So-net無料ブログ作成
検索選択

JAMOSA@渋谷eggman 2007.4.1 [LIVE]

またも超今更ですが…。書きます。
色々たまってるから、あっさりめに書きますよ。
RHYMESTERの翌日は打って変わって小さい会場でのライブ。
初めて入ったけど、eggmanって普段ロックバンドとか
そういうのやってるところだよな?と思ったんだけど
入ったらバンドセットが組んであって期待も高まる。
うちらは一段上から見ることにしたんだけど、
それでも小さいハコなので全然近い!!
うちらの後ろにはiaと青山テルマちゃんが!!!
そんな感じでかなり後ろを気にしながら
開演を待っていたら始まりました。

あ、今回のはウチの弟がどこで買えばオトクか検討した結果、
TSUTAYA購入特典で当たれば行ける
ライブ付きが当たったのでご招待ライブだったのです。
ご招待だし、多分DJと一緒にやるくらいだと思ってたら
なんとバンドセット組まれてて、ホントにバンドが出てきた。
メンバーは、ギター・ベース・ドラム・DJ・コーラス2人。
あれ?キーボードも居たかね?覚えてないけど。
でも、すっごくよかった。
バンドで見れると思わなかったってのもあるけど。

まず、JAMOSAはすっごいクセのある声だし、
歌ってることもオブラートに包んだりとかしてなくて、
なんていうんだろ、一般的な歌(?)みたいに軽いコトバというか
そういうのを選んでないから、耳ざわりの良い言葉じゃないの。
だけど、だから来るときはすごい突き刺さるというか、
クセのある声なのにちゃんと何言ってるかは伝わるから
すごく言葉を丁寧に発してるんだよね、きっと。

セットリストは多分以下の通り。

Dream
BE WITH U
手紙
SO ADDICTED 247365
Reminiscing
My All
BANG BANG
BECAUSE OF U
言えないよ feat.CORN HEAD
U&ME

『言えないよ』では、CORN HEADが登場したり、
バンドセットで歌ってたり、かなり豪華でした。
『Dream』のうたうことに対する決意表明とか、
『U&ME』の儚さと強さみたいなこととか、
きっと実体験してきたんだろうなぁって言う深みがあって、
それがすごく響いたライブでした。

女のコのFanが多かったけど、分かる気がするなぁ。

終わったあと、後ろにいたiaと青山テルマちゃんと
握手してもらいました~☆
iaは他の人にだけど「703i」とか言ってましたよ!!
青山テルマちゃんに声掛けたら、「え?あたし?」と言われ、
「握手求められたの初めてですっごいうれしい!」
って言ってくれました。確かにデビュー前だけど、
でも、ホントに歌うまいし、売れてくれるといいなぁと思います。
「で、どっからデビューするの?」って聞いたら
ユニバーサルとのことでした。安心。
ホント、会場のサイズが全然違ったけど、
前日とはまた全然違って良かったです。大満足。

ONE

ONE

  • アーティスト: JAMOSA, JAY’ED, DABO
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 2007/02/28
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

RHYMESTER@日本武道館 2007.3.31 [LIVE]

体調が悪くて悪くてすっかりこんな時期になってしまいましたが
取り敢えず書きます。途中まで書いてたし。

歴史的なイベントになるんだろうなぁとは思ったけど、
本当にそれ以上だった。
SPRINGROOVEじゃなくて、こっちを選んで本当によかった。
とにかく絶対いいであろうステージをセレクトするのが
よく分かってるあたしってばGJ!って感じです。

九段下の駅に着いたら、普段武道館出口と呼ばれるところが
何故か封鎖されていて、しかも客層が違うなぁと思ったら
花見のお客さんが多かったからでした。
(ブレてるけど満開でやんす)

開演15分前くらいにやっと揃って入って行ったんだけど
そのときには既に全グッズが売り切れておりましたよ!

