箱を用意したほうが得策なんじゃないのかなぁと思うんだけど
それはどうなんだろうか。うーん。

帰りがけに普通の国道で事故があって、結構おかま掘られたクルマがボコボコだった。
ご飯を探すのに毎回苦戦するんですが、今回はすなおという食堂を発見。
みんなで釜飯を食べました。牛・鮭・海老。あたし海老の釜飯食べました。
しかも、これが全部700円。安い!!美味しかったし。

終わって、去年と同じ健康ランドに行って、帰ってきて寝ました。
花火しようとか言ってたのに結局やらなかったなぁ。来週新島でやるかな。

Surf:2006.8.20@七里ガ浜 [Surf]

本当は、B-BOY PARKに行こうと思ってたんだけど、
去年が散々な中の長丁場だったのと、一緒に行くはずの弟が友達と行くと言い出したので
もう別に行くことないかなぁと思って、前日「明日千葉に行きたい」と言ってた
相方ちゃんの言葉を思い出して乗っかることに。
2連続で海行くのは泊まり以外で今まであったかなぁ?
どっちにしても最近サーフィンかライブのことしか書いてないですね。
もともとその傾向はあるけど。

因みに今年のBBP、日曜日は時間きっちりだったそうで、ちゃんとしてた(らしい)。
T-shirtsとかタオルとかも久しぶりに作ってたようですね。
急遽中止になってしまったBIGGEST CAMPの振り替えは同日代官山UNIT
で、行われるそうですな。RHYMESTERは来ないと宇多さんは書いてたけど。

相方ちゃんは前日千葉に行くと意気込んでいたものの、
師匠たちが七里ガ浜で入る予定ということで、乗っかることに。
波が小さいから乗り気じゃないとか言ってた相方ちゃんも、
「じゃあ千葉行く?」って聞いたら「いや、でもみんなで行くほうが楽しいだろうし」
と、七里でも行く気だったので、お迎え待ち。

起きたら、前日より若干首の痛みが強くなっていたものの、
右方向が痛いだけで普通にしてる分には大丈夫だろう、
右は振り向かないと決めて取り敢えず行くことに。
前日疲れてたのもあり、9時集合が、七里ガ浜に着いたらもう10時を回ってた。

久しぶりの七里ガ浜ですが、ロア前で入ったからか、
リーフは若干あったものの、そこまでゴツゴツしてなかった。
珍しく上がってからも足の裏に傷はなし!

今日のメンバーは相方ちゃんと、現地合流の師匠・師匠のお友達(♀)・先輩(♀)と。
相方ちゃん以外は全員ロング。相方ちゃんも師匠にロング借りてやってた。

前半は小さいながらも若干ですが、割れておりました。
でも、前日にボードにぶつかったのもあって、
人が近いのはいつも以上に怖くて、離れれば離れるほど
当たり前なんだけど、波が全然割れなくなってきて…という感じ。
どっちにしても後半になるに連れて全然割れなくなってきて
クルマに乗り込んでから海を見てみたら、みんなすっごい波打ち際でやってた。
そして、スキムボードは楽しそうだった。難しそうだけどやってみたい。

団体で入るのはよろしくないと何の本にも書いてあるけど
まぁ、うちらも5人くらい居たりすることもあるので団体といえば団体なんだけど
10人くらいでドバッっと入ってきて、雰囲気ががらっと変わって
どうなのかなぁって感じはあった。単純に急に人が増えるのは怖いんだよね。
あたし、普段の性格とは違って、海に入ってるときはホントに人を避けて避けて…って
感じなので、めっちゃ小心者というか、波も譲りまくりでガシガシ行くことってまずなくて。
人が多ければ多いほど乗れる回数もぐんと減るから、やっぱり楽しくないんだよね。
ストレス解消のために海に行ってるのにストレスもらって帰ってくることが多くて
それは自分もどうなのかなぁと。夏は特にそうね。道も混んでるし。
そういうわけで今回も、あんまり満足行く感じには行けず。

終わってから、いつも通りコーラ飲んで。なんと七里ガ浜の自販機はペットボトル200円、
駐車場も1時間600円って辻堂より高いっすよ!
結局2時近くまで居たので駐車場代は2400円。高けーよ。

