So-net無料ブログ作成
検索選択

米倉利紀@Mt.RAINIER HALL 2011.8.30 [LIVE]

OTODAMAから一ヶ月しか経っていないものの、
距離感が大好きなMt.RAINIER HALLだし、
またカバーということで楽しみに行ってまいりました!

毎回のことながらわが母と一緒に行ったんだけど
Mt.RAINIER HALLの目の前で「映画館の前なんだけどー」
というくらいの方向音痴なので、仕事をとっとと切り上げて到着。

OTODAMAの内容を踏襲しているものではあれど
また新たな曲もやってくれて良かったです。

続きを読む


福岡に行ってきましたよ 2011 3日目 [旅行]

この日のために来た!の福岡旅行。
肝心のDreams Come Trueライブはこの日の夕方ですが、
この日もそれまで遊びます。

この日はパパもお休みということで、家族にすっかりお邪魔スタイル
が、ちょっとだけお仕事に行くということで、私たちはキャナルシティ博多へ。
良くいろんな人がライブやるところだ!とひとしきり興奮した後は、
ちょこちょこお買い物したり。子供たちはお小遣いで買うから!とおもちゃ買ったり。
超暑かったので、子供たちは水遊びをしていたよ。羨ましい。
s写真 1.jpgs写真 2.jpg

続きを読む


福岡に行ってきましたよ 2011 2日目 [旅行]

子供たちに起きてー!!!と言われて起床。
久しぶりに会う子供たちは相変わらず元気!
生まれた時から知ってる二人なのでおばちゃんの気持ち。
朝ごはんは彼女に作ってもらって、まだ暑いので目の前の海へ。
裏の海がももち浜というところで、今回行く福岡ドームも見える!近い!
P8061358.jpg
s写真 1.jpg

続きを読む


福岡に行ってきましたよ 2011 1日目 [旅行]

私の親友の一人が福岡在住で、いつか行ってみたいなと思ってたところ
ドリカムコンサート、今回福岡に遠征しちゃおう!
ということを思いついて、福岡行きを計画。

ドリカム福岡公演は普通の土日ということで、
宿泊は友達の家に泊まるということで交通手段だけを検討。
金曜日の夜に出発、ライブが日曜ということもあって、
帰るのは月曜の朝だな、ということで。
交通手段もあんまりやったことないことしたいなーと思ったので、
金曜日の夜の新幹線で福岡まで行き、帰りは朝ということもあって飛行機。

続きを読む


Dreams Come True@Yahoo! JAPAN ドーム 2011.8.7(ネタバレあり) [LIVE]

2010年代初めてのワンダーランドはまさかの福岡遠征。
1999年からずっと一緒にワンダーランドに行っている
(いや、ワンダーランドだけじゃなくて毎年のライブも行くけど)
親友が転勤で今年から福岡に引っ越し、
私は別で東京公演とるべかね、と思ってたらやはり取れず。

親友の「じゃあ福岡来ればいいじゃん」の一言に乗っかって
ついに遠征することに。しかも旦那さんは家に置いてきた。
ほんとに仕事が超忙しくて、やっと土日のお休みを何とか確保。
弾丸で組んじゃったので、それ以外のお休みは当然取れず、
金曜最終の新幹線に飛び乗って、行ってきました。福岡博多!!
しかもチケットが取れたのは日曜日ということで
これもしかしてその日に帰れなくない?
ということで月曜朝、福岡から会社直行コース。
(実際はPM4:00開始、7:00終了だったのでぜんぜん帰れたが)
でも、福岡も満喫できたので超いいリフレッシュになりましたよ。
(これはまたおいおい)

さて、ヤフードーム。なんと親友の住む家からチャリ圏内とのことで
ほんとに自転車に乗って行くことに。地元民のようだ。
前々から、ドームは嫌い、音が悪い、ドーム公演は行かない、
といい続けていたのにすっかり忘れていたけれど、
ヤフードームは当然ドームだった。
事前情報で、ちょっと開いたりするよ、あそこ。
とは言われていて期待してたんだけど、そんなことはなかった。

…が、今回私たち、アリーナ席だったんですよ。
それは聞いてたんだけどたいしたことなかろうと思ってたんだけど
s__.jpg
なんと、ど真ん中。ステージからの距離も遠いとは思わなかった。
結論から言うと、ど真ん中の席に座っている場合、
音の反響がぶつかって帰ってくるわけじゃなくて
直接前から来る音を聴けるので、さほど問題ない!
いや、ドームだから音質に関してはたいしたことないけど、
反響して来た音を聴いてるのって結構ストレスだから
私としては本来野外派なんだけど。東京公演は外ですからね。
でも、福岡って東京と違って超蒸し暑い&日が長くって
コレは屋内公演で良かったなあなんて調子のいいこと思った。

あ、因みに前回一緒に行った彼女の娘は既に小学1年生。
下の子だって既に4歳。月日が流れるのは早いもんです。
今回は「大人しかいけない」という嘘をついたらしく(笑)
二人で行くことになりました。

前日にグッズのサイリウムは購入、(ほら、近いからね)
当日は直前に出かけてもばっちりでした。
ワタシ、ワンダーランドの頃って大体落ちてることが多いんだけど
今回はさほどでもない気がするなあ。
強いて言えば激務に腹立てて辞めたいモードなくらい。