そして、18時きっかりにスタート。
美しいくらいにぴったりの時間でした。
スタートは、プロレスラーとかがかぶってる
フード付きのウィンブレみたいなやつ(赤・青・緑)。

JINさんからのスタートは最近の定番。
つづいてキングオブステージのサビ部分のみから
ベストに収録された『オイ!』。
ライブで盛り上がるために作った曲ということが
解説に書いてあったけど、すごかった。
演る方の気合もすごいけど、観る方の気合もすごいよ、これ。
スタートの歓声もそうだけど、この『オイ!』の
コール&レスポンスはすごい一体感。

つづいて、『逃走のファンク』と『耳ヲ貸スベキ』。
いきなりこれが来るのがいい!
なんつーかベストの出た後ってのもあるし、
記念すべき武道館だし、出し惜しみなし!頭から展開が豪華!

宇多丸師匠が「まるでメガマック、ギガマック、
そしてテラマックへ…みたいなね」。とか、
「メインディッシュしか出てこない」「ステーキばっかり十何枚も」
「正直うんざりするよ、最後にはもう早く終わんないかなぁって」
みたいなことを言ってたけど、実際18時きっかりに始まって
終わったのが21:30だったのでホントに大満足。
いや、当然内容もだけど。

『BIG MOUTH』シリーズも『現生』シリーズもまとめて聴けたし、
これはホントいい感じ。
ラストにセットリスト乗せますが、featuring artistsに関してもね、
決まった流れのモトに出てきたりするですよ。
今回の構成は今までのRHYMESTERのLiveの中でも一番。

fearuring登場第一弾はロマンクルー。
ROMANCREW blogでもALI-LICKがこのイチでの登場について
コメントしてたけど、きっといろんなこと考えて作ったんだろうな
って、そんなことを思ったらRHYMESTER兄貴の素敵っぷりに
改めて感動しました。結構素敵な兄貴っぷりは
いろんなところで書かれてるけど、
ホントこのタイミングでいろんな人が触れててやっぱり素敵。

個人的には今回のベスト5には入る次のゲスト。
MAKI THE MAGIC!『ビックウエンズデー』『ブレックファストクラブ』
の流れがもうホント素晴らしかったです!!
どっかでこのコラボを観たことがあるような気もするけど
見てないような気もするなぁ…。
でもなんかすごい感動した。生だ~!!みたいな。
「武道館でこの組み合わせだよ!」みたいなことを
宇多さんが言ってたけど、ホントすごいっすね。

まんま『リスペクト』流れで『隣の芝生にホール・イン・ワン』。
BOY-KENはもう何回観たかわかんないけど(笑)。
なんかこの流れが良かった。
次はFIRE BALLと『HEAT ISLAND』。ここまでが前半戦。

幕間のVTRが秀悦でした!ライムスターダイレクト通販!
すっごい安っぽい(褒めてます)通販TVみたいなつくりなんだけど
もう開演前には売り切れてたグッズの紹介で。
JINさんがT-Shirts、Dさんがタオル、宇多さんが扇子を。
宇多さんがblogでまだ内緒とかいう変な写真を載せてたんだけど
これのことだったのか~!とか思いながら爆笑。
カッコイイことやってるし、兄貴なのにこういうことやるのが
やっぱりいいんだろうなぁ。

第二幕は、歌モノ特集。
「今日はコーラスマシーンに徹しますんで!」
と、リーダーが怒ってたって宇多さんが言ってたけど(笑)。
一言のコメントも言わせない。
ホントに『勝算(オッズ)』の「ライムスター♪タッターラ♪」
っていうあのフレーズしか言わせてない。
しかもその歌と共にせり上がって来るんだけど、
曲が終わったら下がっていきました。ホントに何も言わせない。
「でも俺がいなけりゃ彼らはいないわけですから」
と、宇多さんが言ってたけど、ホントに今のゴスペラーズは
きっかけは宇多さんの紹介あってですからね。
希望を言うなら『ポーカーフェイス』が観たかった。
そんなの無理なんだけど。ベストバウトにも入ってないし(涙)。

さて、歌モノ第二弾は、これぞいつものFull Of Harmony。
絶対出てきてくれるのは分かってるんだけど、
どうしてこうも好きなんだろう。
因みに今回は、『ウワサの真相』のみ。いや、でも満足。
『LIFE GOES ON』も大好きだが!

