So-net無料ブログ作成
検索選択

お仕事が変わります [お仕事]

久しぶりに仕事の話。
想定の範囲内ではありますが、異動することになりました。
7/1付。5月のGW明けには聞いてたので、
気持ち的には、ゆっくり準備も出来てよかったんだけど。
(とはいえ、引継ぎに時間のかかりすぎてる
今の部署の課長にはちょいとイラッと来てますが)

旦那さんと今は同じ部署というのもあるし、
結婚したら自分が異動になるであろうことは予想が付いてて。
あくまでも会社の歯車ですからね。
サラリーなので否定もありません。
まぁ、こんなもんだとは思ってます。

続きを読む


妊婦さんの居る仕事場 [お仕事]

前に、ふと新聞を読んでいて、妊婦さんが居る職場というのは
そのことによって、周りの雰囲気も柔らかになる、
ということが書いてありました。

うちの会社も去年・今年になってほんとに妊婦さんが増えて、
(特に同世代からちょっと上くらいが増えたからなおさらそう思う)
きっと本人たちは仕事と身体を考えると大変だと思うけど、
でも、そのことによってあたし個人はすごく満たされるというか、
ハッピーな気持ちになっていて、いいことだなと思います。

確かに、ウチの会社は、国で認められている期間しか
お休みがもらえてなくて、他の会社の友達の話を聞くと
もっと育児休暇期間が長いとか、そういういろいろが違うので
全然まだまだだと思うんだけど。
あたしはずっと今の会社に居る限り、そういうこと
(出産しても同じ会社で働き続けること)
は無理なのかもって思ってたけど、こうやって増えていけば
ちょっとくらいは変わるんじゃないかなぁって期待も出てきたり。

何よりも、不妊治療をしている人の話とか、
(あたしの回りには居ないけど、友達の友達は結構いたり)
そういうのを聞いたりすると、やっぱり授かるって言うこと自体が
やっぱり当たり前なんだけど、すばらしいことだって思うから、
もっともっと、周りの環境がよくなることを願わずにはいられない。

いつか、自分も子供が生まれたりってこと、考えてはいたけど、
結婚するに当たって、やっぱりだんだん現実的になってきたり、
家族のことを思うと、孫・ひ孫の姿を見せたいと思うと、
まだどうなるかわかんないけど、子供を授かれる身体かどうか、
そういうこと含めて、若干不安だったりもするんです。

このご時世だから、専業主婦ってわけに行かない人も
きっといっぱい居るだろうし。
(ていうか多分あたしもそうだと思うし…)
やっぱり働き続けること、社会に出ていることで分かることも
きっとあると思うからあたしは続けたいと個人的には思ってるけど。
そう思うと、ほんとにやっぱり妊婦さん、お母さんに
やさしい世の中であるべきだと思うんだよね、ホントに。
妊婦バッジがメジャーになったように、
もうちょっといろんなことが変わって行かないもんなんだろうか、
ホントに変わって行って欲しいなぁと思うのです。

女子と仕事 [お仕事]

ずっと考えてたことがあって。今の仕事に関して。
長くは続けられないなぁって思ってるんです。
ウチの会社で子供が居て仕事してる女の人は
みんな技術職or事務。
で、結婚すると転職はしづらいなぁ、
更に出産したら更に難しいなぁって思うと、
次のボーナス貰ったら辞めちゃおうかと思った。

復帰する前から考えてた、復帰して一年したら、
ほんとにやりたい仕事をするか、
将来を見据えて子供の何かにかかわる仕事をしようと思ってて。

ほんとにやりたいことをやったら、没頭できると思うけど
きっといろんなものが犠牲になりすぎて、
いろんなものを失うので、それはやらない。

人生の目的が変わりました。
そう思える日が来たら、将来を見据えた仕事をするべきで、
もともとお金はある程度でいいとは思ってるし、
それはかわらないから、金額ではなくて福利厚生とか
そういうのも考えた仕事をするべきなんじゃないかと。
好きなこと・やりたいことをやるのはあたしの目的から外れました。

