So-net無料ブログ作成
検索選択

McFLURRYウマー!! [グルメ]

一旦通常営業に戻ります。
何ヶ月か前に、渋谷を歩いてたら、マックデザートの看板が出てて、
すっごい食べたかったんだけど、そのときは時間がなくて
結局食べられないままだったんだけど、近所のマックに行ったら無くて、
ずっと気になってたんだけど、なかなか置いてあるお店がなくて、
と思ったら会社の近くのマックにありました。でも片方にはあって片方にはないんだけど。
見るからにアメリカ的というか、横須賀のベースで似たようなのを食べたことあるけど
パッケージから、使ってるスプーンからしてアメリカ感満開。

あ、あたしが食べたのは、オレオクッキー入りのほう。
因みにもう一つは、ネスレクランチ入りってのもあります。
それと別にミルクリッチソフトクリームとサンデーのマンゴートストロベリーってのもあり。

名称はマックフルーリーです。お値段は300円也。
感じとしては、ハーゲンダッツのクッキークリームの感じにかなり近いんだけど、
何せソフトクリームにオレオを砕いたのが入ってるからね、美味しいよ~。
味もアメリカ的というか、すっごい甘いので、太りそう!って感じだけど。

どうやら、実験的にいくつかの店舗でやってる模様。
因みに置いてあるお店一覧は以下のサイトに載っています。
http://www.mcdonalds.co.jp/sales/new/dessert/index.html

いつから始まったのかとか、いつまでやってるのかとか
その辺はイマイチわかんないんだけど、店舗も限定なので、
発見した際は是非一度食べてみることをオススメします。
ホントになかなか美味しいけど、結構お腹いっぱいになると思われ。

米倉利紀@鎌倉芸術館 2006.10.7(ネタバレあり) [LIVE]

concert tour 2006-gotta crush on.....volume.three-
と、題して開かれた今回のツアー
今までと会場が違ってウチの一番近所にある会場、
鎌倉芸術館で行われました。
他の会場も全部行きづらいところばっかりなんだもん。
今回も二階席は埋まっておりません…。
しかもぴあとかでタダ券が出てたらしい。
こういうのは今後狙ってくべきだと思いました(笑)
あ、でも他の人のときにね。
今回は、セットリスト当然張り出されるだろうと思ってたら、
なかったので記録してないよ。
でも、セットリスト探しで徘徊してたら発見しましたので、
セットリストは下に載せときます。

今回は、ヨネちゃんの部屋をイメージしたと思われるセット。
前にもこういうセットのツアーがあったような気がしたけど、
何のときだったかな??
ヒデキチさんの絵が(ツアー初日の楽屋で書いたもの)
左上に飾られてて、その下、2F部分に重厚なソファーが一つ。
1F部分にはコーラスと、その後ろ二人がけのソファーとコート掛け。
手前には間接照明スタンドがあったかな?これは右だったかも。
バンド隊は右側で、こちらも後ろにはソファー。
確かそんな感じだったと思われます。

途中のMCでも言ってたけど、fall backってのはスラングで、
(ソファーなどに)どっかり座るみたいな
イメージの言葉としても使われているらしく、
そういう感じで構えて欲しいみたいなことを言ってて、
確かにそれでなのか、ゆっくりめな曲が多くて、
座って聴くことが多かった。
今回若干の消化不良的なものがあったのは
それでだと思うんだけど、ま、オトナの魅力ってことですかね。

頭のほうの曲目は予想通り。アルバム収録曲を畳み掛けます。
『better know』『tonight is the night』『i’m so ready』を。
このアルバムの良さって、多分一般的には
後半に集中してるんだと思うんだけど
個人的には前半が好きなのです。なんとなくだけど。

秋のこの始まる季節に
『we kept missing each other.....』も良かった。
これ別に思い入れがあるとかじゃないんだけど、
この時期の歌とか好きだったんだよね。
『ANNIVERSARY』とかも久しぶりに聴いたなぁ。
そういう意味では結構新旧織り交ぜてる感じが
いつもよりあったかも。
でも、お決まりの『BE HAPPY』がなかったのは残念だけど~。

個人的にすっごい嬉しかったのは、『Superstar』。
シングルカットされた『whatsoever』より断然好きで、
こっちのほうがよっぽど聴いてるんじゃないかと思う。
あたしも大好きなんだけど、Luther Vandrossの曲ですね。
日本人ではあと、松田亮治くんもこれ歌ってたと思います。
それもシングルのカップリングだったと思うけど。

