So-net無料ブログ作成
検索選択

2006年版Best Tracks(アルバム篇) [音楽]

次。洋楽・邦楽問わずに良く聴いたアルバム。
同じく2006年リリースモノ。
去年と同じくこちらも10枚セレクトしてみました。

The Gift~just let me know/JAY'ED
The Ultimate/Luther Vandross
Once Again/John Legend
Catch The Wave/Def Tech
Wandar Around/Caravan
愛・自分博/KREVA
HEAT ISLAND/RHYMESTER
In My Own Words/Ne-Yo
ARIA/ARIA
ベストオブくるり TOWER OF MUSIC LOVER/くるり

・The Gift~just let me know/JAY'ED

The Gift just let me know

The Gift just let me know

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
  • 発売日: 2006/05/10
  • メディア: CD


DOBERMAN INCのアルバムのdeaturing artistとかで最初に知って、
すげーカッコイイ!とか思ってたんだけど、
ホント満を持してって感じのアルバム。
買ってからずっとCDチェンジャーから出してません。
ヘビロテもヘビロテです。ホント聴きました。
『Shining☆Star(HASE-T Remix)』はあんまり好きじゃないんだけど、
他は全部好きです!!素晴らしい!!
ZIMAのCMで使ってた『Pop Them Bottles』が入ってたり。
(聴くまでこの人の曲だって気付かなかった…)
ORITOとやってるやつとかってホントに
音が悪いのを録ってる感じなんだけど、
それがまたいいというか、味というか。カバーメドレーもあったりね。
今までやってきたことをパッケージしたって言う感じの一枚。
関西勢力ヤバイですな。1回ちゃんとライブとかで観てみたい。
今度は、きちんと作られたアルバムってのも聴いてみたい。
次も楽しみですな~。

・The Ultimate/Luther Vandross

Ultimate Luther Vandross

Ultimate Luther Vandross

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 2006/08/22
  • メディア: CD


『Shine(The Freemasons Mix)』がすごいカッコイイ!!
KCコメントが読みたくて、日本版を買ったんだけど、
『Superstar』『A House Is Not A Home』
が入ってないのがガッカリです。
因みにこの2曲、輸入版には入ってます。
『So Amazin'』『「Shine(Freemasons Mixshow Radio Edit)』
は日本版にしか入ってないのかな、確か。
こういう本人が亡くなってから出るベストは小出しにしたり、
選曲も違って何回も出たりするから
買い時が微妙にむずかしいところですが…。
でも、このタイミングで一枚欲しかったのでそういう意味では満足です。
聴けば聴くほど惜しい人を亡くしたんだなぁって思うと同時に
ホントに名曲の数々といった感じで涙モノです。ホントに。
まさに唯一無二の存在なんだよね。
こういう人はもう出てこないのかな…。

因みに、『So Amazing: An All-Star Tribute to Luther Vandross』
もすっごい聴いてるのに、何故か去年のリストに入れてない、あたし。
何ででしょう?覚えてませんが、これもホントに大好きです。
去年のだから、番外編になりますが。

・Once Again/John Legend

Once Again

Once Again

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 2006/10/24
  • メディア: CD


前回も入れたJohn Legend。(実は2004年リリースだったんだけど)
今年もやっぱり良かった。後半発売だったけど結構聴いてます。
目玉だったMary J. Bligeとのデュエットは結局このアルバムには
入らず、Maryのベスト盤に入ることになったそうな。
でも、Maryのアルバムどうなのかな…
結局のところいまだにまだ買ってないのですが…。

先行シングルカットされた『Save Room』のPVで観た映像は
個人的には予想外且つ、期待していないところを見せられて
逆に困ったけど(笑)だって、優等生キャラに見える
John Legendの裸体(上半身だけど)とか、
女の人とのカラミ(いや、絡んではなかったと思うけど)とか、
そういうイメージじゃないんだよなぁ。
確かにそういう歌詞の曲も多いのでアレなんだけど、
なんか、しゅっとした服を着て、ピアノを弾いてるイメージが
あまりにも強くて個人的には違和感ありまくりでしたが、
あの曲は好きです。
良い意味でR&Bに特化していないところとか、
幅広い人に好かれるような曲を敢えてシングルとして
切ったんだろうなぁって感じがあったけど、
それがすごくいい効果を生んだんだろうなぁって言う印象。
今までのファンも取り込みつつ、新しいことも上手く取り入れて… 
ってところがすごく上手いなぁと。
結局来年早々の来日公演のチケットは取れなかったんだけど
絶対行くべきだったよなぁぁ…。