んで、用事があるという師匠を取り敢えず送って、ご飯を食べに行くことに。
女のコ3人だからね、出来れば雰囲気がいいところがいいよねってことになって散策。
サーファーズガイドに載ってたところがいい感じっぽくて行ってみたら駐車場がなく。
ホントにいい感じなんだけど、「駐車場のないところだったら俺たち一生行けないじゃん」
と、相方ちゃんも言ってた通り、駐車場ってば超重要。
R134沿いのRIKI RIKI DELIに行こうと思ったんだけど、駐車場がいっぱいで、
向かいにあったPOPSというレストラン&バーみたいなところへ。
駐車場もあるお洒落なご飯やさんは少ないというかほぼないです。
しかも2台止められるところがなかなかないんだよねぇ。時間的にはお昼時じゃないのに。
駐車場完備!ってファミレスかファストフードしかないのかも。悲しい。
普段は夜しか営業してないみたいなんだけど夏はランチもやってるそうな。
でも、時間が時間だったので(着いたら4時を回ってた)ランチも終了してて。
あたしは、ガーリックピラフ、みんなはキムチチャーハンやらオムライスやら食べてました。
ここ、完全にサザンビーチの目の前で、でも、となりはプールって言う環境。
なんか、いろんな人たちが居て、観察してるだけで面白かった。
なんかね、レンタカーでそれも軽に5人男の子が乗ってきてたり
地元のヤンキー風な人が居たりとかね。おもろい。

帰りに向かいのマンション見たらロングボードがごっそりおいてあるところがあったけど
きっとあれはボード置き場なんだろうなぁ。そういうのっていいなぁなんて思いながら
湘南を満喫してみたりしました。茅ヶ崎なんてなかなか行かないもん。

帰り、相方ちゃんがRIJFで感動したということで、永ちゃん聴いて帰ってきたんだけど、
なんかお父さんみたいだった(笑)べつにウチのパパ永ちゃん聴かないけど。
いや、素敵なんですけどね、永ちゃん。お父さんとセダンのクルマって感じ。違うのに。
別に相方ちゃんとあたしだけだから雰囲気とか別にいいんだけど、
やっぱり音楽と雰囲気作りは大事かなと。永ちゃんじゃ窓開けられないじゃん(笑)。

なんか最近満足に乗れた!!ってのがなくてあれだなぁと。
来週は静岡は御前崎、再来週は新島です。
もう新島なんて怖いから、サーフィンじゃなくてボディボードにしようかと思ってるくらいです。
ちょっと近々でいい時はなかなかないかもなぁ。
御前崎もやっぱり慣れてないからか前回すごい違和感があったのよね。
でも、JTで御前崎は初めてだから楽しみなんだけど☆

Surf:2006.8.19@辻堂 [Surf]

部員④が持ってた6.9ftのサーフボードを売りに出すというので
買おうかどうしようか迷いだして、でも一度乗って見たいなぁなんて思ってたので
テストライディングがてら、一緒に行くことに。相方ちゃんも一緒だったんだけど、
別で相方ちゃんと辻堂在住の先輩が一緒に行くという話をしてたらしく、
あたしたちは気分的に由比ガ浜が先週良くて行きたいなぁって感じだったんだけど
それよりもなによりも早朝だったから一番近い海に行きたかったんだけど。
ショートの相方ちゃんは由比ガ浜なんていう選択肢はないだろうし、
辻堂に住んでる先輩は何処でもいいって言いそうだしなぁって感じで、
あたしはそれだったら別々でもいいんじゃないかとさえ思ってたんだけど、
「取り敢えず顔だけでも見に辻堂に向かおう」ということでそれぞれ辻堂へ。

続きを読む


神宮外苑花火大会 2006.8.16 [日記]

行って来ました。花火大会。
今年はRIJFで花火を見たこと以外、花火は見ておりませんです。
神奈川新聞に関しても今回は結局行けずだったので、
この一回のみになりそうです。

メンバーは、ライ部4人。in国立競技場。
4人が揃うのはすごーく久しぶりのことなのです。
前はしょっちゅう一緒に居たけど、最近全然みんなが揃うことってないから、
ちょっとすごい楽しみにしてたのです、実は。

今回はメンバーの一人がBoAちゃんが観たいと言うことで行くことに。
しかも、普通は何かに行くときってみんなで検討してチケット取るのが普通だけど、
今回は勝手に(!)チケット取って、日程を言われて「メインは花火とビールだから!」
って感じで、勢いのある展開になっております。
別に、うちらBoAちゃんが観たい訳では全然なかったんだけど、
でも花火とビールはいい案だし、2000円で自由席だし、別に高くもないし
特に異論もなかったんですけどね。
あとから知ったんだけどこの花火大会って会場からじゃないと
実は結構いい具合では見れないらしいんですよね。

花火はBoAちゃんが歌ってる段階から始まってました。
別会場のサブちゃん終わり合わせで始まったのかなぁ?
サブちゃんの『まつり』のほうが絶対楽しかったような…
メインは花火だからいいんですけどね。
BoAちゃんは思っていたよりも歌上手くなかったです。
m-floで観たときに上手かったような気がしたんだけどなぁ。
声量があんまりないって感じだったのか、あんまりいろんなものが聴き取れなかった。

朝、雨が降ってたりして、どんな感じになるのかと思ってたけど
全然晴れてたのは良かったですな。そのぶんすっごい湿気てたけど。
高い位置に居たから、たまに風が吹いてきてて、暑い中でもちょっと涼しいのが良かった。

いい感じの花火が打ちあがるたびに「おおっ!」みたいな歓声が上がったり、
拍手が起きたりとか、そういうのってすごくいいなぁと思うのです。
やっぱり日本人なんだなと思いました。