女の人の生き方はさまざまなので、結婚するかどうか。
子供を産むかどうか。仕事をバリバリやるか、家庭に入るか。
簡単に考えただけでも、このくらいはザッと出てくる。

さて、自分はどうなんだろうと思ったときに、
一番最初は結婚することも考えてなかったし、
バリバリキャリアを積む方向があたしの人生なんだと思ってた。
実際仕事は続けてますが、キャリアではないんだけど…。
ホントは金額的にももうちょっと欲しいところではあるけど。

結婚することがほぼ決まっているこの状況で
ここで転職することによって、バタバタするのも目に見えてるし、
彼に対しても迷惑をかけることは間違いないんだけど。
でも、あたしがいることが彼の負担にならないようにするには、
というより、むしろ支えて行きたい気持ちのほうが強いので
あたしは好きなことをやるより、環境的に働きやすいほうが
後々いい方向に作用するんじゃないかなぁと思うのです。

子供にかかわる仕事って言うのも、メーカーとか
そういうのでも良くて。すっごい子供が好きでやりたいという
純粋な気持ちではなく、子供にかかわるものって昔より
凄く進化してて便利だなぁって思う場面がめちゃくちゃ多いのと、
あとは、そういうところだったら絶対に働きやすいだろうと。
環境重視です。人間関係は…きっと苦手だろうなぁ。
でも、やるしかないんだよー。と思って進むことにする。

あたしの今後の目標は、大切な人ときちんと過ごしていくこと。
そして、できれば子供が欲しいと思っているので、
育てていく上で、あまり子供が悲しまないように
仕事とプライベートの時間が切り分けられるようにすること。
そして、自分自身がきっちりするために働くこと。
(それは見た目とか考え方も含めてね)
それを考えたらおのずと答えは出ているような気がするので、
ほんとにずっと転職に関してだけは悩んではやめてきたけど
いい加減ターニングポイントになると思うんだよね。
年齢的にもいい頃合になってまいりました。

泣き笑い [お仕事]

今月に入ってから、送迎会やら歓迎会をしてもらったり
仕事の研修やら見学もあったりして、日々忙しくしております。

ていうか、たいして働いてるわけではないんだけども。
いや、働いてるんだけど、今までと使う部分が違うんだな…。
今まで動いてたって感じであれば、今は頭使ってます。
更に新しい環境でまだ慣れないのか、疲れる。
でも、疲れるんだけど、こういうときこそ眠れないんだなぁ…。

ま、それはともかくとして。
取り敢えず、新しい環境は当然ながら毎日新しいことの
連続なので、それはそれで楽しいです。

あとはねー。やるべきことをきちんと提示されてて。
それが出来る、出来ないが単純にボーナスに反映される
…っていう説明を受けて。それがなんていうか、
分かりやすくてよかったなぁと思って。

結局仕事してて、やるからには頑張らなくちゃって思うんだけど、
でも、頑張ったことが何にも反映されないのは
やり甲斐に繋がらないというか。
いや、そう思うと、やっぱりなんのために仕事してるんだろ。

同じ時期に新人さんも研修しにきてたりして、
それに混ざったりすることもたまにあるんだけど、
新人さんのキラキラした希望的な目とかってのは
もうさすがにあたしにはないモノな訳で。
うらやましいなぁとは思います。戻りたいとは思わないけど。

前のところでは、完全に負のスパイラルに陥っていたので、
新しいところがどんなモンなのかは、これからいろいろ見て
感じていかないと、具体的にいい悪いではいえないとは思うけど、
それでも、必要とされてる感がひしひしとあるので、
それはよかったなぁと単純に思うのです。
結局何が一番重要って、必要とされてる感なのかもなぁ。

でも、前のところでも、いい人たちは当然居たので、
特に先輩とかね、良くしてもらってたから。
だって、丸6年だよ!小学校卒業しちゃったよ!
んで、その先輩とかにもお手紙を貰ったりとか。
いろんな人のやさしさに触れて、ホントに送別会は涙涙でした。

このままだと結局何も答えは出せないままのような気もするけど。
でも、取り敢えずは、必要とされてる感に甘えて、
やれるだけやってみたいなぁって気持ちになっていたりしてます。

心機一転 [お仕事]

私事ではありますが、5月1日に、異動することになりました。
今まで、異動って言ってもずっと部内異動とかその程度で
きちんとした人事通達的なところとは全く無縁だったんだけど、
今回は、初めて辞令というものが出るわけです。

