So-net無料ブログ作成
検索選択
結婚への道 ブログトップ
前の10件 | -

結婚しましたハガキ [結婚への道]

旦那さんはデザイン関係のお仕事をしていることもあって、
結婚に関わる紙モノ作成は全部押し付け…
いやいや、作ってもらおうと思っています。
ほら、適材適所といいますし、あたしはそういうの向いてないし、
何よりも彼氏さんが紙モノに関してはやる気満々なのです。

ただ、それぞれにまつわるいろいろを調べたりとかは
やっぱりあたしの仕事かなぁと思っていたりするので、
いろいろと調べたりしています。

続きを読む


入籍しました [結婚への道]

2009年4月29日9時45分、入籍しました。
今日になっても電話はかかってこないので、
多分無事に受理されていると思われます。

前に、いつ書くんだー?とか書いたけど、
結局一週間前どころか、4日前に彼の家で書いて、
そのあと翌日にウチの実家で書いて、そしたら間違えた…
ので、前日の朝にきちんと受理されるように、
区役所で確認してもらって。

続きを読む


会社関係への報告の話 [結婚への道]

結婚の報告は、ごく周りの人にしか伝えてなくて、
この期に及んで(もう2週間前だっつーの)
部署の人にもきちんと報告してるのは、上司と他数名と言う状況。

会社的なことをいうと(お相手もフロアまで同じ階なもんで)
あたしの方が社歴も長いし、会社に知ってる人が多くて
あたしと彼が結婚すると言うのは、彼にとっては、
「yenさんの旦那さん」という肩書きになってしまうことを
申し訳ないなぁと思っています。しょうがないんだけどね。

続きを読む


素朴なギモン [結婚への道]

婚姻届は、3月の末に実家に行ったときに、
戸籍謄本とともにとって来ました。間違えてもいいように2枚。
あたしたちの場合は、あたしが今住んでいるところの区役所に
婚姻届を提出の予定なのですが、彼の本籍がたまたま
今あたしの住んでいる区なので、彼の本籍に入れてもらうことに。
なので、彼は住民票を持ってくる&移し変えるのみなのですが、
結婚まであと2週間ちょっと。

婚姻届っていつ書くの??

あたしはせっかちなので、早くこういうことは済ませたいんです。
証人はお互いの父親にしてもらうので、
お家に行かなくちゃ行けないし、その前にはあたしたちの分は
もう書いておくべきじゃないかと思うんだけど、
彼は「1週間前とかでいいんじゃないの??」だって。
のんきなモンだよー。あたしは早く書きたい。

ので、日付だけ書かせてもらいました。
早く済ませたいんだよー。
090406_2337~01.jpg

でも、この2週間前になって、
別れたいわけではないんだけど、ストレスが溜まってるのか、
ちょっとしたマリッジブルーです。
本当に結婚していいんだろうか…。
ていうか、結婚してから離婚するのとかやだなー。
でも、結婚するってことはさ、
相手のこの生活リズムとか習慣を認めざるをえないんでしょ。
いろいろ腑に落ちてないところはいっぱいあるんですけどね。

結婚指輪をつくります [結婚への道]

連休の初日にまたバーニーズに行ってきました。

あ、そうそう。上からぐるっと回ってみたんだけど、
横浜店最上階の7Fにはブライダルのコーナーがあって。
あたしたちは普通の結婚式じゃないから関係ないんだけど、
親戚とかがもしくれたときにとか言って、ブライダルギフトを物色。
ギフトカタログも見てたんだけど、すっごい素敵!
あたしが欲しいくらいですよ。いいなーこれ。誰かくれないかな。
この中にあった、アクセサリーボックスがかわいくて、
いいなぁといってたら、彼が
「これをホワイトデーのお返しにしようっか。」と言っていた。
あたしホントはエプロンが欲しかったんだけど。でもいいなぁ!