でも、花火自体は神奈川新聞のほうが好きかな、やっぱ。
合間合間に間があるのがどうもそがれるんだ、こりゃ。
なんかね、提供が入るんですよ。「ここからは○○がお送りします」的な。
企業名が出るんだけど、それがいい感じの花火だと「○○やるね!」
みたいなことになるんだな、だから提供が入るんだな。

最近の花火って、ホントカラフルなのね。
でも、あたしは普通に黄色というか色が付いてない普通のしだれ花火とかが好きだな。
ちょっとだけカラフルなのがあったりすると綺麗だなぁって思うけど、
でも、ベーシックなものがやっぱり一番良かったりするんだよね。
終わり方もどばっと打ちあがって終わりなのかと思ったらなんかあっけなかったりとか。
終わってから「ロッキンの花火のほうが感動したよねぇ」とか言ってました(笑)。
感動度合いはあれ雰囲気もあったからしょうがないよねぇ。

そのあと、戻ってきてから焼肉を食す。
なんかねー。すっごい久しぶりだったから、ホントに楽しかった。
別に何にもみんな新しいトピックスがあるわけでもなんでもなくて、
思い返すと、いつもと同じ話とか、くだらない話とかをしてるだけなんだけどね。
一緒に居て楽な人と時間を過ごすのが一番楽しいと思うんですよ。
無駄に気を遣ったりするのとか、プライベートな時間くらいはしたくないじゃん。
帰りに話してて的を得てるなと思ったのは、4人でひとまとめということを考えると
その中で誰かが欠けちゃうと、補おうとしてる部分がちょっとあるよねって。
別に何にも頑張ってるつもりはないんだけど、バランスの問題ですかね。

でも、ホントによく思うのは、こうやって気兼ねなく仲良く出来る友達が
居てくれることに本当に感謝しないとなって思うのです。
しかも、ライ部のメンバーはみんな男のコなんだけどね。
ホントに気兼ねないというか、あたしの性別は男なんじゃないだろうかとか、
絶対に間違っても何にも起きない感じが(笑)。
大人になってからもこんなに楽しく遊べたりいろんなことが話せる人たちに出会えて
ホントに幸せなことだなと思ってるのです。うん。

げんべいのビーチサンダル [美容/お洒落/お買い物]

前にも書いたような気もするけどあやふやだから書いてみたいと思います。
ビーチサンダルといえば、ココ最近はhavaianasなんでしょうが、
高級なので言えばRAINBOW SANDALSなんでしょうが、
あたしがオススメするのはげんべいのビーチサンダル。
サーフィンなんかしてたりすると、ビーサンで海岸まで行って、
当然海に入ってる間は脱ぐことになるので、夏で言えば3時間くらい放置してるんですよ。
RAINBOW SANDALSはホントにいいんですが、
1万円近くするのになくしちゃったら泣きそうじゃんね?

去年からご愛用してるのが件のげんべいのビーチサンダル。
去年、サーフ部4人揃って購入いたしました。
いや、みんな色違いだから全然お揃い感ないんだけど。
葉山にあるビーチサンダル専門店なんだけど 、すっごいんです。
いろんなところでユーミンがオススメしてたりもします。

あたしは、去年買ってそれからずっと履いてるんだけど、何がそんなにいいのかって言うと、
・今まで履いてたビーサンと違って痛くない。
・あと、台がちゃんとしてるのかさほど疲れない。
・色もいろいろあるから、何種類か持ってても飽きない。
・値段も安いからなくしても痛くない。(まだ無事です!相方ちゃんは茨城で盗まれた)
・かなりの頻度で履いてるんだけど、なかなか壊れない。
などなど…。

あたしは、雑貨げんべいというお店にしか行ったことないんだけど
他にも衣料げんべいっていうのと一色げんべいっていう3店舗があります。
(どの店舗も葉山にございます)
基本的には、100種類のビーチサンダルのみを扱っているお店で、
色は、土台と鼻緒の色がそれぞれ10種類あって選べるのです。
雑貨げんべいには他に海で遊ぶ為のグッズも売ってたけど、
ビーチサンダルばっかりが並んでるというか散らばってる(笑)ほんとに古いお店で。
サイズごとにラックが分けてあって、そこにいろんな色のビーサンが雑多においてあって。
ほんとに雑多なので(少なくとも雑貨げんべいは。他は知らん)綺麗好きな人は
ちょっとお店の感じは苦手でしょうが、でもその雑多さが面白いです。

そうそう、値段を忘れてました。通常価格は全て1000円。安くない?
100種類というのは、台×鼻緒の種類が10色ずつあって
掛け合わせると全部で100種類あるということなのです。
子供用の15cmとかめちゃめちゃかわいいのから、大人用の28cmまで網羅してます。
色は白・黒・紺・水色・茶・抹茶色・ピンク・オレンジ・黄色・赤の10色。
それと別にげんべいエンジっていうのとげんべい紺っていう
白地に“○げ”(表記できないけど○のなかにげって書いてあるのよ)っていう
オリジナルのもあったりします。これはT-shirtsとかもあるよ、そういや。