ただ、この曲のときのベースがさ、
すっごい音でかくて、なんかそれがイマイチだった。
ホント、ピアノ(というかキーボード)だけでやったほうが
絶対良かったと思うんだけどな~。
音数が少なくても絶対映える曲だと思うし、
あのヨネちゃんの熱唱からすると、もったいなかった気がする。

ベースといえば、今回のベースは新しい人です。
ヤマンダさんと公演ごとに交代なんだって~。
(実態は、ヤマンダさんは、コブクロライブもやってるかららしい)
それってちょっとなぁ。
ヤマンダさんのベースはなんかすごい好きなので
今回違ったのがすんごい残念。この曲、
ヤマンダさんだったら
どうだったのかなぁなんて思ったりもして。
(大きさも関係あるからわからんけどさ)

『nothin'to lose』ってシングルの中でも
全然売れなかった曲と前にヨネちゃんが言ってたんだけど、
たまに歌ってくれてあたしは嬉しいです。
この曲、曲調とかがどうこうというよりも
歌詞がすっごい好きなのです。
前向きというか、それも単純な前向きじゃなくて、
酸いも甘いも…のあとの前向きというか。
結構精神的になんかあるとき(良くも悪くも)
に聴くとグッと来るんだよねぇ。
『Gotcha!』に流れていくところも非常に良かったです。
久しぶりに聴いたなぁ。
この2曲は夏の雰囲気がする曲ですな。好き。
『Gotcha!』は歌詞間違えて歌いなおしててウケた。

今回は全体にあんまりダンスするところが少なかったんだけど
(てか最近はめっぽう)
『BABYRON』とかはバッチリやってましたね。
この曲普通に考えたら、年代的にも
歌詞の世界観もちょっと古くて
絶対カッコ悪いんだけど(笑)でも、盛り上がるんだよねぇ。

踊りといえば、どこだったか忘れたけど
あの『決められない』も歌ってました。
ほんとおかしいよこれ。爆笑。
(因みにこないだ出たライブDVDにも入ってます)

今回の歌おうコーナーは、『Yes,I do.』で。
いつもどおり半分に分けるんだけど
片側は『Love in the sky』を歌い、
もう片側の人たちは『Yes,I do.』を歌い。これすごい良かった。
因みに今回TOKIOの山口くんが来てたんだけど、
堂々と立ってるわ、恒例の男の人だけのときも
普通に歌ってるわ、いい感じでした。
普通にファンなんだろうなぁ、
楽しそうに歌ったりとかずっとしてたもん。

本篇最後の曲、『slight problems』は、
すっごい入って歌ってる感じが良かった。
『奇蹟』とかに通じるものがあるかな、なんか。

アンコール最後の曲は、『大丈夫っ!』でした。
この曲はそういう要素あるよね。
最後に聴くと毎回うるっとしてしまいます。
自分を励ます歌のような気もするんだけど、
それを受け止めちゃってうるっと来るというか。

気付いたら、98'から早8年間も毎年毎年通っていたのでした。
でね、だからというかなんというか、
いろんな時期があったのも含めて一つの外しもなく、
観て来てるのでやっぱり感想がシビアになる。
個人的には、コンセプトアリのツアーだけで見ると、
power tourが最大級に良くてそれから比べると、
構成とかツアーメンバーとか、そういうのも含めて考えると
パワーダウンしてる感は否めないなぁ
なんて思ったりもするんです。
ヨネちゃんの歌唱力が衰えたとか
そういうことは絶対無いんだけど。
太ったり痩せたりはしてて、
今は結構ふっくらしてて嫌だけど(笑)。

ここからはすっごいコアな話なので、
好きじゃないと全然わかんないと思いますが、
ずっと一緒にやってきている、
ツィンゴが今のバンマスなんだけど、
彼を否定するつもりはまったくないけど、
キーボードがバンマスだと、昔のバンマスだった充くん(Dr.)
に比べるとやっぱりスケール感が小さいというか、
こじんまりした印象がどうもあって。
確かに、楽器の数が減ってたりもするから、
そういうこともあるとは思うんですけどね。
あと、ずっと一緒にやってる人だけじゃなくて
一部メンバーにも変更があってってなってくると、
やっぱり呼吸が違うのか一人一人がどうであれ、
あわせたときの一体感ってやっぱり違うもんなのかもって思った。
因みにマミちゃんのblogにはアミュちゃんが
この日来てたって書いてました。
あたしはやっぱりアミュ&マミちゃんコンビが一番好きだったな~。
(+トコさんは最強だったと思うっす)