続きを読む


婚約指輪♡ [結婚への道]

前に書いてたの届きました。とはいえ、もう先月の下旬ですが。
会社の同期の友達の結婚パーティにしていったきりで、
ほんとにしょっちゅう使うものではないんだなぁとも思いますが。
ホントは会社にしていきたいくらいだけど、
ま、まだみんなに報告できてないし、如何せん華奢。
普段の生活でつけてたら、なんか壊しちゃいそうで不安だもん。
でも、彼の株が上がるでしょうし(笑)、報告してから、
何度かはつけて行きたいなぁと思っております。

でも、上がってきたものを見たら、
本当にあたしのためにあるものって感じがして、
すごいいい気分になった。そもそもカワイイ。ほんとにキラキラ。
ていうか、思ってたよりもちょっとだけダイヤが大きくて。

続きを読む


2009初おみくじ [結婚への道]

こないだの土曜日、フットサルだといって浅草まで出て行った
彼氏さんの終わり時間を見計らって、あたしも行くことに。
ま、浅草なんだかんだで結構行ってる気がするんですけど。
おみくじをまだ今年は引いてなかったなと言うことで、
浅草寺に行くことにしました。

初デートは自由が丘で待ち合わせたのに、
いきなり浅草寺まで連れて行かれたんですよ。
そういう意味でも縁深いところではある。
そのときと同じ団子を食べてみたりしたものの
初デートの時とは全く気の持ち方が違うけど…。

続きを読む


激励 [結婚への道]

前々からちょくちょく書いては居ますが、
あたしには、小学校からの親友(♂)が居ます。
お互い28歳になっても、相手が居なかったら
冗談半分で結婚しようといわれたのが21歳のとき。
つかず離れずというか、まぁずっと何らかのタイミングで
会って話したり、相談したりとか。
もう小学校の頃からの付き合いなので、
単純によき理解者であるというのが的確かも。

今年28(あたしは早生まれなので27だが)を迎えるので、
もうそれもそろそろなんだよね、実は。
口約束だから覚えてたのかどうかもわかんないけど。
でも、結婚が決まったときからずっとタイミング見つけて
きっちり会って話がしたかった。
どういう反応するのか見たいというのもあったけど。

会ってすぐ、お店に入って座ったら、
「で?話ってなに?お前の話だからどーせ長くなるべ?」
と、言われました。
「いや。超短いんですけど。結婚することになりました。」
と、報告。彼は絶句していましたが、その直後
「想像してなかったー!おめでと。良かったな。」
と、言ってくれました。

この人は、あんまり根掘り葉掘り聞いてきません。
「写真は?」って言うのと「仕事は?」だけ。ラクだ。
写真見て「よさそうな人でよかったな」って言ってた。
実際は全然そんなことないんだけど(怒)。

「ハワイで結婚式やるから、何にも出してあげないけど
旅行がてら来たら?そうでもないと海外なんて行かないでしょ?」
というと、「そしたらお前の家族全員知ってるから、挨拶回りだな」
とか言ってました。「ま、ハワイは大げさだけど、国内で
帰ってきたらちょっとしたパーティしたいと思ってるから、
それには来てよ」って言ったら「分かった」と言ってたけど。

「でも、ひとつだけ言わせて。
真面目にやることも、全てに毎回答えを出そうとすることも、
それはお前のいいところでもあるけど、何事も、もうちょっと
アバウトに受け止めることも大切だから。」と言われました。
なんかすっごく肩の荷が下りたような気がした。

確かに最近のあたしは怒りっぽいだけじゃなくて
とってもストイックになっていたような気がしてたんだった。
もともと洗濯モノが溜まってることが許せなくて、
洗濯を何回もしたりとか、掃除に関してはマメに
(クイックルワイパーだけど)掛けるようにしてたりとか、
お風呂掃除とゴミ捨ては彼の仕事だって決めたけど、
おトイレ掃除は週に一回は絶対やるようにしてるし、
お皿洗いだってあるし(彼が食べることが少ないが)
実際はいつもあたしのほうが早く帰るし、
やったほうがいいなと思ってなんとなくやったりとか。

でも、当然会社から帰って、彼が帰ってくるまでの間に
それは全部やってるもんだから、当然彼は知らないわけで。
あたしからしたら、彼はもともと実家暮らしから二人暮らしだから、
あたしの苦労は知らないんでしょ?っていう不満と、
あたしのほうが早いから全部やってるけど、
でも働いてるのはお互い様なんだから
ちょっとくらい手伝ってくれてもいいんじゃないかって思ったり。
(実際は暇なときにお皿洗いとお風呂掃除はやってくれますが)