去年サーフ部で買ったときは、
あたし→茶×ピンク・青×黄色
相方ちゃん→茶×赤
相方ちゃん②→黄色×青
相方ちゃん③→グレー×紺(あれ?ラインナップにグレーないじゃんね?)
てな感じ。(全て台・鼻緒の順番で書いております。)

でも葉山は遠いって場合は(大体そうだろうけど)通販もあったりします。
その辺は公式HPを参照してくださいまし。
それと別にアーティストとかブランドとか会社ともコラボレーションしてたりします。
奥田民生のグッズの中にあったりとか、福助コラボのもあったりとか。
イベントがあったりすると限定色が出てたりします。そういうのは値段高いんだけど。
詳しくは、公式HPのblogの中にあります。
すっごい回しもんみたいだけど、何にもあたしこれ書いたところで発生しないんだけど
でも、ほんとにオススメです。ちょっとしたお土産とかにも持ってくのにも軽いし。
あたしは来月新島に行くときのお土産に持って行こうと思ってます。
買いに行く暇あるのかわかんないんだけど…。
そしたら、もう一足くらい欲しいなぁ~。
多分だけど、意外と地味な色のほうが使うね。あたしは茶×ピンクばっかり履いてるし。

海水浴に行ってきましたよ [日記]

サーファーは海水浴には行きません。
なのかなぁ?でも実際、サーフィン始めてから国内で海水浴には一度も行ったことない。
去年プーケットでもサーフィンやるはずが出来ず、島に行ったので入ってみましたが、
手持ち無沙汰な感じは払拭できなかったんだよねぇ。

そんな中、TOMMY HILFIGERのKULAというオトナの海の家が出来て、
ラグジュアリーな空間ということで行ってみたかったので、
ちょうどイベントがあって誘われたので日曜日に行ってみました。
なんかわかんないけど、ジャンルは明らかに違うものだとは分かってたのよ。

前日のサマソニ疲れなのか、ちょっと風邪気味だったものの、
もうクルマで行くしかないなと思って、激混みの湘南に車で向かいました。
場所は腰越海岸。サーフィンでは何度か行ってるところなんだけど。
駐車場がどっこも空いてなくて、しょうがないからサーフィンのときに停める
腰越漁港に停めることに。でも、停めれるのは17時までなので、
到着したのが15時回ってたからタダで停めさせてもらいました☆

到着したらホントすごい晴れてて。前日の予報は雨だったのに…
雨だったら一日中やっと眠れると思ったのに…
これから3週間くらいまったく休めないのに…
(これはあたしが勝手に週末に予定詰め込んだのが原因ですが)
と、思いつつ行ったら結構元気になった。

でも、海が汚いんだよね…夏は特にそう。
冬と違うのは、海の家で出た排水って全部地下を通って
海に流しちゃってるって聞いたことがあります。
確かに平砂浦とか、多々戸とか、白浜とか、
海の家がないような海岸は夏だって綺麗だもんね。
それを商売にしたり地域活性化につなげたりするんだから文句は言えないけど
でも、海が汚いっていうのはやっぱりなぁって思うんですよ。
流れ着いてくるごみとかもあるからなんとも言えないけど、
ホントはもっと心がけないといけないと思うんですけどね。

話は変わりますが、ごみといえば横浜市はG30といって、
ごみを30%減らす運動っていうのをやってたんだけど、
平成15年に始まって平成22年度までに30%減を掲げてたんだけど
平成17年で目標を達成してたりするんですよ。
すごくない?ちょっとずつの取り組みでこういう風に出来るなら、
海だって同じだと思うのですよ。ホントに湘南は汚くて、
波に飲まれちゃったりすると海水飲んじゃうこともあるし
(湘南は比較的穏やかなことが多いからそんなに飲んじゃわないかもだけど)
そういうことを思ったらホント綺麗にしたいですな。

別にあたしエコとかどうとかっていうのはあんまり好きじゃないし、
なんていうのかなぁ?みんなちゃんとやんなさいよとかって思ってるわけじゃなくて、
なんか気になるからごみ拾うとか、ポイ捨てはよくないとかさ、
そういうあたりまえのことだと思うんですよ。なんかなー。

話が飛びましたが、そんなラグジュアリーな空間、
VIPROOMに入れるかと思ったらそれは無理だったんだけど
素敵なところでした。殆ど居られなかったけどね。
まぁ、小1時間ですが、なんもしなくてもそこで過ごしてみたあたしも同罪なのか。