HIROからのご紹介で出てきたのが、プシン子ちゃん!
初めて使われた回転扉からの登場でソファに座ってました。
PUSHIMは珍しくスカート(というかワンピース)姿でした。
前にウワサの真相ツアーのときは白いスーツにブラックベルト
だったのがすっごく印象的だったんだけど、
今回は紫のドレスにブラックベルト!!姐さん、素敵過ぎます。
今回、全体的に音があんまりよくなかった印象なんだけど、
PUSHIMのときが一番そういう感じしたなぁ。
ちょっとハウってたし…。唯一残念だったのは音かしら。

ココで一旦歌モノはストップ。
続きまして、あんまり売れなかったアルバム、こと
『グレイゾーン』からのメドレー。
『スタンバイチューン』『現金に体を張れ』『続・現金に体を張れ』
『911エブリデイ』『グレイゾーン』『WELCOME2MYROOM』
まで立て続け。あ、でも、『WELCOME2MYROOM』は
サビちょっとでしたかね、たしか。

そのあと「年をとってもカッコイイ」みたいなことを宇多さんが言って
登場したのは、剣さーん!!!と、愛子ちゃん!!!
勝手に清志郎???とか言ってたんだけど
大好きな剣さんのことを忘れていましたよ…。
すっげーノリノリ。そしてやっぱりみんなこの曲好きだね、
すっごい会場が熱くなってるのが分かったよ(笑)。
そして、今回は「アナコンダ」が「アオダイショウ」になってました。
いや~。武道館であのお下品なコール&レスポンス
も含め素晴らしかったと思います。
直前には『911エブリデイ』歌ってるのに。
この振れ幅とかがミリョクなんだろうなぁ、やっぱり。

そして、剣さんからのご紹介で、「音楽は素晴らしい!」
SCOOBIE DO!!『けしからん』とセットで行っておりました。
もうすっかり見慣れた感…っていうと感じ悪いな。
何回かステージ一緒にやってるだけあってもう息もぴったり、
焦りとかそういうのなんにもなくて、純粋に楽しそうで。
またけしからん扇子を忘れてきたおバカなもんで
後悔しておりました。『けしからん』もやっぱり盛り上がる曲だけど
SCOOBIEとの並びはホントにいい感じです!!

バンドモノ第二弾は、SUPER BUTTER DOG!!!
あー観たかったよ。復活したから、観れたらいいなと思ったけど
ホントに観れたよ…と、泣きながら観てました。
この曲さ、一昨年(だったかな?)のRIJFで一度だけ
共演してて、しかも会社に休日出勤してるときに
リアルタイムレポ読みながら、いいなぁいいなぁって思ってて。
ホントに観れてすっごいすっごい嬉しかった。

そのあと、みんなが泣いた、DさんのMC。
次の曲に繋がるMCなんだけど、ここに立ち会ってることが
ホントに歴史に残る日なんだろうなぁってこのとき思ってた。
Dさんが言ってたことは、「こんなところに立てるようになったけど、
始めからずっと残ってるようなヘッズはいるか?」って。
「オレらが一番欲しいのは何か分かるか?」って言ったときに
即座に「リスペクト!!」って客席から声が聞こえた。
鳥肌が立って、また涙が出てきた。
「お前のラップカッコイイなって言われることが一番嬉しいんだ」
「金じゃねぇんだ!付いてくるものとしては必要だけど
それが一番じゃない」モニターに映るDさんも
ちょっと目頭を熱くして。客席もホントにしーんとしてた。
ひとりが話すことに聞き入る一万人の画が、
ホントにドラマや映画のワンシーンみたいだった。