・Catch The Wave/Def Tech

Catch The Wave

Catch The Wave

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Jawaiian Style Records
  • 発売日: 2006/04/26
  • メディア: CD


サーフ部今年前半のテーマ曲(笑)『Catch the Wave』を含むアルバム。
サーフ部部長が、「『Catch The Wave』歌えない人は
サーフ部として認めません!」とまで言うほど、
ホントに良く聴いた。あたしも持ってるし。
確かに、サーフィンにはぴったりだけど、それだけじゃなくて
この曲でも言ってる通り、ホントに天気とコンディションっていろいろあって、
同じ1日はないんだよなぁって本当に素直に感じるんだよね。
好きなことをお休みごとに出来てる
(出来ないときもあるけど。最近出来てないけど。)
あたしって幸せだなぁってホントに思うのです、毎回。
今年の夏を表すアルバムはコレとCaravanでした。
でも、表題曲以外もホントに結構イイ曲が多くて、普通に好きな一枚。
『いのり feat.SAKURA』はやっぱり涙なしには聴けません…。
microが、SAKURAのことホントに昔から大好きで、
一緒にやりたいって思っててやっと出来たコラボレーションなので、
やっぱり嬉しい。そして名曲。
さっすがゆうきくん、同世代ですな。あたしもSAKURA大好きなので!

・Wandar Around/Caravan

Wander Around(DVD付)

Wander Around(DVD付)

  • アーティスト: Caravan,キャラバン
  • 出版社/メーカー: rhythm zone
  • 発売日: 2006/04/19
  • メディア: CD


夏のテーマアルバム第二弾。
これもホントDef Techとセットで毎回聴いてたなぁ。
同じく全曲歌えるんじゃないだろうか。
更に今年行ったライブの中ではCaravanのライブを最も多く観ました。
夏もそうだったけど、後半も立て続けに観たしなぁ。
でも、Caravanに関しては、アルバム単位でどうこうというよりも
ホントにライブで見る機会が多いから、
新旧問わずホントにいい曲として聴いてます。
でも、今までのCaravanの全アルバムの中で一番好きかも。
思い入れも。どんなシチュエーションでも比較的聴ける一枚。
ホントに大事なアルバム。
今年散々Caravanの話はしてるからもういいか。
因みにアルバム発売時のレビューはこちら。
http://blog.so-net.ne.jp/yen/2006-05-10
このときは『Changes』がスキって書いてるけど。
聴き込んだら、『Music Save My Life』が一番の名曲だと思います。

・愛・自分博/KREVA

愛・自分博

愛・自分博

  • アーティスト: KREVA,DABO,CUEZERO,WADA
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2006/02/01
  • メディア: CD


今年のアルバムだってことを忘れてたけど、
今年前半は良く聴いたんだった。
一番すごかったのは武道館公演だけど。
オリコンチャート1位とか、テレビ出演とかそういうのも
ガンガンしていってホント変わったなぁとは思うんですが、
もともとがもともとだったので全然悪い印象とかは思わず。
こうなると嫌いになってもおかしくないんだけど、
KREVAの場合はオトナになったのね…
的な目線で見てるところがあって、曲のクオリティが落ちた…
とかじゃないから、まぁいいかっていうかむしろ、
KICKのときよりもスキですよ!って感じで全然OKです。
ポップなことやってても、自分の向かってる
本来の向きは曲げてないというか
そういうのがなんか見て取れるから、全然いいんです。
アルバム発売時のレビューはこちら。
http://blog.so-net.ne.jp/yen/2006-02-08
今読み直したら、
「KICKはやめてby pharなのかな~、もう。」とか書いてるけど
ホントにそのとおりになったね。
年末にはby pharのアルバム発売です。

・HEAT ISLAND/RHYMESTER

HEAT ISLAND

HEAT ISLAND

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: キューンミュージック
  • 発売日: 2006/03/08
  • メディア: CD


KREVAと同じく、今年のアルバムだってことを
ちょっと忘れてましたが同じく前半は良く聴いたアルバム。
2年に一度しか開かれないワンマンもバッチリ楽しめたし、
ホントよかった。やっぱりRHYMESTERはいいなぁと
改めて思ったのでした。
このアルバムの本人たちの歌詞コメントとか面白かったなぁ。
ベストのほうも解説あるらしいので今から楽しみです。
来年は、RHYMESTER年といわんばかりの幕開けが
期待されますので含めて楽しみにしておきましょうといった感じ。
ベストもfeaturing仕事アルバムもそうなんだけど、
武道館だよ!武道館!