そんな愚痴を話したら、
「ありがとうって言ってもらうことを期待してもしょうがないし。
無償の愛っていうけど、それってホントに難しいことだから。
考え方を変えて、たとえばだけど…
片付けやるのは自分が綺麗な部屋に居たいから、とか
そういう風に思わないと後々ツラくなると思うよ」と。

「俺も結婚したことないからわかんないけど、
結婚は楽しいなんてことだけじゃ絶対無いから。
それでもやるんだから、一緒に居るって決めたら、
どんな些細なことでもコミュニケーション取って、
理解しようと思っても完璧になんて理解できないから、
ちょっとずつ近づくしかないんだよ、きっと。」
と、言っていました。同感だし、納得。
なんか胸にあったつかえが取れた気がした。

どうしてあたしはこの人に言われると、腑に落ちるんだろう。
やっぱりそういう意味でも、理解者だなと思った。
あたしが思ってることのカケラを話しただけで、
すんなり受け入れられる言葉が返ってきた。
ま、あたしにはこういうブレーンが何人か居てくれるので、
そのたびに掬われてるわけですが、彼もその一人だった。
あまりに久しぶりすぎて、こんな当たり前のことを
ちょっと忘れてたけど、やっぱり友達は大事だなぁと思いました。

やっぱり腹が立つことはいっぱいあるんだけど
(多分ちょっぴり最近淋しいんだと思う)
でも、言われたことを咀嚼して覚えておこうと思った。

この話にはまだ続きが。長くなるのでまた次回。

2つのゆびわ [結婚への道]

結婚指輪に軽く揉めてみたり、
婚約指輪はいらないんじゃないかと思ってみたり、
いろいろとしていましたが、顔合わせの後に、
そこから近かったので、またバーニーズに行って、
前に物色してた婚約指輪を決めてきました。

ていうか、そんなに言うなら、って
前日にあたしが宝石といえば御徒町だから
一度行ってみようといって、乗り気じゃない彼を連れて
行ってきたんだけど、なんだか悲しい気持ちになっちゃって。

前にバーニーズに行ったときに、全てオーダーが入ってから
作るようにしているという話があって、そのときに
こういうものだから、アリものでサイズ直しで切ったりとか、
そういうのは良くないということで、全てオーダーで作っている
という説明があって、すっごく腑に落ちたので、
御徒町に行ったときに、たまたますっごくいい指輪があって、
それをオススメされたんだけど、なんか違うなって。
アリものだし、試着したりもしてるものだし、
特別感がないのがなんか淋しくなっちゃって。
モノのよさはきっと間違いないのも分かるんだけど、
グレードも凄く高かったんだけど、でも、違うなって言って、
結局御徒町は一軒で断念。

ホントに婚約指輪に関しては高いものだし…の割には、
実際毎日するものじゃないから、
やっぱり本当に必要かといわれれば、それほどでもないので
申し訳ない気持ちのほうが大きくて、頂かないつもりでした。
ただ、顔合わせの日にもママさん&お姉ちゃんから
「絶対にあげなさい」って彼は念押しされていて(笑)、
ずっとあげたいと言ってくれていたので、
結局はお言葉に甘えることにしました。

やっぱりいろんなところで見たんだけど、
(それこそヴァンクリフとかティファニーとかカルティエとかね)
あんまりピンとこなくて(そもそもあたしブランド志向じゃないので)
一番最初に見に行った、バーニーズのオリジナルの指輪が
やっぱり一番良かったよなぁって思って。

凄く華奢な指輪で、ダイヤモンドが一個乗っかってます。
爪ありのオーソドックスなタイプにしました。
えっと。ソリティアだったっけか?
ホントは爪なしの普段からつけられそうなカワイイのにしようって
何となく思ったんだけど、ことごとく似合わず。
爪ありの華奢なタイプを試しにしたらすっごくしっくり来て。

で、いろいろ見てもやっぱりこれっていうのは変わらなくて、
前にお店でオススメされたものよりはグレード下げたんだけど、
それでも、もともとの予算より絶対高かったと思うんだけど、
結構いいものになっております…。

でも、すっごく嬉しかった。
モノが届くのは来月の下旬になる予定なんだけど、
“自分のため”のものであるということが嬉しい。
彼が嫌な顔ひとつしないで、いいよって言ってくれたことが嬉しい。
「言われたからとかじゃなくて、あげたいと思ったから」
って言ってくれたことがホントに嬉しくって。
自分の持ち物の中でこんなに高いものはないので(笑)、
本当に大事に、宝物にしなくちゃなぁと思います。
届いたらまたすっごい感慨深い気持ちになるんだろうなぁ。