「求めるものは未だ変わらず、
与えるものは今も変わらず。リスペクト」
そして、あのイントロが流れて。
ニュー・アルバムのタイトルが「リスペクト」になるって聞いて
Qは、Rhymesterに何の断りもなく、勝手にリスペクト
をテーマにリリックを書いてきて…っていう
エピソードが有名ですが、今となっては本当にこのハイライトで
セレクトされる曲になって…っていうこの感じがねぇ。
この曲すごいスキなんだよなぁ。
パンチラインの応酬なんだけど、音が明るくて
なんかこのバランスの具合とかすごい好き。
因みに途中までQはあたしたちの席の隣に居たんだけど
関係者席はあるだろうに、色んなところに色んな人がいました。
明らかにすっごい緊張というか気合が入ってる(特にQ)
感じがしたんだけど、大舞台だからね。

つづいて期待通りの流れ。アキラさんの『「B」の定義』
『B-BOYイズム』『Apache』の三本立て。
アキラさん40も半ばなのにドリルとかやってたよ!
adidasのジャージもかっこよかったです。
TOKYO B-BOYSも相変わらずかっこよかったっす。
『Apache』のトラックってどうしてあんなにかっこいいんだろ。
なんだろう、血が騒ぐというか、わくわくするというか
とにかく上がるトラックなんだよね。

ここで、本編終了。
アンコール第一弾は「ライムスターがライブしにやってきた♪」
からの『WE LOVE HIP HOP』。アンコールのこの位置。うーむ。

そしてセクシィとの『ザ・グレート・アマチュアリズム』。
セクシィのギターがどれだけすごいのかを
今回のライブはかなり思い知ったなぁって感じ。
最近、音楽活動をちょっぴりしてたら、
音に敏感になったような気がする。セクシィはすげー。

続きまして!期待してました!
「YO,SHINE そろそろ始めようぜ」ぎゃああああ!!!!
みたいな地面が揺れるような大歓声。
ジブさんはSPRINGROOVE終わりで絶対来る!という
あたしの読みは当たってました!!!あーすごいすごい。
キングギドラが揃ってるの初めて観て、大興奮。
SOUL SCREAMは、HAB I SCREAMとDJ CELORY
だけだったけど、CELORYのblogを観たら、
E.G.G MANは事故の後遺症もあり、
今回のライブには参加できずと書いてました。

終わっても全然捌ける様子のないコッタちゃんこと
ケーダブと師匠のやり取りが生・第三会議室だったなぁ(笑)。

そしてもういっちょのバンド。Wack Wack Rhythm Band!
前にウワサの真相ツアーのときに出てきて、
FOHと一緒に『ウワサの真相』を演ったのは観たことあったけど、
『Wack Wack Rhythm Island』は初めて!踊り狂ったなぁ。
なんて幸せな曲なんだ。でも、この曲も音は呑気なんだけど、
歌詞では結構切ないこと言ってるんだよね、日々の悩みとか。

「これ以上盛り上げるには、もっと呼べばいいんじゃないですか?」
「呼んじゃいますか?」で、『ウィークエンド・シャッフル』!
客演でRIPが来たの、揃ったの初めて観た!
ただ、今回は、GAKUちゃんのみいない…また全員揃わず。
野音ではRIPいなかったし、今回GAKUちゃんだし、
この曲だけホントに全員揃うことないな。
因みにGAKUちゃんは、舞台・僕たちの好きだった革命の
大阪公演(だったかな?)の為、不参加。残念。
今回、GAKUちゃんのパートはJINの巻き物読み(というか歌い)
をしてましたが、歌詞は違ったような気がする。
PESくんのカッコとRYO-Zのカッコがすげー変だった。
いや、いつもあんな感じだとは思うけど。
でも、こう全員揃うとやっぱり決まったところを観るクセが。
あたしは、SUさんとKINちゃんとKREVAしか観てなかった。
他の人の記憶があんまりない…。
でも、ずっと気になってたLITTLEが元気そうでよかったです。
そして、あの場で確信したのはKICKの復活は絶対無い!
何でかって言うとですね、曲の後半、KICKの3人が
横並びで並びそうになったのね、そしたらKREVAが一歩引いて
違うほうに行っちゃってましたからね。この目で確かに見ました。
童子-Tに向かって「FGじゃねぇ」の連呼もウケた。愛だ。