In My Own Words/Ne-Yo

In My Own Words

In My Own Words

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Def Jam
  • 発売日: 2006/04/20
  • メディア: CD


これも良く聴いた。若いのにさー才能あるのよね。って感じ。
曲のクオリティも、声の感じもすごくスキで。
純粋なR&Bを歌う黒人男子、尚且つ若手、
新人って実はあんまりいないような気がして、
久しぶりに新しくいい人が出てきたなぁという印象。
ホントに普通に空で歌える感じで、
要するに覚えやすいってことなんだろうけど、
耳触りもホントによくて。歌い方も丁寧な感じがするんだよな~。
ホント、今年のアルバムの中では良く聴きました。

・ARIA/ARIA

ARIA

ARIA

  • アーティスト: ARIA,Kayzabro,HI-D,童子-T,TWIGY,YOKO,Ryosuke Imai,Maestro-T
  • 出版社/メーカー: rhythm zone
  • 発売日: 2006/08/23
  • メディア: CD


同じくCDチェンジャーから一度も出してない一枚。
STYさんのオシゴトが3曲入ってたりとかもあるので、
手に取ったところが大きいけど
それ以外の曲もすごく良くて、featuring artistで持ってきてる人が、
HI-Dだったり、TWIGYだったり、童子-Tだったりと
その辺りもいいセレクトだったと。
もちろんSTYさんが手がけた曲もやっぱりキラキラしててイイ曲です。
全然カラオケとか行ってないんだけど、カラオケとかで歌いたい感じ!
唯一気に食わないのは、avex明らかに宣伝してないだろー。
なんか売り出し方一つのような気がしてるんですけどね。
キャラもライブに行くとかなり立ってる人だということは明らかなので、
絶対いいと思うのよねぇ。
面白いアーティストが多いのもどうかとは思うが。

・ベストオブくるり TOWER OF MUSIC LOVER/くるり

ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER (初回限定盤)

ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER (初回限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2006/07/26
  • メディア: CD


RIJFでの(個人的には)ベストアクトだったと思われるくるり。
衝撃が強すぎて、ついアルバムも初回版を購入してしまいましたが、
今年何度も書いてますが、今まで聴いていなくてゴメンナサイな感じ。
この、良く聴いたアルバムの中にベストを入れるのは
ちょっとどうなのかと思ったりもするんだけど、
でも、これは例外ということにしていただきたい。
(誰に言い訳してるんだ)
今までの自分の中のいろんなイメージが突破されたアルバム。
ていうか、RIJFがすごいってことなんだろうなぁ。
あたしの間口は本当にあの3日間で広がったと思うんですよ。

どうしても入れたい次点としては、
・Circle/木村カエラ

Circle(初回盤DVD付)

Circle(初回盤DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2006/03/08
  • メディア: CD


すごいアルバムだと思うのです。Firstも
(っていうかsakusakuファンだからね!)
当然デビュー曲からずっと聴いてたわけですが、
このSecondはホントにいい!
捨て曲がまったくないし、全ての曲がキラキラしてるし、
当然クオリティが高い仕上がりになってるなぁと。
みんなカエラちゃんのこと好きなんだろうなぁって思うんです。
曲の良さもそうなんだけど、雰囲気とかきっとちゃんと「カエラちゃん」
を考えて作ってるよねってそういう感じがするんですよね。
ホントにカエラちゃんは歌も上手いし、カワイイし、

今までいそうでなかなかいなかったなぁと。
来年は写真集も出るそうなので、買っちゃいそうな勢いです。
大丈夫でしょうか?