その直後。クリスマスイブイブの日に、
「やっぱりクリスマスプレゼントはあげたいと思ってて、
結婚指輪はまだ先だし、婚約指輪は毎日つけられないし、
なんか普段からつけられる指輪を買おう」と言われました。
週末に見に行こうって言われてたんだけど、
クリスマスイブの日に定時ちょいで会社を上がって
突然「今日行こう!」って言われて、出かけてきました。

値段もそこまでべらぼうに高くないものがいいだろうし、
欲しい指輪って言われたときにパッと浮かんだのが、
あたしが欲しいゴールドアクセサリーといえば、Tiny。
でも、前々から何度も見てるけど、
指輪であんまりピンと来るのはなかったので
(むしろブレスレット欲しい)

次に思いついたのは、jupiter。
今まで一度も買ったことはないけどずっと気になってたので。
で、自分は華奢なデザインのほうが似合う気がしてきたので。
って言うか、日本人の女子はみんなそうなのか?
実際ネットでは見たりしてたけど、つけてみないとわかんないし。

でも、見に行ったら2種類いいなぁってのがあって、
ひとつは、ハートの形のトパーズが入ったリング。
もうひとつはダイヤモンドが入ったリング。
どっちもすっごくかわいかったんだけど、
彼に選んでもらおうと思って「どっちかねぇ?」とか言ってたら、
ダイヤモンドのほうは周りが波をイメージしたといって
お店の人が言ったのを聞いて、「これー!!」って
お互いが言って、速攻決まった(笑)。
10281837_4906dd3cb8b6f.jpg
その波のイメージってのが、手触りとしてはよくない(?)んだけど、
そんなの関係ないっす。
寝るときにつけたりするとむくみすぎでひどいんだけど、
でも、ほんとにカワイイのー!!!
すっごい嬉しい!!!
↓あんまり綺麗じゃない&むくんでる手ですがこれ。081229_0919~01.jpg

でも、やっぱり一番嬉しいのは彼の心意気が嬉しいのです。
今だけだったらやだなー(笑)。

涙・涙の顔合わせ [結婚への道]

週末に顔合わせの会合を開きました。
結納とか、そういうことをするつもりはあたしたちも思ってなくて、
親もそこまでこだわってないということで、取り敢えず顔合わせを。
とはいえ、もう一緒に住み始めてから1ヵ月半くらい経ってるので、
(当然なんだけど)あたしは彼と同じ家から出てくるし、
それぞれの両親とは現地で会って。みたいな。
変な感じですが。でも、もう既に自分の家族と一緒に居るより
彼と二人で一緒に居るほうが自然な感じがする。
あたしの場合は既に2年前に一人暮らし始めてるから
尚更なんだけど。彼がどう思ったかは知らないですが。

日曜日のお昼。場所は鎌倉山@関内。
横浜とかもあるんだけど、路面店(と言っても地下だけど)
のほうが何となくいいんじゃないかと思って決めました。
場所決めるときもこういうのは懐石だろうとかいろいろ思ったけど、
自分たちが食べたいものを食べないと意味ないじゃーん。
と言うわけで、一度は食べてみたかった鎌倉山の
ローストビーフを!と言うことになりました。

結果的にはこれが凄く良かった気がする。
彼のおばあちゃんの米寿の会が2週間前にあったんだけど、
ママさんが「おばあちゃんの会のときよりも全然いいわよ~」
って言ってくれたし(笑)。みんな全員美味しいって言ってたし。
ホントに味も美味しいんだけど、量もけっこうあって、
最後のほうは普通にお腹いっぱいになりました。
あまりに満腹になっちゃって、あたしたちのその日の夜ご飯は
うどんで済ませたくらい(笑)。大満足です。
鎌倉山のローストビーフは本当に美味しかった!!