なんか、ここ1年間ずっとゴタゴタしてきて、
それの結果が今回なんだけど。
復帰する前に、「落ち着いたところで移動する方向で考えていく」
みたいなことを言われていたから、まぁ予想通りなんだけど。
異動先自体はあたしが休んでるときから、
いくつかほしいと言ってくれている候補があって、
その一つにおさまったようなので、それは喜ばしいことだけど。

仕事の内容としてはちょっと今までのことを使いつつも、
新しい内容も増えたりするので、
今から覚えなくちゃいけないことも、色々増えたりするんですが。
人も、知らない人が結構いたりするので、
また新しいところでイチからやっていくかたちになります。
上の人がまだ理解のありそうな人なので、
対立しなくてすみそうなのが、取り敢えずの掬いなんだけど。

ただ、一旦は異動の話はなくなったってことだったので
いきなりひっくり返って、周りからしたら迷惑ではないかと…。
まぁ今までずっと、これがおかしい、あれが変だ…
とか、吠えてばっかりいたから、上の人からしたら
厄介払い的なところもあるんだろうなぁ…と思ったりなんかして。

あんまり愚痴るのは嫌なんだけど、
なんていうか、こういう感じだったら会社の体質は変わらないやね。
でも、そこに居て、対価を貰っている以上、
あんまり文句も言えないわけで。

やっぱり嫌だったら辞めなくちゃダメなんだな。
ずっとイライラしてたらやっぱり身体に悪いなと思うし。
でも、こないだ友達にズバっとお説教されました。
「ホントにやりたいと思ってたら
金とか苦労とかも関係なくもうやるしかないんだよ」
って。ホントその通りだよね。あたしは所詮甘い。

働くってなんじゃろね [お仕事]

楽しいことが多いほうがいいと思うので、
あんまり嫌なことは書かないようにしてるんだけど。
仕事は、多分楽しいことじゃない。
(だからあんまり書かないんだけどね)
ただ、病気する前までは充実してたのです。

充実って言うのも具体的には難しいけど、
忙しいってことを面白がってみたり、その忙しさがあるからこそ
一つのものが出来上がったときの喜びが大きかったり…。
お客さんにありがとうって言ってもらえることが嬉しかったり。
周りの人と協力して何かを成し遂げることだったり…。
そういうのが、多分充実感としてあったんだと思う。

何より、仕事を通じて出会った人…主に会社の人なんだけど、
プライベートでも遊んだり、本当に色々相談できる人が出来たり、
大人になってからもそういうことはできるもんなんだって、
それはものすごく嬉しいことだったんだ。

なんでこんなことを考えてるのかというと、
会社の上司と一緒に病院に行きました。
会社には毎日通ってるんだけど、いわゆるリハビリ扱いで、
給料体系もちょっと変わった形になってたりするんだけど、
良くなってるとは言われてて、それを会社には伝えたんだけど
結局会社側としてはあたしの扱いに困ってたんだろうね、
どうしていいかわかんなかったみたいで、
中途半端に休んだりするもんだから、「休職しますか?」
とか聞いてきたわけです。
でも、実際調子は明らかに良くなってきていて、
体調は戻り始めてるなぁって感じはあるわけです。
正直、このタイミングで休職は?マークだったので、
あたしが話しても納得してもらえないなら、直接話してもらおう!
というわけで、病院に行ったわけなんだけど。

ただ、気力に対して、体力は休んでた間に
すっかり衰えてるから、まだ疲れやすかったりはするわけです。
これは、自分としても初めてのことだし、わかんないから
もう完璧です!とは自信持って言わなくて。

病院ではもう殆ど精神的には治ってると。(とはいえ、偏頭痛は
持病なので、当然付き合い続けなくちゃいけないんだけど…)
元の状態だと思っていただいて構いませんということを言われた。
段階を踏んで、完全復帰という条件付きだけど。

なんかねー。ホントに、旧暦の今年に入ってから、
憑き物が落ちたように違いが分かるんですって。
だから、それ言われてほっとしたというか。
それは凄く嬉しいことだったんだけど、
ただ、良くなったってことはあたしの行き先を決めるってことだ。