てな感じー、来年もよろしくどうぞ!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

Caravan@SHIBUYA-AX 2006.12.23 [LIVE]

やっと実現できたSurf部初期メンバーでのCaravanライブ。
今回はあたしが仕事ギリギリまでで、もう無理かと思われたんだけど、
何とか無理矢理ぶっちぎって渋谷へ向かいました。
初めてだよーやっとだよーとか言いながら開場を待ってたんだけど
今回は雨が降らなかったね。Caravanの雨男も珍しく外れた。


Caravan tour 2006 FINAL “BLESS YOU” ということで。
ツアータイトルは“Music Save My Life”だったんだけど、最終日はイブイブというわけで、
 “BLESS YOU” という冠が付いておりました。
いつものようにCaravanが立つであろう隣にはランタン。メンバーの周りにはキャンドル。
でも、始まる前からステージが広いぞって感じがすごいしました。
広さ以外は、一ヶ月振りのCaravanなので特に新しさはないんですが。


実際始まってみたら結構新しい雰囲気。
Caravanの手書き文字と思われる文字と、車中からの映像が流れてスタート。
夕焼けの映像がなんだかとても綺麗で、波乗りに行きたいなぁと思いました。
(だって最近全然行けてないんだもん…)
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ(だよな?)を加えた編成になっててちょっと豪華。


このストリングスが入ることによって、音に広がりが出るんだなぁってすごい感じた。
先月も行ってるし、実はセットリストもあんまり変わってないんだけど(曲順は変わってる)
同じ曲でも響きが全然ちがうんだなぁって、逆にすごく新鮮でよかった。
『STAY』とか『Trippin' Life』とか久しぶりのもやってるんだけどね。


内容的には前回とあまり変わらないので、全曲一言コメントでお届けしたいと思います。


『Night Song』で今回もスタート。ゆっくりめなスタートというのもいいもんです。


『STAY』久しぶり!ストリングスとの調和も素晴らしい!


『Wagon』では、野音と同じくCOOL WISE MENの光風さんが登場して
トランペットを吹いてらっしゃいました。うーん。素敵。


『Trippin' Life』これもトランペット入ってるのが聴きたかったな。でもカワイイ曲調で好き。


『feed back』野音で聴いて以来、なんかすごく大切な曲になりました。いいなぁ。


『Music Save My Life』最近はずっとライブバージョンだけど、絶対こっちのほうがいい!
カメラいっぱい入ってたから、またDVDになるのかな?
これ入ってるといいなぁ。ていうか、入ってなかったら困るなぁ。


『旅について』は弾き語り。最近ちゃんと気が付いたけどCaravanギター上手いなぁ。


『モアイ』は、こないだと同じくチェロのナミさんとやってました。
やっぱスキだなぁ、この曲。早くセルフカバーしないかな。
あ、どうやら来年夏くらいにはアルバムを出したいといってたので
これも入らないかとひそかに思ってるんですけど、どうでしょう??


『Camp』は、出ると思ってた火がでた。でも思ったより数が多くてびっくりした。
でも、この曲盛り上がるからなぁ、ぴったりです。


『Bohemian Blues』アルバムに入ってる中ではあんまり好きなタイプの曲ではなかったの。
でも、ライブで聴くとすっごく映える歌なので、大好きです。
そして、ブルースハープがやりたくなる一曲。


『Simple』これも純粋に盛り上がる曲。掛け合いがもうすっかり素晴らしいね。


『Soul Music』珍しくアンコールじゃないところでさらっと出てきた。
さらっと出るからこそ引き立ったというか、待ってました!じゃないのもいいね。


『ハミングバード』これもストリングスと一緒にやってたんだけど、すごい幻想的。
やっぱりめちゃめちゃイイ曲だということを再確認。


アンコール一曲目は『Think』。アンコールで聴くのは初めてじゃないかなぁ?


二曲目は『FREE BYRD』。最近のアンコールは、やっぱりこれになったなぁ。


今回もダブルアンコールで『12月』。ここでまた映像が流れて、キャンドルと街の風景。
これもアルバムで聴いてるときは特になんとも思ってなかったんだけど、
歌詞をきちんと聴くととってもいい曲なんだよねぇ。


セットリストは以下の通り。


Night Song
STAY
Wagon
Trippin' Life
feed back
Music Save My Life
旅について
モアイ
camp
Bohemian Blues
Simple
Soul Music
ハミングバード


Think
FREE BYRD


12月


大体こんな感じだったような…。
終演後、*Merry Chiristmas*の文字と、John Lenonの『Happy Christmas』が流れてた。
そーだよね、明日はクリスマスイブだもんねぇ。


来年3月にはまた同じくAXにてライブの予定だそうです。
音楽と映像のコラボレートということでまた新しい趣向を取り入れる模様。
行きたいなぁ。でも最近また行きすぎかなぁ…とちょっと悩み中。
あんまり大好きでも何回も行くとマンネリしちゃいそうで避けたいんだけどねぇ、
次回は特別って言ってたからなぁ、気になるなぁ。
あ、全員にポストカードプレゼントだったのに、
あたしと相方ちゃん②は貰ってないんですけどー。
受け取り忘れたとかじゃないの!受け取ってないの!
呑気にビールを買って出てきた相方ちゃん①は手にポストカード持ってました。
Caravanが撮った海の写真のポストカードなの。
ほしかったー!!!!!