ここでまた全員退場。
もう一回のアンコールは、3人それぞれのMCが入って、
「俺たちは止まらない、ラストチューン行こう」と
落ち着いた師匠のMCの後に『And You Don't Stop』。
すげーかっこいい流れ。
この曲古いけど、ベストに選ばれたくらい
やっぱりライブでも演ってるし、いい曲だよなぁ。

そして、締めの曲は『キングオブステージ』。
あれだけ大勢がステージに居ても、それが終わってから
きっちり締められるこの3人はやっぱりすごいと思った。
キングオブステージって自ら名乗るだけのことはあると思った。

そして『働くおじさん』のサビ。やっぱりこうやって
ずっとRHYMESTERにヤラれっぱなしなのは
この振れ幅なのかなぁって改めて思った。
この曲がラストに来るのがやっぱりらしさだなって思うし。
でも、ちょっと笑っちゃうような、でもかっこいいみたいな。

ほんとにこの場に居られてよかった。
なんていうか、目撃したっていうことが本当に嬉しくって、
この場に集まった人がみんな楽しかっただろうなぁって、
そういうライブに立ち会えたことが本当に幸せな日でした。

既に決定しているDVD発売(7月)が今から楽しみです!

以下、セットリスト。

JIN-TRO:THE GATE OF THE ISLAND
キングオブステージ(サビ)
オイ!
逃走のファンク
耳ヲ貸スベキ
Walk On-Hey,DJ JIN PART2-
ライムスターイズインザハウス
BIG MOUTH
BIG MOUTH2 1
BIG MOUTH2 2
紳士同盟 feat.ロマンクルー
ビックウエンズデー~ブレックファストクラブ
feat.MAKI THE MAGIC
隣の芝生にホールインワン feat.BOY-KEN
HEAT ISLAND feat.FIRE BALL

ライムスターダイレクト通販VTR

勝算(オッズ) Session with ゴスペラーズ
ロイヤル・ストレート・フラッシュ
ウワサの真相 feat.F.O.H
The Blackbelt feat.PUSHIM
スタンバイチューン~現金に体を張れ~続・現金に体を張れ~
911エブリデイ
グレイゾーン
WELCOME2MYROOM(サビ)
肉体関係 part2 逆feat.横山剣&菅原愛子
from CRAZY KEN BAND
音楽は素晴らしい feat.SCOOBIE DO
けしからん feat. SCOOBIE DO
This Y'all That Y'all Session with SUPPER BUTTER DOG
リスペクト feat.ラッパ我リヤ
「B」の定義 feat.CRAZY-A,DJ BEAT & TOKYO B-BOYS
B-BOYイズム feat.CRAZY-A & TOKYO B-BOYS
We Love Hip-Hop
ザ・グレートアマチュアリズム feat.竹内朋康
口からでまかせ feat.キングギドラ,SOUL SCREAM
(HAB I SCREAM,DJ CELORY)
Wack Wack Rhythm Island
feat.WACK WACK RHYTHM BAND
ウィークエンドシャッフル feat.FG(除・GAKU-MC) & 童子-T
And You Don't Stop
キングオブステージ
働くおじさん(サビ)
メイド イン ジャパン~THE BEST OF RHYMESTER~(初回生産限定盤)(DVD付)

メイド イン ジャパン~THE BEST OF RHYMESTER~(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: RHYMESTER, クレイジーケンバンド, F.O.H
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 2007/01/31
  • メディア: CD






ベストバウト~16 ROUNDS FEATURING RHYMESTER~

ベストバウト~16 ROUNDS FEATURING RHYMESTER~

  • アーティスト: RHYMESTER
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2007/02/23
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