もう、この際だしと思ってお任せすることにしたんだけど。
一部の人との人間関係が原因だし、
それがなくなれば、だいぶ違うとは思ったので。

今の仕事に関しては、体調が本当に良くなったところで
本当に転職…やりたいことをやるってことにシフトしようと思ってる。
転職するのにも今の年齢を考えたら、そろそろラストだろうし。

でも、たまたま読んだほぼ日の就職論を読んでたら、
うーん…と唸るところがかなーりあって…。
これの第11回に出てくる話が、まさにその通りなんだけど。
やりたいなぁって思ってることがあって、それも一つだけじゃなくて
いくつかああいうことやりたいなぁってのは漠然とあって、
準備してからとか、仕事は辞めないほうがいいのかなぁとか
金額的なこと考えたら、損するのかなぁとか、
好きなことは、趣味のままにしといたほうがいいのかなぁとか、
今の状況が本当に逃げ出したいくらい嫌って
そのくらいのところまでは思ったことなくて。

そもそも仕事は3年くらいで辞めるつもりで入社したんだった。
だけど、なんとなーくずっとそのまま居て。もうすぐ7年目突入。
確かにカッコとかもそこまできちんとしてなくていいし、
人も比較的ゆるいし、何とか暮らせるくらいのお金はもらえるし。
で、他のところは知らないってなったら、結局踏み出せなくて。

結局人生プランとか何にも考えてないんだよね。
学校みたいにある程度のところまで行ったら卒業とか
そういうのがないから、自分で決めなくちゃいけないんだけど、
結局のところは、何にも決められない。
例えば、子供生んでからも働きたいっていうんだったら、
そういうのがきちんとしたところで働くべきなのに、
自分のやりたい仕事で考えたら、絶対逆方向に走るし、
好きなことを仕事にしたいなら覚悟しなくちゃいけないのに
全然踏み出す覚悟が出来てない。

何のために仕事をするのかとか、
何に比重を置いたらいいのかとか、
そういうのがずっと曖昧なまま来たけど、
そろそろきちんと考えなくちゃいけないんだろうなぁ。

他にも色々あるんだけど、なんか長くなってきたから、また今度。

どうやら、ほぼ日のサイトのをまとめた本が出るようです。↓
真剣に買って読んでみるべかね。

はたらきたい。

はたらきたい。

  • 作者: ほぼ日刊イトイ新聞
  • 出版社/メーカー: 東京糸井重里事務所
  • 発売日: 2008/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Long Vacation [お仕事]

最近、このblogが現在のことと過去のことが行き来していて
なんだかすごく訳わかんない感じになってますが。
日付が付いてるのが過去のことで、付いてないのが現在です。

さて、これからしばらくお休みをすることになりました。
あ、このblogをお休みするとかどうとかということではなくて、
会社をしばらくお休みすることになってます。

あんまり良くないことは出来るだけ書きたくないって
いうのはあるんだけど、ま、記録として。

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おうちにかえりたい [お仕事]

一人暮らしを始めて4ヶ月目に突入しました。
実家暮らしの頃は、家に誰も居ないなんてことがまずなくて、
ひとりで過ごすということが想像付かなかったんだけど、
思っていたよりも、ひとりで起きたり、寝たり
ご飯作ったり、食べたり、片付けたり
お掃除したり、のんびりしたりってことが辛くない。
いつだって帰ったら話をする人が居て…っていう生活じゃなくても
意外とやっていけることがわかった。

でも、フラットな気持ちのときにはいいんだけど、
すごく不安定になることがよくある。
もともと上がったり下がったり激しいので。

弱音を吐くのはいやなんだけど。仕事がつらいです。
5年目を終わろうとして、そろそろ限界です。
いや、つらいって言ったら違うのかも。
忙しさとか、拘束時間が長いときはある意味充実感があるし
それはそんなにつらいことじゃないのです。
常に新しいことばっかりだから、やってた内容も充実してたのです。
難しいことになると、毎回頭はパンクしそうになるけど、
それを乗り越えようとすることが実は楽しかったんです。
でも、状況が変わってきて、周りが変わっていく途中なのです。
モチベーションが明らかに下がる内容で。
変えなくちゃいけないんだろうけど、きっと変わらないよなとか
今更頑張ってもしょうがないかなとか、
なんかそんな感じになってきました。
忙しくなってもいいように、お金が苦しくなるの分かってても
一人暮らしはじめたのになぁ。