そうそう、一緒に行ったのは、誘ってくれた同じ部署の同期の男のコと、
これまた同じ部署のいっこ上の女の先輩。先輩ってか
プライベートでばっかり遊んでるから、友達って感じですが。
3人で水着で海水浴とか意味わかんないんだけど、ちょっと面白かった。
湘南で水着になるなんてホント恥ずかしい話ですよ。
まぁ、あんまり気にならないようなメンバーで良かった。

ひとしきり遊んだら普通に夕方でクルマ出さなくちゃいけないしお腹も空いたので
サンアロハに行くことに。珊瑚礁混んでるし。
しかも、珊瑚礁は、一人一品頼まないといけないんだけど(お腹空いてるからいいんだけど)
サンアロハはべつにいいのよねーとか思ってたらさ、
江ノ島の珊瑚礁はディナータイムはメインディッシュを一人一品以上とか書いてあった。
珊瑚礁と変わんないじゃん。いや、別にいいんだけど。
3人揃ってビーフステーキカレーをガッツリ食べました。ウマー!

終わってから、初めて江ノ島に来たという同期の男のコが江ノ島に行きたいということで、
江島神社に行きました。江ノ島タワーはもうすぐ閉まる時間だったからさ。
3人とも彼氏彼女が居ないので。プ。江島神社は恋愛の神様なのですよ。
ま、行ったら恋愛の神様だってことを思い出したんだけどさ。
前にデートで行ってから、2年以上が経ってるなぁとか(悲しい)
そんなことを思いつつ、そろそろ店じまいも始まっているあの通りを歩いて、
江島神社で御参りして。めっちゃおかしかったのは、
取り敢えずみんなお財布に5円玉はあった(セーフ!)。
ただ、先輩が5円を普通にお賽銭箱に入れられなくて(っていうか外して)!
しかも、探してみたんだけど5円玉見つからないの(笑)。
みんなで「5円(ご縁)落としちゃったよ!なくしちゃったよ!」とか言いながら大爆笑。
「よりによって恋愛の神様なのに~」ってめっちゃショックを受けてた。

降りる途中に初めて江ノ島の温泉の近くに行きました。
あそこ子供は入っちゃいけないんだってね~。
なんか高いから行ったことないんだけど。しかも夏は更に割高だし。
でも、ライトアップとかされててなんか綺麗だったよ。

これはちょっとした噴水をふんずけてるあたし。
夏は休みの日、ほぼビーサンで何処へも行っちゃう(クルマの時はね)
ので、水遊びしてきました。いい大人なのに。

降りてきてからなんか小腹が減ったので(さっきめっちゃ食べたのに)
あたしはいかのげそ焼きを食べることに。
初めて江ノ島に来たコは、生しらすを食べてました。湘南の名物だからね!

そんなこんなでほんとに乗り気ではなかったんだけど、
なかなか楽しい夏休みの1日でした。

SUMMER SONIC'06@千葉マリンスタジアム&幕張メッセ 2006.8.12 [LIVE]

初めての参戦です。
海から上がって家に帰って、シャワーさっと浴びてダッシュで向かいました。
ダッシュで向かったって2時間掛かるんだぜ~。

今回は会社でも仲良くしてるコと一緒に行ってきましたです。
なんと、チケット取ってもらった上、タダで入りました。
ホント、みんな普通に払ってるのにゴメンナサイ。

今回のあたしのタイムテーブルはこんな感じ。
"NO SURF NO LIFE TIME"Caravan/DUBSENCEMANIA/Keison/Leyona
@BEACH STAGE(のKeisonの途中まで)

InK(TAKKYU ISHINO+HIROSHI KAWANABE)@URBAN/DANCE STAGE
(の途中まで)

くるり@SONIC STAGE

グループ魂ISLAND STAGE

DAFT PUNK@MOUNTAIN STAGE

こんな感じ。かなーりゆるめに行って来ました。
HP観た感じから思ってたんですけど、RIJFのあの丁寧すぎるくらいの感じに
なんか慣れきっちゃってて、すっごい違和感があった。

例えば、それぞれのステージとタイムテーブルはあるんだけど、
エアギターの会場がわかんなかったりとか(いやそんなに観てはいないんだけど)
芸人さんのステージとかタイムテーブルとかももらったリストには載ってなかったりとか
(そういうのは幕張メッセ内に入ればあったんだけど、
幕張メッセに入ったの、夕方のくるり以降が初だったもんで)
あとねー。ゴミ箱が少ないのね。結構探した記憶がある。

ま、とりあえずライブのことを。
前回RIJFの時にダラダラ書いちゃったから、今回は趣向を変えてみます。

■"NO SURF NO LIFE TIME"@BEACH STAGE
BEACH STAGEはホントにビーチの隣。
潮風が左から吹いてくるというシチュエーションの中でライブが展開されます。
ていうか、うちらが立ってるところも砂浜でビーサン持って来ればよかったなぁ…
なんて思ってたら、ビーサン売ってた。VANSので¥500。
でかいから買わなかったけど。