終わってから、あたしの新居で鍋を食べました。
なかなかいいイブイブでしたよん。
でも、来年はもっといい年になるといいなぁと。              


2006年版Best Tracks [音楽]

去年も年末にやってみたので、今年もやってみます。
独断と偏見で選ぶBest Tracks。
去年と同様、曲単位で5曲、アルバムで10枚で行きたいと思います。
ただ、去年よりも今年のほうがあたし明らかに雑多な趣味になってきたのと、
広く浅くなった感があるのと、音楽は今までより聴いていない気がするので、
前回よりも浅いような気がしますのでご了承くださいませ…。
では、行きます。


続きを読む


SAKURA@Motion Blue Yokohama 2006.12.16 [LIVE]

SAKURAのライブに行くのは今回が二回目。
前は、『シシラ』ツアーのときに行ったんだけど
それ以来ずっとタイミングが合わなくて行けなかったのです。


SAKURAがデビューした’97~’98くらいって、ホントにR&Bを歌う女子
(女子ってイマドキ言わないけど)がいっぱい出て大豊作だったんだけど、
いつもいつも書いてるけど、嶋野百恵とか、SAKURAとかの曲って
いまだに聴き返してもじんわり響いて、やっぱりすごくいいんです。
聴き返しても古臭くならないもん、ホントすごいと思う。


さてさて、Motion Blue。大好きなハコなのです。
前に一度ひとりで椎名純平を観に行ったんだけど
(因みに今年のMotion Blueの年越しは椎名純平ですってよ)
すっごく雰囲気がよくてねぇ。2ステージやるから時間は短いんだけど
それでもすごく満足して帰ったことを覚えています。


今回は、一度生SAKURAを観たいと言ったウチの弟と一緒に。
一人暮らしを始めて一週間になるので、弟に会うのもちょっと久しぶりだったんだけど
ウチは結構姉弟仲が良い方なので、なんか会ったらほっとしました。
因みに今回は土曜日2ステージ目に行って来ました。


SAKURAのことは前にも書いたけど
いい意味で生活が音楽に直結していない人だと思うのです。
SAKURAは今はインディーズでひとりで活動してて、blogとか読んでると
本当に一人の人としてというか、もう友達感覚に陥ってしまいそうなくらい、
いろんなことをさらけ出してるんだけど、それがそのまんま出ちゃうんじゃなくて、
ちゃんと昇華して出してる感じがするんだよねぇ。それがすごいなぁって。


結婚・出産・離婚・独立とか…そういう言葉にしちゃうと簡単だけど、
すっごく女の人としていっぱいの経験をしてきた人だからなのか、
サーフトリップしながらライブしたりとか、アロマやってたりとか…
あたしがやりたいようなことをいっぱいやってる人だからなのか、
スピリチュアルな方向性も持ってる人だからなのか、
とにかく本当に女神様みたいな、心のすっごく綺麗で
すごく奥行きがある人って言う印象がもうずっとあったんだけど、
今回のライブは本当に胸がいっぱいになっちゃって。


先にちょっともったいなかったなぁって思ったのは、
ギターと、プアリのメンバーだけだったから、ほかは全部Macで音出しするのね。
もう、ギターだけでよかったような気もするし、他の楽器も欲しかったような気がした。
でも、それを差し引いても、やっぱりすごいステージングだったのです。


SAKURAはblogで予告していた通り、ブルーのドレスを着て登場。
薄いピンクのネクタイをして、足元は同じく薄いピンク×白のスニーカー。
思ってた印象よりもちょっとふっくらしてたけど、それも可愛くて。
金髪の頭もすっごい似合ってて可愛かったです。


イントロからは全然わかんなくて、すうっと入っていった一曲目は、『I Believe』。
もう、この曲にどれだけ救われたかわかんないんだよね。
すごく辛いことがいっぱいあった時期に、よく一人で口ずさんだりしてました。
これをアコースティックバージョンでうたってて、もうホントに出だしからボロボロ…。
ホントに包み込むような、女神様みたいな歌を歌ってくれました。
ホントにこの一曲だけですごい胸がいっぱいで…。
でも、きっとSAKURAにとってもきっとこの曲はすっごく大事な曲なんだろうなぁって。
自分の夢に向かって歩いていくって言う歌なんだけど、
今のSAKURAにもぴったりなんだろうなぁって思いながら聴いてました。