女だってことが、やっぱり仕事の上で邪魔をします。
自分では意識してなかったのに、
思った以上に回りはそう思ってるんだなぁって、実感した。
そういうことが立て続けに起きて、どうやら女だってことがネックで
バリバリ出来ない現実があるらしい。
生理だからって休んだことも、それを盾に仕事をしたことも
今までなかったのに、受け手は勝手にそう思ってる。
それがすごく悔しくて。
最近トイレに駆け込んで泣くことが多くなったような…。
だからといって、割り切って女を武器に仕事するなんて
そんな方法、一度も習ってない。あたしは知らない。

プライベートではやっぱり、ふたが開けられなかったり
洗濯機は持ち上げられなかったり、
タクシーの運転手にナメられたり、不動産屋にナメられたり。
…どれだけ頑張っても、ひとりでは何も出来ないのかな。
こんなにメンタルが弱かったのかと思って、それも悔しい。

悔し涙以外で泣いたのはいつのことだったんだろう。

お仕事を変えるなら、バリバリやれないと意味なくて。
性別が女だってことで区別されないところ、ないかなぁ。

もう、仕事も辞めて、実家に戻って、
適当でもいいから、近くで働くほうがいいかな。
あれだけ苦労して一人暮らしをはじめた意味はなくなっちゃうけど。

楽しいことは一時的にはできるんだけど、
持続しなくなってきました。どうしたんだろう。
テンションの上げ方、忘れちゃいました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大好きな先輩のお話 [お仕事]

前にもちょろっと書いておりますが、異動しまして。
ま、まだ全然忙しくないんでいいんですけどね。
これからはきっと鬼のような日々を過ごすんだろうなぁなんて
そんなことを思いながら、実家のお引越ししたり、
ちょろっと仕事したりしております。

こないだ、会社の同期の女のコが会社を辞めたんだけど。
その送別会を開きました。
もうすぐあたしも5年目ですからね。
同期のコが辞めたり。他の仕事をしたりとか
そういうのはどんどん増えてく一方だ。

今回辞めたコは、やることとか立場とかはまったく変わるんだけど、
でも、業界としては変わってないので、
そういう意味ではだいぶいいんじゃないだろうか。
ほんとにがんばって欲しいなと思うし、
なんかそういうのを見るとやっぱり生き生きしてて、
すごくうらやましいなと思う。

自分で思うことは、ほんとにこのままでいいんだろうかってこと。
今までたいした挫折もなく生きてきちゃった分、
今までで一番そういうことを考えるようになったと思う。
学生だと卒業とか、決められた時期に区切りがあるけど、
仕事をしてる限りは、自分で決めていかないといけないからね。
だからといって、投げ出すほどの根性も、、
どうしてもやり遂げないといけないことも
今のところ明確に見えてるわけじゃないから、どうにもこうにもねぇ。
なんとなく見えてきたような気もするんだけど、
まだもうちょっといろいろ見てみないとわかんないしな。

でも、新しいところは人ももともと知ってる人ばっかりだし
そういう意味では完全な新天地ではないから不安はないけど、
これから関わっていく人数はめちゃめちゃ、
増えるから結構大変なのです。
異動が決まったところから、調子悪くなるくらいだしね…
自分がそんなにデリケートだとは思ってなかったんだけどなぁ。

そういう意味では、仕事はバリバリやって、切り替えとして
お休みとかプライベートの時間はバッチリ使えるように
なれればいいなと思ってるんですが。
だって、せっかくだからその場を楽しまないと意味ないじゃん。
新年だし、気分は上がってるからその分は大丈夫!!!