"NO SURF NO LIFE TIME"は、TOWER RECORDSの"NO SURF NO LIFE"
のキャンペーンの一環みたいで、今回の出演メンバーが今のタワレコポスターです。
キャンペーンとか、去年も思ったけどやっぱり流行ってるってことだよね。
サーフィンにしろ、サーフカルチャーにしろってことだと思うけど。

スタートは、DUBSENCEMANIAから。
こないだGREENROOMに行ったときもそうだったけど、またBGM扱いにしてしまいました。
いきなりおなかが減ってたからさぁ、ご飯買ってたの。
ここでいきなり腹の立つことが。
カレーって堂々と書いてあって、他のメニュー全部ベーグルだったんだけど
あたしカレーが食べたくて食べたくて並んでたのにカレーは品切れだった…
だったらきちんと書いておくべきじゃない??
更にそこでしょうがないから飲み物買うべと思ってカシスオレンジ頼んだら
カシスオレンジのオレンジはQooだった…。
普段だって100%ジュース以外絶対飲まないのに(あ、ファンタは別)
なんでこんなん飲まないといけないのさー!!!
気を取り直して牛串を食べつつ、Caravanを待つ。

CaravanはPすけくんとふたり。
Trip in the music
TRIPPIN' LIFE
ハミングバード
FREE BYRD(w/z Keison&Leyona)

二人っきりでやってるとは思えない音。
ドラムセットとちょっとのパーカッションと、Caravanのギターだけなのに。
アレンジもちょっと変えてて、メローな雰囲気で演奏してました。
なんかこういう構成も楽しいな、うん。
『Trip in the music』は久しぶりに聴いたなぁ。ワンマンでもやってないし。
ことごとく『Wagon』をやってないけど、『ハミングバード』は毎回やってますね。
どっかで『Wagon』聴きたいなー。ワンマンまでないかな~?
RIJFより1曲短かったけど、『FREE BYRD』のKeisonとLeyonaと一緒にってのは
初めてだったからやっぱりよかったねぇ、うん。

ダブセンでピーカンだったのが、Caravanで曇りだしたと思ったら、
Keisonが歌いだしたところで雨が降り出した。
雲がすっごい勢いで動き出して、大粒の雨に変わって、雷が鳴り出した。
Keisonのとき何歌ってたか覚えてないや(笑)。一緒に歌ってたのに。
歌いながら逃げてたって感じでしたが。
ダブセンのメンバーが途中出てきてサックス吹いてたり、Leyonaのメンバーが出てきて
演奏したりしてましたが、結構それどころじゃない感じになってきて。
Leyonaは結局観れず。再来週にね…。
Keison×Leyonaの新曲はやったのかなぁ??WINDBLOWで観れるかなぁ?

取り敢えずハンパない雨と雷の為、非難することに。
でも、意外と雨宿りするところがないのよー。
千葉マリンスタジアムの近くのところで一時避難したものの、もうびしょびしょ。
カッパも傘も持ってきてないからずぶ濡れです。
フェスで雨が振るってこういうことか。初体験です。
急に雨が降って来たら気温も下がって寒かったっす。

今回の相方ちゃんの最大の目的、InKを観にいくことに。
■InK(TAKKYU ISHINO+HIROSHI KAWANABE)@URBAN/DANCE STAGE
の前にUGLY DUCKLINGがやっててちょっと聴いてたけど普通にHIPHOPだった。
んで、さっきのリベンジということでカレーを食べて。チキンカレーは辛かった。

InKが始まる前に前に行ってみたんだけど、下がすごいぬかるみでした。
そんで始まったら、みんなすっごい楽しそうに踊ってた。んだけど、あたしわかんなくて。
どうやって乗ったらいいんだろう。ホントにわかんないっす。
インストモノとやっぱり今まで縁がなくてですね。
それでも管楽器とかだったら全然いけるんだけど、こういうのはわかんないや。
このあと、またわかんないゾーンに行ったりするんですけど。それは後ほど。
あ、でも石野卓球がちょっとイイ顔してやってたのと、ちょっとだけ歌ってたのは良かった。
何でもいいけど歌ってくれないとダメなのか、あたしは。

途中でくるりを観るべく移動。ここでやっと幕張メッセに入ることに。
幕張メッセの中ひろーい!ここで結構遊べることに夕方になって気づいた。
もっと早く来たらよかったなぁぁ。そしたら雨にも濡れなかったじゃん!!