個人的にpowerツアーがすごかったなって思うのは、
ライブというかコンサートというか、
そういうものを一緒くたに引き受けたパフォーマンス
っていうもののすごさを見せ付けられたからだと思うのです。
ダンスもかっこよかったし、雰囲気と統一感がやっぱりすごかったし、
それを担うダンサーもミュージシャンもそうなんだけど、
全体の一体感とか完成度がすごかったと思うのです。
そういうのを観てたからなのか、やっぱり毎年楽しいし、
ヨネちゃんはいつまでたっても性格が子供だなとは思うけど
やっぱり歌はものすごく上手いし、
パフォーマンスは衰えてはないと思うんですけど
パワーダウンって言うのはちょっと感じるんですよね。
いや、毎回満足してるんだけど。
昔の曲のほうが好きだったのかもと言われるとそういう気もする。

これからどうなっていくのかは分からないけど、文句言ったりしつつも
やっぱりずっと見て行きたいアーティストなのです。

以下、セットリストなり。

better know
tonight is the night
i’m so ready
we kept missing each other.....
with all
us
Superstar
ANNIVERSARY
nothin'to lose
Gotcha!
I can't decide.....
BABYRON
complicated internal dialogue
reason why
Love in the sky
Yes,I do.
情熱灼熱
wishes come true
slight problems

whatsoever
未来へ
大丈夫っ!
(k)new my thang

(k)new my thang

  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/03/08
  • メディア: DVD



Surf:2006.10.1@成東 [Surf]

さかのぼっておりますので、半月前の話を今更書きますよ。
今まで記録の為につけてたのにココでストップするのは嫌なんだもん…。
と、言うわけでなんとなくで書きたいと思います。

天候は曇り。千葉行きということで相方ちゃんの家に向かいます。
メンバーは、相方ちゃんと先輩(♀)と3人で。
先輩(♀)は東京インターの近くに住んでるから、
あのあたりから高速に乗ると東京一周って感じなんだよね。

波は若干高そうな感じがあったものの、取り敢えず向かうことに。
最近はいつも千葉といえば北千葉で場所も作田周辺が基本。
また作田に向かったものの、駐車場が満杯。なんで??
個人的には成東の方が好きなので全然いいかなということで
成東に向かいます。まだ駐車場には余裕があったかな。
っていうか、あそこ夏以外は駐車場代取られないしね。

ちょっとだけ遠くから波チェックして、さっさとウエットに着替えて…
たら、先輩のウエットの腰にある切り返しのところがべろっとはがれてて、
裏地だけになってた。ただ、原因不明なのね。
去年買ったばっかりだし、保管方法がおかしかったって事もないと思うんだけど。
あれはちゃんと修理じゃないと治らないだろうなぁ。

入ってみたら、思ったより波がでかい!!!
沖になんか全然出られなくてすっごい怖かったので
先輩と二人で波打ち際で遊んでました。
沖に出なくてももう一回波がちゃんと出来上がるからそれでも全然遊べた。
来る波来る波ぽんぽん乗れてすっごいたのしかった~☆
ただ、思ってたよりも浅かったから、不意に巻かれたときに地面に頭ぶつけて
おでこにたんこぶが出来ました…24歳にもなってたんこぶ…。

そんな感じもありつつ、取り敢えず満足したところで終了。
毎回のことなんだけど千葉北はいい感じのお店がいまだに見つけられず。
結局どうするとかいいながら進んで結局相方ちゃんの勝手な希望でマックになり。
別にいいんだけどー。先輩もあたしもすっごい探してたのにさー。
相方ちゃんはいつもあたしたちの意見を取り入れる風に振舞っておきながら
結局自分のいいようにするんだもんと怒ってみたりした。
いや、べつにいいんですけどね、マックでも。

行きはいいんだけど、帰りがいつも結構な時間になっちゃうのよね。
結局この日も夕方からみんな用事があるって言ってて
それで早い時間に出てとっとと千葉を出たんだけどいつも高速の同じところで混んでて。
まぁ、いつもの通り相方ちゃんが若干不機嫌になりつつ帰りました。
でも、なんでもう夏も終わったのにあんなに混んでたのかしら???

あー、もうまえのことだからイマイチ記憶にないや。終了!