つづいて、これも本当にあたしにとっては思い出の曲。『LOVE 4 REAL』。
これも、すっごくすっごく個人的には思い入れのある曲で、
当時のことを思い出しながら聴いてたら、またボロボロと…。
ウクレレを弾くSAKURAも本当に素敵で。ウクレレやってみたいなぁ。


…とまぁ、基本的にはずっと勝手に受け取りまくってずっと泣いてた感じだったんですが。
でも、ホントにすっごくいいステージだった。
年齢層もさすがMotion Blueということで結構高めで、
カップルとか、友達同士とか色々だったけど、すごいいい雰囲気で。


プアリのメンバーもどんな感じなのかなぁって思ってたんだけど思ってた以上に良くて!
唯一の紅一点…って男の人のときはなんていうのかなぁ…。
ドディーさんが非常に良かった!Musiqの『LOVE』をうたってたけど
ホントこの曲イイ曲だなぁ。大好きなんだよね、あたし。
こないだのオッパーラのBLACK JACKKで、D'greeもうたってたけどホント素晴らしいわ~。
あたしはD'gree版の方がスキかもだけど。でも、ドディーさん、いい声なんです。


Unlimited toneっていうヴォーカルチームが関西にあるらしくて
そのメンバーでもあるそうです。てか、それはそれですごいのさ、上新祐介さんとかも
そうなんですってよ!!前にSTYさんと一緒にやってた(よなぁ?)
岡田健次良さんとかもいるんですってよ。


mixiのSAKURAコミュの雑談のところに、ドディーさんのSAKURAとの
出会いって言うのが載ってるんだけど、それがすごい話で。
ざっと書くと、ドディーさんがSAKURAの『君のために』を聞いて感銘を受けて、
そこからギター買って、音楽を始めて。
ストリートミュージシャンとして、『君のために』を歌い続けて、
そしたら、SAKURAの友達が聴いてて、それをケイタイ越しにSAKURAに聴かせて…
って言うのが出会いなんだって。しかも、SAKURAのライブで、
「神戸で歌ってたん俺やで~!」って伝えたら、
SAKURAがそのときの話をいっぱいステージ上でしたんだって。
ちょうどSAKURAはアルバムを作ってて行き詰ってたときで、
すごい励みになったって言うエピソードらしくて。
すごくない?SAKURAがきっかけで音楽始めて、今や一緒に歌っててさ。
ホント、何が起こるかわからないけど、ホントに大好きなものは
大好きだって強く思い続けてることが重要なんだなって。
なんか、長くなっちゃったけど、そんな人が一緒に歌ってることにもすごく感銘を受けました。
因みに、ドディーこと土井康宏さんのサイトはこちら。


さてさて、戻りますが、『いつまでも』も本当にいい曲で。
SAKURAのデビューアルバム『daylight』に収録されている一番最後の曲で、
前に出したシングルのカップリングでもLIVEバージョンが収録されてて。
結婚式ソングとしても歌いたいってリクエストがあったり、
本当に愛されている曲なんだって。あたしもこの曲大好きなんだけど。
『~すべての人の心へ届け version~』は、SAKURAの独立後初めてのシングルで。
ものすごく気持ちこめて歌ってるってことがすごく伝わってきた。


あっという間に終わってしまったと思ってたらアンコールで、
『君のために』が一曲目。SAKURAも「みんなが聴きたいのはこの曲かなって思って」
って言ってたけど、やっぱりみんなこの曲大好きなんだね。
すごい染み入る一曲でした。


『peace of mind』っていう新曲も聴けました。
JICAの視察で来年ベトナムに行くらしいんだけど、大きいレベルでの愛を歌った一曲。
これまたすごいいい曲でした。来年の5/3にアルバムが出るんだって。
ホント、これまたすっごく楽しみです!!