■くるり@SONIC STAGE
先週ものすごい衝撃を受けたくるり。勢いでCD買ったり、聴いてみたりしています。
殆どRIJFと構成は変わらず。違いとしては、『赤い電車』をやってました。
でも、先週より体調は思わしくないのか、若干アレンジを変えていた模様。
シャウトするところをしてなかったり、回りのメンバーが一部代わりに歌ったりしてた。
だからといって違和感があるわけでもなくて、淡々とこなしてたって感じに見えたけど。
ずっとフェスとか出てるし、ライブもあるしで体調も戻りにくいんだろうか?
インパクトとか、向かってくるものという意味では先週のほうがすごかったんだけど、
でも、なんか普通に好きになりそうだ。
ジャンル違いで好きになったのは、スガシカオ・Caravanに続いて
年に一度波が来る1アーティストになりそうです。
すっごいはまっちゃうような気はしないんだけど、でもいいなぁ。なんなんだろうなぁ。

終わったら規制が掛かってた。入れてよかった~。

■グループ魂@ISLAND STAGE
Caravanもくるりもグループ魂もだけど全部たったの1週間ぶり。
『東北の魂』はやってなくて、セットリストの順番は変わってたけど、
『スーパー!サマー!アックスボンバー!ラブハンター!06!』が一曲目。
これ好きだ、やっぱり。『君にジュースを買ってあげる』も頭のほうで。
『くるま売りたいな』は多分RIJFでやってないよね?(あたしが観てないだけ?)
単純におバカで面白い。普通にライブとか行ってみたい感じです。
バカなことやってるのに、音はいいって言うのがすごいよなぁ。
ドラムの人が特に上手いのだと思われます。

■DAFT PUNK@MOUNTAIN STAGE
やべー。ほんとにわかんない。2曲しか知らなかったんだよねー。
そして、それが終わってもまだまだ続いてる感じに参りました。
トランスもハウスもそうなんだけど、全部同じに聞こえるんだよなー。
でも、「HIPHOPはどれも同じに聞こえるんだよなー」っていう人も居るだろうし
やっぱり人それぞれなんだろうね。
でもすごいずるいなぁって思ったのは、ステージの電飾関係が。
視覚効果に訴えてるから盛り上がってるんだろうなぁなんて。
みんなが大騒ぎするタイミングがいくつかあるんだけど、
何をきっかけに盛り上がってるのかが実はさっぱりわかんなかった。
結局合わないってことなんだろうけど、こういう趣向ってどうやって決まるんだろうね?
最近すごいそういうことをよく考えます。

限界が訪れて出たんだけど、規制が掛かってました。
みんなすごい入りたそうにしてるのにあたしなんかが入っててごめんなさい。
あたしなんか最後くらい外タレ観とかないと位のノリで来ちゃったのよ。

後悔していることは、m-floにLISAが来てたらしく、古い歌もやってたそうな。
それと、どうせInKが分からないんだったら、DANIEL POWTER観とけばよかった。
でも、一人になるのもねー。難しいね。

なんか思ったのは、やっぱり都会でやってるからか、フェス感があんまりなかった。
機材展とかで行くようなところでライブをやってる違和感というか(笑)。
COUNTDOWN JAPANもここでやってるんだよね。
なんか、やっぱりそうなってくると、別にいいかなって気がしますね。
野外だからこそって言うか、雰囲気とかもすっごい重要だと思うの。
だからって年末に野外なんて無理な話なので(つーか寒いからやだよ)
そういうことではないんだけども。年越しはまた考えよう。

RIJFみたいな一体感とかはなくて、室内のステージも多くてってのが
やっぱり比較すると個人的にはあちらに軍配が上がるかなと。
T-Shirtsが欲しくなっちゃう感じもあんまりないんだよね、なんでかな?
メンバー的にも普通に日本人限定でいいのかも。
こないだのSPRINGROOVEみたいなイベント(行けてないけど)だったら
絶対行きたいけど、やっぱりジャンル的にちょっと違うのかなぁなんて思ったりしました。
でも、体験とかフェス比較の意味でも行けてよかったなぁ。

Surf:2006.8.12@由比ガ浜 [Surf]

二週間ぶりのサーフィンは湘南で。
この日、午後からはサマソニに行く予定だったあたしは、
早朝だけというお誘いにホイホイ乗ってみた。
メンバーは師匠と先輩と部員④と一緒に。
師匠たちと行くのは、先月の多々戸以来。
相方ちゃんはこの日実家に帰省中且つ伊良湖に行ってるので不参加。

朝5:30に由比ガ浜集合ということだったんだけど、前日の仕事も遅くて
起きたのは、部員④のモーニングコール。
いや、モーニングコールじゃなくて「今何処?」っていう電話だったんだけど。
電話は5:34分に鳴ってそれで目覚めた。ありがとう、そしてごめん…。
飛び起きて速攻出かけて、6時ちょうどには由比ガ浜に着いてました。
ウチから一番近い海は由比ガ浜なんです。

我が家はあたしの小さい頃は毎週海といえば由比ガ浜で、
パラソルとかチェアーとかクーラーボックスとかお弁当とか持って
ホントに毎週行ってたもんです。懐かしいなぁ。
でも、サーフィン始めてから由比ガ浜に来たのは初めて。
ロングの人ばっかりだったってのもあるんだけど、メローでいい感じ。

浜辺に海水浴のお客さんが騒いでたり、岸には海の家が大盛況だったり
(って早朝だからそんなにうるさくはないけど)って言う中で
海に入るのは実は初めてで、不思議な気がしました。