WHITE PARTY presented by STY@六本木SUPER-DELUXE 2006.9.30 [LIVE]

最近全然更新できていなかったので、振り返って書いてみたいと思いますよ。
今更とか言わないで!そして記憶が曖昧だったらゴメンナサイ!!

白い服を着て集まるSTYさんのイベントのため、六本木に行ってきました!
まず、会社からさほど遠くないものの、地下鉄になんか殆ど乗らないあたしにとっては
六本木はホントに右も左も…だったりするんだけど。
六本木は3回しか行ったことなかったりするんだけど。
なんとクルマで行って来ましたよ。思ったよりも近かった。
あんなところまで運転できるようになった自分に拍手だよ、コレ。

さて、今回のメンバーは、チームライ部のメンバーの一人とその弟くん。
ライ部のメンバーはみんながみんな同じ趣味じゃないってのもあるんだけど、
単純に都合があわなかったってのもあったり。
今回来たコは、ジャンル的には一番向きかなってのもあるんだけど、
弟くんは更に向きだった様子。良かった良かった。

結局白いパンツを探しても家の中で行方不明で見つからず…
白いチューブトップに普通にデニム、白いパンプスという
別に白を基調にしてないいでたちで行ってみたところ、みんな真っ白だった。
もっとちゃんと気合を入れればよかったです…。
一緒に行った二人も大して白を基調になんか出来てなかったんだけど…。

まず。WHITE PARTYということで、スポンサーが(ついてるだけでもすごいと思うんだけど)
なんと、あのROYCE!!前にあたしも書いてるんですが、
大好きなチョコレート屋さん(というのか?)で、ホワイトチョコは食べられないんですけど
でも、ここのやつなら食べれるの~☆
今回出てたのが、マシュマロチョコROYCE' マシュマロチョコ

と、アマンドショコラのホワイト。ロイズ アマンドショコラ(3種詰め合わせ)

ホントすっごい美味しくて、バクバク食べてました。
ホワイトワインも飲み放題だったんだけど、クルマだったので、自粛。

と、アマンドショコラのホワイト。ロイズ アマンドショコラ(3種詰め合わせ)
ホントすっごい美味しくて、バクバク食べてました。
ホワイトワインも飲み放題だったんだけど、クルマだったので、自粛。

クラブイベントで、途中にライブを挟むもんなんだと思ってたんだけど、
実際はショーケースライブって感じだった。
あたしは、ライブの方がメインで行くタイプなので、こういうほうがいいんだけど、
クラブイベント的なものが好きな人には物足りないのかもですな。

今回はS-key-Aちゃんがトップバッターだと聞いてたので、
きちんと間に合う時間には到着。
S-key-Aちゃん、登場からアカペラでかっこよかったです。
前に見たときより更に上手くなってた!!それもそうなんだけど、すっげー細い!!
いや、きっともともと細いんだろうけど、
今回はスカートだったから更にそれが強調されてて素敵でした。
ほんとにあたしのiPodのラインナップの中ではいつもいつも聴いてるから、
普通にそらで歌えるくらいなんだけど、やっぱり生はいいですな。

『Ex-Boyfriend』は初めて聴いたけどかっこよかったです。
一緒に来てたコがあたしが好きな分かるとこの1曲目を聴いたときに言ってたけど、
あたし好きな感じ。うんうん。
『Just a Little』は初めて聴いたバージョン。Remixでした。
欲を言えば、feat.STY版が聴きたかったけど(笑)
でも、やっぱりこの歌好きだな~。歌詞の世界観とかも凄い好き。
『Boom Boom Boom』
は、ホントみんな知ってる曲なのね、やっぱり。
iTune Music StoreのR&Bランキング上位曲ってのもあると思うけど、
来てるお客さんもこれが聴きたかったっていう空気があったし、
なんていうんだろう、ホームな感じというか、受け入れ態勢バッチリな感じがした。
でも、この曲のときのS-key-Aちゃんの堂々としたというか、
やっぱりライブの回数を重ねているからか、慣れというか、
お客さんを巻き込む感じがこの空気に繋がったんだろうなぁって。
ホントに絶対世の中に出て行くべきだと思うし、ほんとに頑張って欲しいなぁ。

S-key-Aちゃんのライブが終わったところで、知り合いに会いました。
mixiではやり取りしてたんだけど、高校卒業以来だからもう6年ぶり?
全然変わってなかったけど。彼女は宏実ちゃんのお友達で、
宏実ちゃんの出番が終わったところでちょろっと紹介してもらいました。
因みに、会場では会えなかったんだけど、モデルの仕事してたときの友達も
このイベントに来てたらしくて(それも結局mixi日記で知ったんだけど)
なんかホントに世間って狭いのよね、やっぱり。