最後は『sista sista』女のコに向ける曲といった感じで、
結構これもスキなんだよなぁ。最後に持ってくるなんて粋だわ。


一番印象に残ったのは、アンコールでレイを貰ってたんだけど、
レイがちょっと取れちゃったりしてたのね。
それを一つ一つ拾って、匂いをかいで、イスの上に載せたりしてて、
そういうしぐさが本当にとっても美しくって。
顔の綺麗さとかもホントに綺麗な人なんだけど、
でも、そういう一つ一つの行動もすごく美しくて、女性として見習わないとなぁと思った。


ホント、すごいいっぱいいろんなものを貰ったなぁって感じでした。
本当に大満足。幸せな気持ちでいっぱい。あったかい気持ちになれたよ~
でも、こういう素敵なライブがいっぱい観れる関西の人って羨ましい…
関西は素敵なアーティストがいっぱいいていいよなぁ…。


終わったあとに、SAKURA本人の手売りもありました。
緊張して殆ど喋れなかったんだけど…。
『いつまでも~すべての人の心へ届け version~』に、
SAKURAのサインが入ったCDを購入しました。
ホントはシングルは買わない主義なんだけども…。


新島WAXとかでSAKURA観たいなぁ…来年こそRIJとかぶらない事を祈ろう…。


若干順不同ですがセットリスト。


I believe
LOVE 4 REAL
IF YOU LOVE ME
Buddy to Boo~A.Pu'ah-li version~
Love(Musiq/Duddy solo)
いつまでも~すべての人の心へ届け version~


君のために
peace of mind(未発表曲)
sista sista


因みにMSNミュージックにレビューと写真が載ってます。是非。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

BLACK JACKK@江ノ島オッパーラ 2006.11.24 [LIVE]

鮮度の低いblog、SPARKLEでございます。
いや、引越しとか仕事とか立て込んでたんですよ。
忙しくて顔色も悪くなって死ぬかと思いました。今は元気です。


さて、本題。先月の末に江ノ島に行ってまいりました。
オッパーラって前から名前は良く聞いてたんだけど、実際に行くのは初めて。
実際に行ってみたらとってもいいところでしたよん。まったり。


イベントタイトルは、『BLACK JACKK』。オーガナイザーのタイラヨオさんは
ワンピース(マンガのほうね)とか、海賊とかそういうのが好きだそうで、
まさにそんな感じのカッコしてらっしゃいましたよ。
みんなスタンプを押されるんだけど、スタンプもワンピースのキャラだった。

今回はわが弟を引き連れて、クルマで行きました。
最悪途中で帰ってもいいかなぁとか思ったんだけど、普通に最後まで堪能しましたよん。


かなりたくさんのアーティストさんが出演されてたので、
一部ピックアップして書いていきますかな。
我々が到着したのは0時ちょい前。ドラムマニアというインストバンドが演ってました。
殆ど聴けなかったけどかっこよさそうだったなぁ。


次が、いまっぴぃずというファンクバンド(なのかな?)
イメージだけで言うと、Scoobie Doみたいな感じでした。
あと、CKBみたいにいぶし銀でものすごい上手いバンドに面白が乗っかってるって感じ。
すっごい演奏がかっこよくてさぁ。ホーンセクションの人たちがめちゃめちゃ良かった。
もったいないなぁと思ったのは、歌&MCの声が聞き取りづらかったかな。


タンノユウキさん。超かっこよかったです。
少年…じゃないや、今はスーパーチャンプル…か。を真面目に見てるあたしとしては
ダンスは出来ないけど観るのはホントに大好きなのです!!
イベントとかでもね、やっぱり合間にダンスとか入るのって
とってもいいと思うの。単調だったりする流れをがらっと変えられるしね。
いいなぁ、ホントいいなぁ。すっげーかっこよかったよ。なのに面白いよ!
顔もちょっと好きな感じだよ。素敵でした。
ダンスイベントとかこういうのを見てると行きたいなぁと思うんだよね。
人が何かをやるんじゃなくて、肉体が体を動かすみたいなそういうのが
ダンスの面白いところだと思うの。すっごい歌の上手い人も同じなんだけど。


DJで一番素敵だったのは、JAMさん。あーもうホントよかった。
すっごいあたしの好きな感じです!もうバッチリです!素晴らしい!!
ウチの弟も同意見。なかなかああいうのがイマドキのクラブでずーっと
かかったりとかはないんだろうけど(クラブなんかいってないからわかんない)
ああいうのだけがかかってるお店とかあったらずっといたいなぁみたいな感じ。
ソウルバーとか行ったことないけど、きっとあたし好きそうだなぁ。行ってみたいなぁ。