顔合わせの会で使うんですって言ってたから、
最初に桜湯を出してくれたりとか、カードまで貰ったり(!)とか。
081223_0251~01.jpg
ちゃんとはじめに「最後に記念写真を撮りたいです」って言ったら
それもきっちりやってくれたりとか。
個室が広くて、彼のお姉ちゃんは8ヶ月の赤ちゃんがいるので、
普通に座るテーブルとは別に端っこにソファもあって
そういうのも含めてよかったです。
結納まできっちりした準備じゃなくて、顔合わせで使いたい、
でもってせっかくだから美味しいもの食べたいって言う人には
本当にオススメです。雰囲気もいいしね。

あと、デザートが7~8種類あって、
その中から二つ選んでいいって言われたんだけど、
主役のお二人は3つどうぞって言われて3つ頂きました。
レアチーズケーキと、プリンと洋梨。美味しかったー☆

話の内容としては、普通「ウチの息子は…」とか「娘は…」
みたいな話だったり、「では結婚式は…」的な話になるハズが、
お互いの父親が自分の学生時代の運動部の話ばっかりで
全然違う方向になってて、あたしはお姉ちゃんとかママさんと
普通に話したりしてて、顔合わせと言うよりも、ホントに食事会。
途中で話が途切れたりどころか、
みんな好き勝手に喋ってるみたいな感じで。

顔合わせとして上手く行ったのかはわかんないけど、
会の最後に、ママさんからは手袋を、
お姉ちゃんからは、ヘアクリップを頂きました。
彼から「母親と姉はブランド志向」とは聞いてたんだけど、
ママさんから頂いた手袋はPaul Smithのシープスキンの手袋で。
081223_0252~01.jpg
あたしブーツもそうだけどモコモコしたものが大好きなので!
お姉ちゃんから頂いたヘアクリップは、
ALEXANDRE de PARISのもの。これは淡いピンク×ゴールドで。
081223_0252~03.jpg
これまたすっごいあたしの好きな色!小さいのに強力!!
…実はあたし不勉強で知らなかったんですけど、
これすっごい有名&高級ブランドらしいじゃないですか~!!

だって、前日普通に会ってたときに何にも言ってなかったのに…。
わざわざこれを用意してくれてたことに超感動。
その場でなんか感極まって泣く始末…。
だってね、ホントに良くしてくださってるのに更にここまで…。
んでもって、なんかホントに快く迎え入れてくれてるんだなって。
それが凄く伝わってきた気がして嬉しかったんです。
あと、その様子を見て、あたしの隣に座ってた
ウチのオカンももらい泣きしてた。泣き虫親子なもんで…。

お姉ちゃんからは、一緒にカードをくれて。
会が終わってから、喫茶店に彼と二人で入って、
そのときに読んだら、超号泣。
多分はたから見たら、完全に彼氏に泣かされたようにしか
見えない感じだったと思うけど(笑)。

お姉ちゃんからのカードには、
「yenちゃんがお嫁さんでよかったよ」って書いてくれてて。
何せ、お姉ちゃんは彼の歴代彼女を見て来てるわけで、
そのお姉ちゃんに言われたことがなんか嬉しくて。
因みにご本人からは、あたしのことは、
「今までの彼女の総合した集大成みたいな感じ」
と言われておりますが。

あたしは前日にクリスマスカードを全員分書こうとしてて、
そしたら彼も一緒に書くと言ってくれたので
二人で真夜中に書きました。
だってね、ホントにみんなあたしたちの結婚に賛成してくれて、
と言うか、むしろ大喜びしてくれて。それが凄く嬉しかったのと、
ホントに結婚式をハワイでやることになったら
いわゆる家族へのお手紙みたいのをやることはないから、
このタイミングでありがとうって言う気持ちをすっごい伝えたくて。

あたしがそんなことばっかり書いてるから、
彼は「読み比べると、自分の文章が下手すぎて凹む…」
とか言ってましたが(笑)。
最後、彼からご挨拶するときに、あたしがカードを渡したら、
パパさんがすっごく喜んでくれて。
そんなつもりはなかったけど、あげた甲斐があったなぁと。

結局今後どうして行くかとか、
そういうことは何にも話せなかったけど、
親睦を深めるとかいうと、ホントに上っ面の言葉みたいだけど、
あったかい雰囲気に囲まれた凄くいい会になりました。

本当に結婚するんだなぁってなんか実感したし、
これからいろんなことがあると思うけど、
この日のことを忘れないようにしなくちゃなぁって思ったのでした。
前の10件 | - 結婚への道 ブログトップ