D'greeさん。
こちらもSTYさんのところで聴いたことがある曲があったり、
あと、昔STYさんが音源をFreeで流してたときに、聴いてた曲歌ってた!
そのときはSTYさんのデモが入ってたんだったと思うんだけど
(って間違ってないっすかね?記憶が曖昧。)
新鮮でした。兄弟でやっているそうで、お兄さんは後ろにいたみたいなんだけど
いつもそういうスタイルなのかしら?前には出てこないのかな??
見栄え的なこととか思ったら、出てきたらもっといいのに~とか勝手に思ってみたり。

次、宏実ちゃん。
『Sorry part 2』は、STYさんのblogで一度音源は聴いてみて、
なんだかかわいらしい曲だったから楽しみだったんだけど、いいですな。
『Recover』も落としてたから、聴き慣れてるんだけど、なかなかでした。
ソロライブもやるそうな。すごいなぁ。

次、KOSUKEさん。
bkoz大好きだったのね、ラジオでデビュー曲を聴いたとき、
すっごい感動したのを覚えてるんだけど、CDもバッチリ持ってますが、
結局ライブに行く機会は一度もないまま、bkozは解散しちゃったんだけども。
ソロになって、んで、STYさんが手がけてってなんかすごいことだわーと思ってたんだよな。
この機会で、観ることが出来て本当に良かったなぁと。
STYさん印の『Uh Huh』とか、FOHの『I Believe』のカバーとか
(この辺はアルバムにあります)Stevie Wonderの『LATELY』とかも
歌ってたんだけど、ほんっとかっこよかった。
でも、しゃべるとおもろいっていう。ギャップがよかったです。
やっぱ人間ギャップが大事ですよ。

道しるべ

道しるべ

  • アーティスト: 上新功祐
  • 出版社/メーカー: Digz,inc group
  • 発売日: 2006/05/05
  • メディア: CD






その次。TSUYOSHIさん。
SOUL'd OUTとか、BENNIE Kとか、2BACKKAとか、
最初に聴いたのがどれだったかは覚えてないけど、一発で好きだと思って、
そこからリリースされてる音源に関しては、全部調べて、
featuringされてるものは全て聴いてみて、ホントに好きな声で。
ただ、ずっと情報としては少なくて、気になってたところで、
このイベントに出るってことでほんとにほんとに楽しみにしてました。
実際ソロの曲を聴くのは初めてだったけど、やっぱり好き。
ビジュアル的には、カッコとかHI-Dみたいなかんじだったっす。なんとなく。
ホントに、デビューが楽しみだなぁと。

トリは、ARIA。
アルバムもずっと聴きこんでるけど、今年の何枚かを選んだら確実に入る。
『Beautiful Life』も『Is This LOVE?』も、当然歌ってました。
『Dream Drive』『Slow Jam』も歌ってましたね。
あたし『Is This LOVE?』なんかすきなんだよな~。
すっごいミニで素敵でした。いいなぁ。なんか。
関係ないけど気になってるんですが、『He’s My Baby feat.YOKO』って、
YOKO Black.Stoneのこと?イントロで「black stoneなんちゃら~」とか
聞こえる様な気もするんだけど違う?懐かしいなぁぁ~。
『Don't You』も聴きたかったな~。

ARIA(DVD付)

ARIA(DVD付)

  • アーティスト: ARIA, HI-D, 童子-T, TWIGY, Maestro-T
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2006/08/23
  • メディア: CD





終わったあとのDJもR&Bとかに特化した感じだったから結構いい感じでした。
あたしは好きだ。ただ、時間が中途半端な感じだったので、
翌日も海だったしSTYさんに挨拶だけして帰っちゃったんだけど。

なんか、過去記録として書いてる感じだから、結構あっさり書いちゃいましたが。
結局STYさんの生歌は聴けなかったのが悔やまれるところかしら。
でも、WHITE PARTYはレギュラーイベントになるようなので、
そのうち聴けるようになるのかしらん?次回に期待ですな☆

第一回ってところもあって、まだきっと色々とあるんだろうけど、
でも、STYさんの素敵な曲に包まれてるって言うのがまず魅力的だし、
人柄も素敵でみんなに愛されてる感じがとっても伝わってくるいいイベントでした。

いろんなところも改善されてどんどん良くなっていくといいですな。
今後が更に楽しみです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。