D'greeはもうホントよかった。こないだのWHITE PARTYのときもやっぱり良かったけど
声が持つ魅力みたいのがすっごいあったかいというかなんというか…。
オリジナルは勿論なんだけど、カバーの曲とか歌ってもやっぱり味が出てて、
カバーとか聴くとホントわかりやすいんだけど、ちゃんとカタチがあるんだなぁ。
前回のときにサウンド担当のお兄さんが後ろなのでもったいなかったなぁとか
書いてるんだけど、今回はそういえば前にいらっしゃいました。
目立つところじゃなかったけど。でも、兄弟でやってるっていうのも含めて
なんつーか素晴らしいよね。うんうん。もっといろんな曲聴きたいなぁ。


今回もS-key-Aちゃんを観にいったので、メインが27時くらいだったんだけど、
いやーホント毎回同じこと言ってると思いますが、今回もよかった!
なんかねー。しかもどんどん綺麗になって行ってて素晴らしいね。
女のコはやっぱり観られると綺麗になりますからね。
ライブもいっぱいやってて、どんどん上手くなってて、すごいなぁって思うんだよね。
きっとさ、色々大変だと思うんですよ。頑張らなきゃって言うのと、
ホントに大丈夫かなとか、普通に生きていくだけのほうがいいのかなって思ったりとか、
…って勝手に色々書いてるけど、夢に向かうって言うことを放棄したあたしとしては、
頑張って続けているって言う事実自体がえらいなぁと。
でも、実力もちゃんとあれば、続けてたら叶うのはホントに間違いないからね。
S-key-Aちゃんは絶対にそうなる人だと思うので、頑張って欲しいなぁ。
だってホントに打つような、いい歌歌うんだよー。


もう一個のメインイベント。STYさんの生歌を聴くの巻。
すっごいすっごいかわいかったです!!!!
オトナにかわいいとか言ったらいけないのかもだけど、かわいいが一番的確。
すっごい照れて歌ってたんだけど、それがまた良かった。
ウチの弟も「すげーいい」って言ってました。
iTunesにもあるから、それで予習はさせたんだけど「ホンモノのほうがいい!」って。
今回聴けた生『Sorry』はオリジナルと違って(リミックスというのかしら?)
これがまたすごいかっこいいトラックだったんですよ。
いや、希望を言えば『Sorry』に限らずなんでも聴きたかった!
でも、大満足!!!!
絶対歌うほうもやったらいいと思うんだよなぁ。
デモとかもすっごい良くて実際に歌ってないのがもったいないんだもん。
でも、ホントに始めて歌声を聴けて嬉しかったです☆


ラストはタイラヨオさん。『Hot Voodoo』もAKIYOさんと一緒ので聴けたんだけど、
D'greeのJr.さんとかS-key-Aちゃんとのコラボもあったりとか、盛りだくさん。
『You're My Friend』、いい曲です。耳に残るのね~。
なんだか綺麗で素敵な方でした。うんうん。


宏実ちゃんも今回お客さんで来てました。会って話したら、
あたしの高校のときの友達が宏実ちゃんとの共通の友達になるんだけど、
そのコが今月23日の宏実ちゃんのワンマンライブ(!)のコーラスで出るんだって!
宏実ちゃんもその友達も観にいきたかったなぁ…
その日同じく渋谷でCaravanのツアーファイナルなんだよねぇぇ。残念。


あと、STYさんにK.Iさんを紹介してもらいました。素敵な人だったなぁぁ。
STYさんとはホントにこういう場でしかお会いできてないんだけど
ほんっとーに素敵な人なのです。もう毎回ぽわ~っとなります、ホント。
すっごいいい空気のお方なのです。いいなぁいいなぁ。
ご飯を是非っていっつも言ってるんだけど、行けずじまいなのよね…
って、社交辞令かしら?STYさん、もしも読んでたら、来年こそは是非!!


全体的には、内輪ウケ的な要素もあったと思うんだけど、
performerのクオリティが高かったので、楽しめました。
ソファもあったから結構のんびり出来たし。
クラブ的なスタイルだとどうしても3時頃から辛くなるんだよねぇ…。


終わってすっごくラーメンが食べたくなったんだけど
朝の5時じゃなんもやってないよなーとか思いながらうろうろしてたら
そのうち6時近くなったので早朝からやってる杉田家で
ラーメン食べてから帰りました。なんか楽しかったなぁ。金曜の夜に久しぶりに遊んだ!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