例年通り『A theme of the WONDERLAND』がかかって登場。
こういう確実なものってどうしたって上がってしまう。
ステージ中央に現れた美和ちゃんはやっぱり泣いてて
もうこの段階で毎回のことなのにこちらもどうしても涙腺が緩む。

あとでセットリストは載せるけど、今回曲を選ぶ上で
凄く選曲に気を遣ったんだろうなって、なんとなく思う。
悲しい曲は選んでないんだよね。
これだけの曲数をもっているから出来ることでもあるけど、
ワンダーランドのその年に震災があって、
そういったことも踏まえてのセットリストなんだろうなあって。

あと、美和ちゃんにとっては「あれから」4年ってことなんだよね、
それも思うと曲のいくつかには本当に色々思ってしまう。
美和ちゃんの歌い方がこちらに伝わってくるんじゃなくても
こちらが勝手に色々思って感じてしまうというか。

今回そういうこともあって『ねぇ』『TRUE, BABY TRUE』
あたりが涙腺決壊ゾーンだったなあ、うん。
隣をみると親友も同じところで泣いていて、
終わったあとにあそこは泣けるよね、そりゃあね。
という話になった。さすが20年来の付き合いだ。

あと、今回は『Ring! Ring! Ring!』でチャリ乗ってたよ~!!!
当然私子供だったからいけてないけど、’95の移動遊園地を
髣髴とさせるテンション上がりまくるステージだったー!!

あ、メドレーで『太陽が見てる』を聴けたのも良かったなー
ウチの旦那さんが一番好きな曲だと言ってたけど
そもそもあたしも今まで生で聴いてたかね?とかおもってたから
コレで自慢が出来るわーと思った(笑)。

あとは昔から大好きな『The sings of love』も
ハイライト的演出でみられたのが凄く嬉しかった。
白いキューブの中から、紫色(!)のドレスを着た美和ちゃんが
凄く高いところまで上がって行きながら歌ってました。
今回の演出、高いところに行くとか、飛び回るとか
ほんとにそういうのがすっごく多いんだけど、
本人がそういうの大丈夫な人じゃないとぜんぜん無理だよね。
コレがほんとに今まで以上に凄く近く感じられて、
ファンとしては嬉しい限りでございました。

一番凄いのは会場中を飛び回った、『うれしい!たのしい!大好き!』
で、あんなに速いスピードで飛んでるのに、
良く声がぶれないもんだなあと感心してしまいました。

しっとりピアノアレンジで聴けた『あの夏の花火』も素晴らしかった。
今回、最初から最後まで本当に美和ちゃんの声は出てなくて
かなり辛そうだったんだけど曲によっては全然問題ないのもあって
この曲は特に凄くいい声で聴けたのでした。
ていうか、室内でもあのくらい花火できるんだなーとか
妙なことに感動したりもしました。

そういえば地域の物を売るコーナーもあったはずなんだけど
その存在に気づかないまま帰ってきてしまいました(笑)。
帰りには一人1本、ポカリ(しかも冷えてた)を配ってて
大塚製薬さすがやな、といった感じでした。

ほんとに今回わざわざ福岡まで行った甲斐はあったと思う。
次は美和ちゃん50歳か…。
また次も福岡遠征でもイイかも。福岡いいところなんだもん!!

A theme of the WONDERLAND
何度でも
朝がまた来る
その先へ
大阪LOVER
Eyes to me
晴れたらいいね
時間旅行
眼鏡越しの空
生きてゆくのです
CARNAVAL~すべての 戦う人たちへ~
FALL IN LOVE AGAIN
空を読む
ねぇ
Ring! Ring! Ring!
TORIDGE & LISBAH
サンキュ.
POISON CENTRAL
TO THE BEAT, NOT TO THE BEAT
a little waltz
銀河への船
The sings of love
opening theme ~the monster is coming
FUNKA-MONSTER
LIES, LIES
THE ONE
この恋はハードボイルド
make me your own
太陽が見てる
JET!!
決戦は金曜日
IT'S SO DELICIOUS
うれしい!たのしい!大好き!
TRUE, BABY TRUE


LOVE LOVE LOVE
未来予想図Ⅱ
あの夏の花火
またね

THE SOUL FOR THE PEOPLE ~東日本大震災支援ベストアルバム~

THE SOUL FOR THE PEOPLE ~東日本大震災支援ベストアルバム~

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: NAYUTAWAVE RECORDS
  • 発売日: 2011/06/29
  • メディア: CD

米倉利紀@OTODAMA SEA STUDIO 2011.7.22 [LIVE]

お久しぶりの更新です。先月のライブの話だけど…。
毎年毎年暑くてしょうがない逗子OTODAMA。
が、この日は本当に涼しかった!
都内から湘南新宿ラインで向かう途中から寒かったもの。
(湘南新宿ラインはクーラー効きすぎでそもそも寒いのだけど)

とりあえず年齢層もぐんぐん上がってるわけですし(笑)
涼しい中でみられるというのはいいものですね。
s__.jpg
今回は、コーラスなし、キーボード&ドラムとのトリオ体制。
天倉さんともすっかり息があっててこの組み合わせも良いです。
3人揃ってこの日のみのグッズにもあるヨネちゃん本人の描かれた
T-Shirtsを着ておりました。うける。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。