由比ガ浜は基本的に鵠沼エリアよりもワンサイズ小さいというのが普通なので
殆ど波はなくて、うねりから乗らないといけないくらい小さいサイズ
なので、必然的にロングボーダーが集まります。ショートの人は殆どいなかったなぁ。

ホントにハワイのボードと思われるボードに乗ったハワイアンのような体形の人や、
トランクスいっちょで入ってる人や(暑かったしね)
ビキニで入ってるギャル(結構上手かった)が居たりとか、結構雰囲気も良かった。
あたしもビキニいっちょで入りたいなぁ~。すっごい可愛く見えたのよ、このコ!
あたしが入ったら迷惑だ。あと5kg以上は痩せないと…。
でも、ホント暑かったからタッパー前開けてました。脱ぐのも面倒だったし。

風も殆どなくて、曇ってはいたんだけど、ホントメローという言葉がぴったり。
こんなに穏やかな中で波乗りするのも久しぶりかもなぁ。
でも、穏やかなのに慣れてなくて、うねりから乗れないの…(泣)。
いつもでっかい波のほうが多いから、勢いもパワーもあって、
自分が合わせてさえ行ければ意外と乗れちゃったりするんだけど、
うねりだけだと自分が結構頑張らないと乗れないんだよね…。
たったの一週出来なかっただけなのに、なんでパドリングがこんなに疲れるんだろ…。

と、一人で悩んでたら師匠が珍しく教えてくれた。
師匠は基本的に自分が楽しくなっちゃって、いろんな人を海に連れてくのに
ぜんぜん教えもせずに一人で楽しんじゃうタイプなんだけど(笑)。
今回はほんとに波がなかったからか、最近のあたしの悩みに対処してくれました。

①小波のうねりはどのくらいのサイズからなら乗れるのか
②まっすぐすべるのはいい加減楽しくなくなってきたのでターンがしたい
③かっこいい降り方とは

以上3点。全部口頭でこんな感じとかひとこと言われただけなのに
すごい飛躍的に乗れるようになりましたよ!!!すげー!さすが師匠。

①は「これ」とか言われたのを選んで乗ったら簡単に乗れた。
②は、「とりあえず左は無視して右を向いて進む!」って言われたら右に進めた。
③は、「最後にもう一回カットバックするノリで波のほうに向かえばいいよ」
って言われたので、その通りにやってみたら上手いこと出来た。

なんか、一言もらうだけでこんなにうまい事できるなんて面白すぎ。
これでパドリング疲れるなんてのは吹っ飛んだ。
「一回乗れちゃうと疲れも吹っ飛ぶよね」は師匠の口癖なんだけど、まさにその通り。

師匠は今、Joel Tudorが乗ってたボードに乗ってるんだけど、
すっげーかっこよくて、ノーズライディングが本家JTにそっくりだった。
師匠はガシガシ行くタイプではなくて、流れるように乗るタイプの人なんだけど、
ホントに形式美といっていいくらい美しい乗り方なのです。
憧れるけど、あたしはああはなれないだろうなぁ…。

部員④は、季節営業で冬は引きこもっちゃうんだけど(笑)夏になったもんだから
仕事が昼からのときとかは早朝から由比ガ浜で入ってるらしい。
新しいボードがとっても調子良いらしくて、すっごい楽しそうにしてました。

先輩(♂)はあたしのことをライバル視してるらしいんだけど、
一緒にされたくないわ!って感じなので、ガシガシ乗ってやった。
だっていっつもクチばっかで全然乗ってないんだもん。
なんだかんだ言ってあたしも負けず嫌いだ(笑)。

あっちゅー間に9時になって、上がって下さいっていうアナウンスがあって終了。
初めて聞いたよ、そういえば。
終わって、ビーサン探そうと思ってボード一瞬置いたら、
海の家の兄ちゃんがあたしのボードを引きずってる…!!
ふざけんなよー!!!!傷ついちゃったじゃねーかよー!!!!
ホントにすっごいムカついたわー!!
なんか「店の敷地なんで」とか言いやがってさー!!
ていうか、別に何にも置いてないじゃん!おめーの海なのかって話ですよ!!
もうあんなに腹が立ったの久しぶりだ!!
ボード若干ですが傷が付きました…ショック。
だから夏の海は嫌いなんだよー。混んでるし、夏にしかいない人もいっぱいいるし、
しかも海も汚いしー。ホントみんな汚しすぎ!!

帰りにもっとショックなことが。
家に着いて、エレベーターに入れ込んだときに軽くぶつけました…。
ノーズ右側のロッカー部分が…。
中まで行っちゃってはないんだけど、白くなっちゃった…
初のリペアでございます…ホントショック。
でも、再来週の御前崎はJTで行きたいから、リペアテープで対処します。
その翌週の新島のときにリペアに出します。あーホントついてないよ…。
波乗り自体は楽しかったんだけどな~。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。