と、思ったんだけど、その同期のコの送別会で、
前のところでとってもお世話になった大好きな先輩が、
「なんか、普段は全然元気良くてへっちゃらって感じだけど
実際はとっても繊細だから、すっごく心配なんだ」
と言ってくれました。

その先輩は、普段からいつもいつも
気を遣ってくれるというタイプではなくて、
飄々としてて、ホントにかっこいいんだけど
でも、なんかあるとすごく話を聞いてくれたり、
仕事に関してすごく取り組み方が一生懸命で、
先輩だからって威張ることなくて、新しいことがあると、
あたしとかもうすごい後輩なのに、
まっすぐな立場で取り入れようとしてくれたり、
(うまく説明できてませんが)
でも、めちゃめちゃカワイイ人で。
性格的にも同じAB型だからか、
なんとなく考えてることが分かり合えたり
なんていうか、あたしはものすごく好きなのです。
(あ、因みに女の人です)

あたしとしても、その先輩の助けになってたかはわからないけど
でも、あたしがいないことで先輩には負担になるのは間違いなくて
(だって、引き継いだりするから作業量は明らかに増える)
別にあたしが決めたことではないから
しょうがないといえばしょうがないんだけど
ホントにあたしこそ心配なのです。
ホントにあたしのできる限り、フォローしていきたいんだけど、
忙しくなっちゃったらそれもままならなくなっちゃうのかなぁ…。

でも、そう思える人がいたり、そう思ってくれる人がいるのって
すごく幸せなことなんだなぁなんて思ったりもするんだけどね。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

お局モード [お仕事]

久し振りの更新ですが、ゴメンナサイ、いきなり愚痴ります。
あのね、ものすごく先週忙しかったのです。
お仕事も10月に向けてちょっと忙しくなってくるんだけども、
それよりも大変だったのが、先週は新人ちゃんが研修で、
うちの部署に一週間来たのです。

新人ちゃんはそれぞれの部署で研修を受けてるんだけど、
そのコは、会社中をまわって、
色々なところで研修を受けて戻るわけなのですが
まぁ、一週間といってもさわりしか教えてあげられないし、
一週間で、全部わかったらこんなに普段困らないし、
第一、何にもわかんないうちに研修したって、
しょうがないとも毎年思うんだけど
(ってか、自分のときもそうだったし)
でも、来る以上は一生懸命教えてあげたいと思うわけですよ。

しかし、今年は疲れた…。
なんか、ずっとちゃんとトレーナーとして
担当してる人はホントに大変なんだろなと思った。

なんかね、はっきり言ってしまうと、
仕事しに来てる感じがしないんだなぁ。
感覚的なものなのかもしれないけど、感想としてはそういう感じ。
素敵な先輩について語る暇があったら、
仕事のひとつでも覚えて帰って欲しいんだけどな。
ちょっと一生懸命教えて損したかも。きっと覚えてないだろうし。

週末はせっかく海行こうと思ってたのに、
疲れすぎたのか気を遣いすぎたのか、知恵熱が出まして。
週末をつぶしている次第でございます。最悪。

なんかね、あたし会社では4年目なわけですが、
去年の新人ちゃん(すなわち現2年目)くらいから、
ジェネレーションギャップなのか、よくわかんないんだけど、
まともに若いコと喋ってると、ものすごく疲れるんですけど。
なんでなんだろ。

いや、多分あたしたちが入った頃も、先輩方から見たら、
きっとぎょっとすることが多々あったと思うの。
それはわかってるつもりです。でもね…?
ある程度経ってきたら、会社のカラーなのか、
社会人としてなのかなんていうか。
ある程度落ち着いてくるような気がするんだよね。
自分が落ち着いてるのかって言うと、
別に全然落ち着いてないし、
会社でもあーでもないこーでもないってギャーギャー言ってますが。

例えばまとめていっぱい若いコと一緒にいると違和感があっても、
個人個人は意外とイケるとかあると思うんだけど、
ちょっと今回マンツーマンで一週間だったけど、
なんかマジにきつかった。

先輩に話したら単純に好きとか嫌いとかじゃなくて
合わないってことなんじゃない?
って言われたんだけど…それだけなのかなぁ???

確かにあたし女のコは苦手だし、
だからって邪険に出来ないから
あんまり上手く応対できないんだけど、
でも、それだけなんだろうか?
ココまで来ると自分に問題があるのかもとまで思ってます。

これだったら、全然年の離れたオジサマのほうが、
よっぽどラクだと思った。
若いコと張り合う気もないけど、
お局的な領域に来るにはまだ早いと思ってたんだけどなぁ。
でも、そういうの目に付くんだよね。言わないけど。
ホントに疲れた。、
苦手意識を持ったらいけないとは思うんだけどね…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog